iTunesライブラリをネットワークHDD(NAS)に保存する方法


MacBook AirをMacのメインPCとするためにはストレージの容量不足という問題を解決する必要がある。節約のために一番手っ取り早いのはiTunesライブラリを外部HDDに保存することだ。ただ、薄型軽量が売りのAirに外付けHDDに保存したのでは魅力が台無しなので、NASに保存しそれを無線LAN経由で参照できれば理想的だ。
その手順をまとめてみる。

手順

1.ローカルHDDに保存されているiTuneライブラリをNASに保存

Macの場合、「ユーザ名/ミュージック/iTunes」に保存されているのでiTunesフォルダを丸ごとコピーする

20110112_1930436.jpg
コピー先はNAS。

20110112_1930437.jpg

2、iTunesを再起動

iTunesを一度終了し、「Option」キーを押しながらiTunesを起動。
すると以下のようなダイアログが表示される。

20110112_1930438.jpg

3、ライブラリファイルを選択

NASにバックアップしたiTunesライブラリファイルを選択する。
※選択するのは「iTunes Library」ファイル

20110112_1930439.jpg

4、iTunesが起動する

保存ディレクトリがNASに変更された状態で、iTunesが起動する

20110112_1930440.jpg

終わりに

これでとりあえずiTunesライブラリをNASに保存することができた。動作速度としてはローカルHDDに比べたらかなり遅いと言わざるを得ないが、それでも使えなくはないレベルなのでとりあえずこれでいけそうだ。

というのも今回やったのはあくまでも今使っているMacのiTunesライブラリの保存場所を変えただけだからだ。これがMacとはいえ違うマシンになった場合どうなるかはわからない。なんかライセンス的な部分で引っかかりそうな気がしなくもないが、こればっかりはもう一台Macがないと試せないのでどうしようもない。Airを実際に購入した時に試すしかなさそうだ。

あと、この方法Mac同士ではいけるが、Windowsでは通用しないようだ。Macでのライブラリ管理ファイルにあたる「iTunes Library」ファイルは、Windowsだと「iTunes Library.itl」ファイルになるようで拡張子変更くらいではどうにもならなかった。MacとWindowsでライブラリを共有するのはもう一歩頑張らないといけないっぽいが、今回はあきらめることにした。

参考サイトと管理人チーがお勧めする関連記事

参考サイトと管理人チーがお勧めする関連記事

SPONSORED LINK

Twitterでチーをフォローしよう!

この記事のシェアはこちらから!

アナザー通信『ここだけの話』

ブログ記事の裏話や主催イベントの予定が読める週刊メルマガを発行しています。
メールアドレスの登録だけで購読できる無料メルマガです!
詳しい内容が気になる方はこちらをご覧ください。

は必須項目です

お名前(姓名)