kuel F60Q試用レポート「本体充電編」

少し時間が空いてしまったが、kuel F60Q試用レポートの今回は本体の充電編。このレポートはあと2回を予定していて、iPad充電編とまとめを書く予定。

kuel F60Qの魅力はなんと言ってもその容量。iPhone 4Sなら2回〜3回はフル充電できるので1泊程度の旅行なら、これ一つで事足りてしまう。なんだが、容量が大きいが故の難点。
それは、kuel F60Q自体の充電に時間がかかることだ。
取説には以下のような記載がある。

Tablet PC Adapter(2A):約4時間
Smart Phone Adapter(1A):約6〜8時間
PC USB(0.5A):約15〜20時間

試しにMacBook Airにつないで充電してみたら、ほぼ空の状態からフル充電までに約10時間、iPhone用のアダプタからで約5時間かかったので、この記載は本当だと思う。

充電するとよくある赤いLEDが点灯する。

DSC02595.JPG

そしてフル充電になると青いLEDが4ゲージ点灯する。

DSC02596.JPG

とりあえずどの程度まで充電できているのかはみれば大体分かるのが救い。
kuel F60Qを充電する場合は少なくとも寝ている間が望ましい。そして理想を言えばPCからではなく、ACアダプタにつないだ方が良さそうだ(付属の充電ケーブルはUSBのみ)。

SPONSORED LINK

Twitterでチーをフォローしよう!

この記事のシェアはこちらから!

アナザー通信『ここだけの話』

ブログ記事の裏話や主催イベントの予定が読める週刊メルマガを発行しています。
メールアドレスの登録だけで購読できる無料メルマガです!
詳しい内容が気になる方はこちらをご覧ください。

は必須項目です

お名前(姓名)