SIMフリーiPhone・iPadはAppleCare+に入れるアメリカで買うのが最善っぽい!

9月に友人がハワイに行くという事で、僕の中でにわかに盛り上がってきたSIMフリーiPhone・iPadの購入計画。どっちを買うのか、その頃に次期iPhoneが出ているのか、噂のiPad miniはどうするか、なんて議論はとりあえず置いておいて一番気になるのは保証サービスの部分。

落下・水濡れでiOS機器を壊した事がある人は多いと思うが、ガラケー時代とは比べものにならないほど弱い。なので使えば使うほど、保証サービスの重要性は身にしみる。これまで海外で購入したSIMフリーのiOS機器に関してはこれが最大の弱点とされていて、「テザリングとか出来て便利だけど何があっても自己責任」というのが基本だった。僕もそう思っていたので、欲しいのは欲しいが慎重になっていたのもまた事実。

  • アジア圏で購入したものであれば日本のAppleストアでも保証サービスが受けられる
  • 何が起こっても保証は受けられない

どちらの情報もあって本当の所はどうなのか分からなかったので、先週Appleストア心斎橋で聞いてみた。結果はSIMフリー購入のハードルは大きく下がったと言っていいと思う!

前提

以降の情報は2012年8月時点の情報でiPhone4SおよびiPad (3rd generation) のSIMフリー版を購入した場合の話。そして、情報元はAppleストアの店員さん。Twitterでも情報を頂き、若干食い違う面もあったりしたが、現状日本国内では以降に記載するようなサポートになるらしいという方向でみて欲しい。本当に買う方は事前に国内のAppleストアで改めて確認しておいた方が良いと思う。

通常の製品サポート

製品シリアルによってサポートの可否が決まるらしい。それは要するに購入国に依存するらしいが、本当にサポートが可能かどうかはAppleストアで照会してみて初めて分かる。なので、通常保証(1年)は噂通りあまり期待しない方がよいと思う。つまり、国内版であればAppleCareなどの保証サービスに入っていなくても、iPhoneであれば17,800円払ったら交換してくれるがこれも出来ない可能性が高い。

ただ、今年から始まったAppleCare+に入っていれば日本でも保証サービスが受けられる。つまりAppleCare+に入れば、国内版と全く変らない保証サービスが受けられると言うことだ。

AppleCare+を扱っている国

現在では以下の国だけらしい。

  • アメリカ
  • カナダ
  • 日本

上記の国で購入したiOS機器は購入時または購入後30日以内にAppleストアの店頭に持ち込めばAppleCare+に加入する事が出来る。逆に言えば、上記以外の国では現在AppleCare+をやっていないため、購入時に加入も出来ないし、帰国後に日本のAppleストアで加入する事も出来なし、加入してもAppleCare+としてのサービスは受けられない。

AppleCare+は購入した人や通信契約ではなく、購入した商品(シリアル番号)に対して付与される保証サービスなので、誰かに頼んで購入してもらっても問題は無いそうだ。

AppleCare+の保証サービス

これは日本でもアメリカでも変らないそうだ。2回までであれば落下によるガラス割れ・水没などのいわゆる自爆系についても4,400円で交換してくれる。電話サポートなども同様。仮にアメリカで加入したAppleCare+だからと言って、交換費用をドルで請求されるなんて事もない。

ただ、一つだけ注意点はあって海外版のiPhoneなどはカメラ撮影時にシャッター音がならないそうだ。国内では盗撮防止などの目的でシャッター音は必ず出さないといけないため、国内でSIMフリー端末を交換すると国内の法令を遵守したバージョン(要するにシャッター音が鳴る)になってしまうらしい。しかし、違うのはそれだけとも言える。

これ、すごいですよね。現時点で上記3カ国であればどこでも同じ保証が受けられるという話。AppleCare+は自爆系の保証もしてくれるというメリットがあったが、それ以外にもこんなメリットがあった。アメリカ出張が多いような人には、これだけでAppleCare+に入る価値があると思えるくらいすごくいいサービスだと思う。

実際SIMフリー端末を買うとしたらどうする?

この話を聞くとSIMフリー端末を買うならアメリカかカナダ以外での購入はあり得ないという方向になってしまう。SIMフリー端末を手に入れるにはざっくり言えば以下のような方法があると思う。

  • 自分が海外に行った時購入
  • 海外在住または海外に行く知人に頼んで買ってもらう
  • EXPANSYSなどの通販サイトで購入
  • 個人輸入代行業者を使ってアメリカのAppleストア(WEB)で購入

海外旅行・出張などのついでに買うと考えたら、手軽さは上から順番に並ぶ感じだろうか。ただ、AppleCare+に入ると言うことを考えたら話は変ってくる。とりあえず、通販サイトが消える。購入国が分からないことがあるし、購入国が分かったとしても、販売業者が仕入れてからどの程度の時間が経過しているか分からないからだ。

AppleCare+の加入条件は前述の通り購入時に申し込むか、購入から30日以内にAppleストアの店頭に持ち込む事。近くにAppleストアがある人はまだいいが、遠方で週末じゃないと無理なんて人は、30日以内という壁は結構高い。なので、訳の分からないところでは買えなくなりますね。

終わりに

これはもうハワイでSIMフリーのiPhoneかiPadを買ってきてもらうしかない気がしてきた(もちろんAppleCare+付きで)!

SPONSORED LINK

Twitterでチーをフォローしよう!

この記事のシェアはこちらから!

アナザー通信『ここだけの話』

ブログ記事の裏話や主催イベントの予定が読める週刊メルマガを発行しています。
メールアドレスの登録だけで購読できる無料メルマガです!
詳しい内容が気になる方はこちらをご覧ください。

は必須項目です

お名前(姓名)

2 件のコメント

  • はじめまして。
    私が先週末、銀座のApple Storeで確認した情報です。
    4Sの保障はアメリカ版、香港版は出来る。オーストラリア版は出来ない。
    4はアメリカ版は出来ない。香港版は出来る。
    Appleケア+は日本で保障を受けたいのであれば、日本でつけないとダメだと言われました。
    アメリカでケア+をつけた場合はアメリカ国内での保障になると。
    ですので、香港版でも現地購入後30日以内に日本国内でケア+をつければ、日本国内での保障が受けられるとのことです。
    私はiPhone5のSIMフリ狙いです。海外の知り合いから仕入れる予定ですが、SIMサイズが変わるかもなので、どうしようかと思ってます。
    今週アメリカ出張なので、とりあえず4Sアメリカ版押さえてもいいかな?とも思ってますが…

    • お~たさん初めまして!
      情報ありがとうございます。
      なるほど同じiPhoneでも世代によって保証の扱いが違ったりするんですね。
      しかし、AppleCare+は国内じゃないといけないっていうのは、初耳でした。やはりこの辺りの情報は錯綜している感じですね。一番無難なのは日本でAppleCare+を付けることと理解しました。

      たしかに次期iPhoneはSIMサイズが変るかもと言われていて、そうなったら特にdocomoがそのSIMを何時出すかが気になりますよね。