ドリーム モーニング娘。 コンサートツアー2011 秋の舞 ~続・卒業生 DE 再結成~ at 岡山市民会館 ライブレポート

ドリームモーニング娘。というユニットをご存知だろうか。
モーニング娘。の全盛期といえば2000年~2002年くらいだと思うが、その頃のメンバー(現在は全員卒業)を中心に結成されているユニットだ。モーニング娘。自体は今も存在しているので、ほとんど反則みたいな存在だ。

そんなドリームモーニング娘。のコンサートツアーが春から行われていて、行ってみたいと思いつつなかなか行動に移せなかったのだが、今回なんと岡山公演があるということで行ってきた。と言っても、行くと決めたのは数日前。相場が落ちてたので(春ツアーとセットリストがほとんど同じということで評判が悪いらしい)、ヤフオクで2階席のチケットを2,600円で落札して急遽参戦した。ハロプロヲタをやめて数年。「モーニング娘。」名義のライブ自体はなんとまあ2005年の石川梨華卒業コンサート以来というものだった。

以下、セットリストに沿って軽いレポートを。

セットリスト

IMG_00009.jpg

まあ期待はしていなかったが、相変わらずセットはしょぼいし、いわゆるカラオケコン(生バンドではない)であった。

01.LOVEマシーン
02.抱いてHOLD ON ME!
03.恋人のような顔をして…

やはりオープニングは「ラブマ」。
今までもう何十回と見てきたし、数年ぶりでも飽きた曲と言えばそう。でもやっぱりこの曲がないとモーニング娘。のライブに来た気はしないし、オリジナルメンバーにかなり近いラブマは熱かった。
「抱いてHOLD ON ME!」をフルコーラスで聴くなんて言うのは、おそらくモーニング娘。のライブに初めて行った頃以来だと思うのでほぼ10年振り。

~オープニングVTR~
04.女子かしまし物語(2011ドリムス。Ver.)
05.サマーナイトタウン
06.シャボン玉

「女子かしまし物語」って発売当初振り付けが楽しい曲って印象くらいしかなかったんだが、その振り付けが変わってしまっていてびっくり。しかし、何度も見るような人にはあまり評判良くなさそうだが、久々に行くと自己紹介ソングとして使えるんだなと思った。
「サマナイ」、「シャボン玉」はなんか体が覚えてた感じ。
「愛する人は~(〇〇だけ~!)」とかw

07.アフタヌーンコーヒー

これは正直ちょっと微妙であったが、お決まりの「なーっち!ヲイ!」のコールは健在。

08.SEXY BOY~そよ風に寄り添って~
09.あっと驚く未来がやってくる!
10.ハッピーサマーウェディング
11.Mr.Moonlight~愛のビッグバンド~

ここまでほとんどシングル曲。「ミスムン」でのよっすぃーの動きに当時のキレがなかった気がする。今のほうが当時より断然鍛えられてる気がするのに。それがちょっと残念だった。

12.みかん
13.浪漫~MY DEAR BOY~

「みかん」はライブでは初めて聴いたが案外いい曲だった気がする。
「浪漫」。この曲の頃から僕もライブで振りコピ的な事をすることが増えて行ったので、振り付け覚えててるかななんて思ったが、体が覚えてましたw

14.メドレー
・Do it! Now
・未来の扉
・インスピレーション!
・Say Yeah!~もっとミラクルナイト~
・Happy Night

一番高まった部分かも。「インスピレーション!」なんて初めて行った2001年のライブレボリューション春以来。楽曲的にも好きな曲ばっかりで、メドレーと言いつつ短すぎずすげー楽しかった。
こういう曲をやれるのは「ドリーム」モーニング娘。ならではって感じがする。

15.そうだ!We’re ALIVE
16.ザ☆ピ~ス!
17.恋愛レボリューション21

この辺りはほぼ予想通りのアゲアゲ曲。メドレーからの流れで高まりまくって、久しぶりに全力で飛んだり跳ねたりしてた。楽しすぎ。

アンコール
18.I WISH
19.青空がいつまでも続くような未来であれ!

「I WISH」はなんか色々思いだした。この曲のメインである、後藤・加護の2名はいないわけですよ。ここまで夢のような舞台!って思いながら楽しんでいたけど、足りないものがあることに気付かされてちょっとへこんだ。

最後はここ数年の名曲らしい「青空がいつまでも続くような未来であれ!」。ここは「でっかい~」とか「ダディドゥデドダディ」じゃないのかよ!って少し思ったが、これはこれでありだった。

終わりに

全体的に久々にバカやった感じですごく楽しかった。このユニットの存在自体が反則なので、常設ではなくて数年に一度程度で集まるなら次も行きたいと思う。

今回のセットリストみたいな曲って現在のハロプロファンからすれば古臭い曲なのかもしれない。でも、10年も続くアイドルグループであれば、その時期毎に好きなメンバー・楽曲があるのは当然で、一昔前は「黄金期・黄金厨ウゼー」(2000年後期から2001年の5期メンバー加入までの時期を、当時の楽曲ザ☆ピースの衣装から黄金期と呼ぶ人がいる)なんて雰囲気があったが、それで何が悪いのかと。

やっぱりこのメンバーが僕にとっての「モーニング娘。」なんだって改めて思った。

今のモーニング娘。が好きな人は精一杯応援すればいい。そして、たまには昔の人が楽しめる場を提供してくれればそれでいいんじゃないかと思う。メンバー内で三十路越えが4名、既婚者も増えた、アイドルとしての幻想を求める気持ちは皆無なわけで、ちょっとした同窓会みたいなものだ。

モーヲタを全力でやって、金もたくさん使って、アホな事をやったもんだと今は思うけど、これだけ夢中になれるものってなかなか見つからない。そんな昔の自分をたまに思い出して懐かしむには、最高のメンバーだしセットリストだったと思う。

ただ、今後もどんどん「ドリーム」は追求して欲しいなぁと。今回のメンバーだと後藤・加護というメンバーがいないのは本当に残念だった。加護ちゃんは難しいのかもしれないけど、なんとか救ってあげて欲しいよねぇ。過去の経緯は色々あったけど、時間も経ったし、自ら望んだとはいえ青春時代を投げ打って全盛期のモーニング娘。を支えた功労者なんだから。

ハロプロに関するお勧め記事

SPONSORED LINK