ATOK Passportで夢環境構築

ATOK Passportというサービスが11/8から開始されるらしい。
これは、これまでの月額プランがリニューアルされて、Windows版・Mac版・Android版の全てが月300円で利用できるというものだ。OSX Lionを導入してからGoogle日本語入力をずっと使ってきたが、固有名詞以外の変換はやはりATOKの方が使い勝手が良いし、何より2011から導入された「ATOK Sync アドバンス」がすごく便利そうで使いたかった。

ただ、これを使うにはWindows版・Mac版を購入する必要があったので投資金額がでかくなることもあり躊躇していたが、ATOK Passportであればこれも問題ないっぽい。これで、長年夢見てきた環境が実現する。

それは会社PCと自宅PCのユーザー辞書同期だ。
最近はDropBoxとかを駆使してユーザー辞書を同期する荒業もなくはないが、それはあくまでも同一OS・同一IME・同一バージョンでの話。僕のように自宅ではMac、会社ではWindowsという人にはなかなか難しかった。

あと、マシンが変わったり再インストールする時にユーザー辞書の移行って大抵は忘れてしまうので、いつしか単語登録とかはやらなくなった。失った時の落胆が大きいので。

でも、「ATOK Sync アドバンス」はWindowsとMac関係なしで同期できるし、いわゆるクラウドにバックアップするので仮にPCが壊れてもすぐ復旧できる。これはほんとに便利。
そして、パッケージ版だと1年間しか無料では使えないが、ATOK Passportを使えばその間は今のところずっと無料で使用できるらしい。契約期間中はバージョンアップも無料だし2年に1回くらいATOKを買い換えると考えたら、年額3,600円は安い。

JustsystemってATOKだけで結構な値段を取るし、大した内容でもないのに毎年のようにバージョンアップしてあまりいいイメージを持っていなかったが、ATOK Passportは神対応と言えるんじゃないかと思う。とりあえずサービスが始まったら早速契約しよう。

iPhoneでも使えたらなぁ、、、

SPONSORED LINK