大人が少女コミック誌なかよしを買う?「娘。物語」と娘。フィギュアのプレゼントを巡る戦い

モーニング娘。のオフィシャルストーリーマンガ『娘。物語』(画・神崎裕、ストーリー・田中利花、協力・アップフロントエージェンシー)の連載開始に伴い、2001年11月2日に発売された12月号にて、モーニング娘。の後藤真希のフィギュアを付録にしました。

その後、残りのメンバー12人のフィギュアを12月号~来年2月号まで毎月4体ずつ応募した人にプレゼントする企画を開始しました。そのフィギュア(通称:娘。フィギュア)を巡るお話です。

この記事は旧サイト(2001〜2004まで運営していたモーニング娘。ファンサイト)で公開していた記事のリメイクです。最新記事とは文体などかなり違いますが、敢えて当時の雰囲気を残しているため、略称など分かりづらい点があることはご了承ください

企画の概要

DSC02035
2001年12月号の同封ハガキで応募者全員プレゼントされるのは、飯田圭織、矢口真里、石川梨華、辻希美の4体のフィギュア。

以降、2002年1月号は、安倍なつみ、保田圭、吉澤ひとみ、加護亜依の4体、2002年2月号は高橋愛、小川麻琴、紺野あさ美、新垣里沙の4体がプレゼントされる。

応募するには、雑誌に同封されている申し込みカードに必要事項を記入し、400円分の郵便小為替をカードと同封して指定の送り先に送付する。

つまり、大の大人が少女向けコミック雑誌の「なかよし」を購入する必要があるということです。

コレクター魂を掻き立てる「娘。フィギュア」

DSC02036
別に、並べてケースに入れて保存しておきたいなんてことはないんですけど、純粋にコレクター魂をかきたてられます。

応募者全員サービスということで金さえ払えば絶対に手に入るものなんですが、そこには大きな壁があります。

少女コミック誌「なかよし」

今まで最初は恥ずかしかったモーニング娘。CD・DVD・雑誌と数々の商品購入に挑戦し、今ではこれらに関しては何のためらいもなく購入できるようになりました。しかし、少女コミック。しかも雑誌。購入層の7割以上は10代以下の女性でしょう。

とてもハードルが高い、、、

「なかよし」の購入にチャレンジ!

本屋さんに入ると月曜日ということもあり、まずジャンプを立ち読み。読みながら横目で雑誌をチェック。ありました。なかよしです。発売したばかりということもありかなりの数があります。とりあえず、在庫はOK。

次に「娘。物語」を探しに漫画コーナーへ。
ここでもジャンプコミックスなどがあるコーナーから、横目でチェック。そして、通路を歩くフリをして全体をチェック。ありません。一応6日発売ということなのでまだおいていなかったようです。

確認が完了したところで、いよいよ購入しようとしたんですが、重大なことに気づきました。

「なかよし」のみ買うのはさすがにきつい

そこで、カモフェラージュとして何か買うものはないかと店内を物色。しかし、ほしいものは見当たらず。その時さらに重大なことに気づきました。昨日「HUNTER×HUNTER」の13巻買ったんだった、、、

何であの時気づかなかったんでしょう。昨日「HUNTER×HUNTER」買ったときに一緒に買っておけばナチュラルに購入できたのに。

というわけで、結局購入できずすごすごと家に帰り、もうこのドキドキ感を味わうのは嫌になったので、「なかよし」は友達の女の子に頼みました。「娘。物語」はネットで買います。

何しに本屋に行ったんだろう・・・

遂に手に入れた「なかよし」

恥ずかしいのを我慢して友達の女の子に頼みました。その人には僕の趣味をカミングアウトしているので、モーニング関係のことで何を言っても少々では驚きません。

そんなこんなでようやく手に入れたなかよし。後藤真希のフィギア・他4人の応募券もゲットし喜びに浮かれる中、早速娘。物語を読みました。

今回の主人公は保田圭。保田圭と切っても切れない関係にあったのが最近復帰のきまった市井紗耶香です。

読んだことはないのですが、以前後藤真希が主人公の時に助言をする役として本来ならば市井紗耶香がやる部分を、安倍なつみがやったこととして描かれていたそうで、歴史の歪曲だとずいぶん話題になったものです。

当時は完全に禁句だった「市井」は復帰が決まった今回、普通に登場しています。なんとまあ都合のいい歴史です

次号は飯田圭織が主人公だそうです。

肝心の娘。フィギュアはどんなものか

DSC02037
今回ゲットしたのは後藤真希のフィギュア。

「なかよし」を持っている辺りがあざといのですが、結構良く出来てました。

まあ、これをどうするものでもないのですが。

ちなみにすっかり忘れていたんですが、娘。フィギュアプレゼントは3ヶ月連続だったんですね。来月も再来月もこの戦いが続くと思うとちょっと鬱になります。

全部揃えた娘。フィギュア

以降は2016年に追記した内容です。
その後、紆余曲折を経て娘。フィギュアはコンプリートしました。これ、なんとまだ持ってます。

というわけで、約15年の月日を超えて改めて全員をチェックしてみました。当時は手に入れて袋に入ったまま、放置で終わっていましたw

DSC02034
これだけ並ぶと壮観ですね。
そして、かわいいw

ちなみに当時(2001年)は2001年に加入した5期メンバーが一番若い世代で、メンバーは13人でした。

改めて見るとこの当時のメンバーはほぼ全員何らかの形で芸能界に残るまたは関わっています(唯一小川麻琴さんは2015年に事務所との契約を解除し引退してしまいましたが)。

これは凄いなぁと。

結成メンバー(1期)

DSC02047
安倍なつみ(2016年現在はソロ活動中)

DSC02042
飯田圭織(2016年現在はソロ活動中)

2期メンバー

DSC02046
保田圭(2016年現在はソロ活動中)

DSC02041
矢口真里(2016年現在はソロ活動中)

3期メンバー

DSC02035
後藤真希(2016年現在は事務所を移ってソロ活動中)

4期メンバー

DSC02040
石川梨華(2016年現在はソロ活動中)

DSC02044
吉澤ひとみ(2016年現在はソロ活動中)

DSC02039
辻希美(2016年現在はソロ活動中)

DSC02043
加護亜依(2016年現在は事務所を移って芸能活動を継続しているが、目も当てられないくらいの転落人生)

5期メンバー

DSC02052
高橋愛(2016年現在はソロ活動中)

DSC02051
小川麻琴(2016年現在は芸能界を引退)

DSC02048
紺野あさ美(2016年現在はテレビ東京のアナウンサー)

DSC02050
新垣里沙(2016年現在はソロ活動中)

SPONSORED LINK

ハロプロに関するお勧め記事

SPONSORED LINK

Twitterでチーをフォローしよう!

この記事のシェアはこちらから!

アナザー通信『ここだけの話』

ブログ記事の裏話や主催イベントの予定が読める週刊メルマガを発行しています。
メールアドレスの登録だけで購読できる無料メルマガです!
詳しい内容が気になる方はこちらをご覧ください。

は必須項目です

お名前(姓名)