WordPressで英語テーマを日本語に翻訳する方法

数日前に公開した当サイトだが、見ていて違和感があった。
細部にやたらと英語が多いのだ。WordPressには様々なテーマがあって、今使っているテーマはダウンロードしたものなんだが、よくよく考えたら外国人が作成したテーマだった。そりゃあそうだよなと思い、テンプレートファイル(PHP)を触るわけだが、どうもうまくいかない。調べてみるとさすがワールドワイドなWordPress。テーマすら多言語対応が可能になっていた。というわけで、日本語にローカライズする方法をまとめてみた。

例えば下記画像の赤枠部分を翻訳したいとする。

Google-ChromeScreenSnapz013.jpg

ソースコード的には以下のように実装されている。

<?php the_content( __( 'Continue reading <span class="meta-nav">&rarr;</span>', 'coraline' ) ); ?>

微妙にソースがわかるもんだから、「Continue reading」を「続きを読む」とかにかえたらいいんだなと思ってしまうが、これが罠。「__()」ってのは翻訳を行いますよって意味のWordPressにおける決まり事で、第1引数(Continue reading )はそれ自体が翻訳キーになっているのだ。なのでこれを直してもダメ。
これを翻訳する場合、翻訳用のファイルが必要となる。具体的には、

ja.po
ja.mo

という2つのファイルが必要。これらのファイルは手動でも作れなくもないようだが、Poeditというソフトを使ったほうが無難(Windows版もMac版も存在する)。このソフトをイントールして起動したら、

PoeditScreenSnapz001.png

ここで出てくるPOTファイルってのは、翻訳定義の元ネタになるファイルらしくテーマ毎に作られている。インストールしたテーマの「languages」フォルダにあると思うのでそれを読み込む。

PoeditScreenSnapz002.png

すると早速エラーが出たけど、とりあえず無視。

PoeditScreenSnapz004.png

画面上半分が翻訳キー、下半分が翻訳後の文字列(日本語)となる。なのでこんな感じで入力。

PoeditScreenSnapz003.png

これを保存するとまたエラーが出たが、とりあえず「default.po」と「default.mo」ができるので、「ja.po」と「ja.mo」にリネームする。このファイルをWEBサーバー上のテーマフォルダにある「languages」にFTPでアップする。これでOK。結果はこのサイトをご覧あれ。

随分面倒だが、これもワールドワイドなアプリだけに多少は仕方ないかな。

SPONSORED LINK

Twitterでチーをフォローしよう!

この記事のシェアはこちらから!

アナザー通信『ここだけの話』

ブログ記事の裏話や主催イベントの予定が読める週刊メルマガを発行しています。
メールアドレスの登録だけで購読できる無料メルマガです!
詳しい内容が気になる方はこちらをご覧ください。

は必須項目です

お名前(姓名)