iPhone 5時代のSIMフリー端末運用を考える。docomo回線は使えるか

次にiPhone・iPadなどのiOS機器を買うときはSIMフリーを購入しようと思っていた。その目的の大半はテザリングが使えるからだ。ところが、iPhone 5になってau・SoftBankがテザリングを開放したため、メリットも薄れやはり国内キャリアで購入しようと思うようになった。

SIMフリーのメリットは大きく言えば以下の3つだった。

  • 日本ではiPhoneを提供していないdocomoの回線が使用できる
  • テザリングが使用できる
  • 海外に行った時、現地の安価な通信契約が利用出来る

そのうちの2つ目は消えたし、3つ目は旅行や出張で頻繁に海外に行く人にしかメリットがない。僕は年に1度も海外には行かないので、SIMフリーを使うメリットはdocomo回線が利用出来るか否かのみになった。多分、多くの人にとってもそうじゃないかと思う。というわけで、SIMフリーiPhone 5をdocomo回線で使用するメリットを検討してみる。

前提知識

iPhone 5になって大きく変わった事として、SIMがmicro-SIMからnano-SIMになり、日本で多く利用される2.1GHzバンド1によるLTE通信がサポートされたことがある。nano-SIMについては現状docomoやdocomoのMVNOである日本通信などでも提供されていないが、これは時間がそのうち解決するとして、現状はSIMを強引にカットするという手法をとるしかない。

で、それを実際にやった人のレポート動画がある。

この情報とSIMフリーiPhoneといえばリンあれさんというわけで、

SIMフリーiPhone 5でdocomoのSIM使えるのか? Xiは厳しいかも… 〜発売当日まとめ  : もっと知りたいリンゴあれこれ


こちらの記事も参考にまとめてみる。

そもそもdocomoSIMでiPhone 5は使えるか

iPhone 5発売前にはカットしたnano-SIMでは使えないという情報もあったが、docomoSIMをnano-SIMサイズにカットしてiPhone 5に刺したら普通に認識するようだ。

ただ、この方法はまさに人柱と言えるもので絶対にお勧めはできない。

LTEは使えるか?

docomoのLTEサービスXiはau・SoftBankが始めたLTEサービスと同じ2.1GHzバンド1を使用している。つまり、仕様上はdocomoのXiでも使えるという話になるはずだ。ところが、docomoSIMではLTEには繋がらないらしい(環境設定にLTEを有効にするという項目が表示されない)。試しにSoftBankSIMを刺すと繋がる事から、

Appleが公式に認めたキャリア以外ではLTEサービスを使用することができない

という事になる。LTEは知らなければ気にならないが、一度知ってしまうと元に戻れないほどのスピード。Xiに繋がらないと言う事は、docomo回線でiPhone 5を使うメリットが大幅に薄れてしまう。

その他の周波数は?

docomoのFOMA(3G)は2.1GHz帯を中心に、FOMAプラスエリアと呼ばれるサービスで都市部の混雑地域や山間部を800Mhz帯でサポートしている。iPhone 4Sまではこの両方が使えたので、広大なエリアを持つdocomo回線のメリットを享受する事ができた。

ところが、これもiPhone 5では状況が変わったようで、2.1GHz帯は使用できるが、800MHz帯では使用できなくなってしまったらしい。こうなると、山間部などの田舎では苦しくなる。まとめると、

機種名 2.1GHz帯 800MHz帯 LTE(2.1GHz帯)
iPhone 4Sまで
iPhone 5 × ×

こんな感じになってしまうようだ。
まあdocomoからnano-SIMが正式に提供されたら状況が変わる可能性もあるが、このままだとすれば相当厳しい。特にLTEはともかく800MHz帯の3Gまで使えなく理由は謎。はっきり言って、iPhone 5でdocomo回線を使うメリットは皆無だ。

通信方式毎に異なるモデル

iPhoneは日本ではdocomo・SoftBankが採用するW-CDMA方式をサポートするGSMモデルと、auが採用するCDMA2000をサポートするCDMAモデルの2種類がある。iPhone 4Sではこれらが1つに統一されていたがiPhone 5ではLTE採用の弊害か再び分かれてしまった。しかも、3種類に。その種類というのは、

  • GSMモデル A1428(北米のみ)
  • CDMAモデル A1429(日本ではau向け)
  • GSMモデル A1429(日本ではSoftBank向け)

となり北米向けのA1428というのが曲者。LTEのバンドが異なるので、3Gは日本でも使える可能性があるがLTEは使えない。北米でA1429を購入できるのかは現時点では分からないが、購入できたとしてもモデルには注意が必要で、これまでのように海外でSIMフリーを買えばOKという問題ではなくなった。近いところで、一番無難なのは香港版といことになるらしい。

また、今年から導入されたAppleCare+というサービスは海外で購入したiPhoneでも日本で加入出来るというメリットがある。情報が錯綜してはいるが、AppleCare+を提供している国(現状はアメリカ・カナダ・日本らしい)で購入したiPhoneでないと加入できないという話があり、そうなるとハワイなどのアメリカ国内で購入するのが一番良いと思っていたが、これも一筋縄ではいかなくなった。

SIMフリーiPhone・iPadはAppleCare+に入れるアメリカで買うのが最善っぽい!


これは本当に頭が痛い、、、なぜかと言えば、iPhoneはともかくiPadはSIMフリーでと考えていたからw

まとめ

今までAppleがiPhoneを提供する公式キャリアとして認めていないdocomo回線が、他と全く変わらず使用できたこと自体がグレーゾーンだったのかもしれないが、docomoユーザには本当に厳しい仕打ちだ。

もはやSIMフリーiPhoneでdocomo回線を使用するというのは、海外に頻繁に行く人かよっぽどの物好きじゃないと意味の無い運用になったと思う。少なくともiPhone 5でdocomo回線を使うメリットはない。使うならiPhone 4Sだ。逆に最新のiPhoneが使いたければ公式キャリアであるau・SoftBankを素直に使う方が良いと言うことになる。

iPhoneユーザー的にはdocomoはほんと空気のような存在になってしまったという悲しさがある。ただ、要らないという人も多いが求める人も多いおサイフケータイ(FeliCa)・防水・ワンセグ・赤外線など、日本向け機能が充実しているAndroid端末だって今は十分選択肢に上がってくる。

iPhoneが嫌いという人だってまた多いはずでそういう人は積極的にdocomoを使うべきだと思う。それ以外の人にはdocomoを利用する価値はもはや無いのか、、、いやいやそんな事はと言う事で、docomoを利用する価値を考えてみようかなと。

SPONSORED LINK