SoftBank2012年冬 – 2013年春 新商品発表。キーワードはやはり4G

例年SoftBankは最後になる事が多いのだが、今年は3大キャリアの先頭を切って冬・春モデルが発表された。

まあ、SoftBankはiPhone一辺倒のキャリアなので、Androidは価格面でもメリットが薄くユーザーは少なく注目度も低かった。しかし、iPhone 5からLTEなど4G(正確には3.9G)が本格的に始まり、iPhoneだけの特別な優遇料金は少なくなったため、ようやくiPhoneとAndroidが同一フィールドに上がった。

というわけで、内容を少し紹介。

端末ラインアップ

SoftBankの定番PANTONE、他社でも提供されているAQUOS PHONE・ARROWS、ガラケー(フィーチャーフォン)などさすがにラインアップは豊富だが、特別な魅力を感じるモノがない。

2012年冬 – 2013年春 新商品発表! | ソフトバンクモバイル


Androidの場合、細かいスペックやデザインは違うものの、OSはAndroid4.1だし全キャリアに提供しているメーカーが今や大半なので真新しさがない。

ただ、他社と差別化できる部分はやはり4G。

新通信方式への対応

docomoが昨年辺りからXiを本格展開したとはいえ、LTEなど4Gと呼ばれる新しい通信方式が認知されたのは今年の話。さらに言えばiPhone 5が発売してからだ。なので、これに対する注目度はこれまでとは全く違う。

で、SoftBankはてっきり4G LTEにも対応すると思っていたが、SoftBank 4Gで展開してきた。テザリングにもiPhoneと同じく対応するようだ。

SoftBank 4GはAXGPという昔で言うPHSの周波数を利用したもの。スピードは確かに速いが、エリアはLTEよりもおそらく狭い。イーアクセスと合併し回線に余裕が出てくるとは言え、現状はそこまでできないと言うことで、

iPhone 5:4G LTE
Android:4G

という差別化になるらしい。すげー、分かりにくいですね、、、

サービス面

一番の注目は「Yahoo!プレミアム for SoftBank」じゃないかと思う。

Yahoo!プレミアム for SoftBank


Yahoo!Japan向けのサービスである「Yahoo!プレミアム」をSoftBankの携帯向けに提供するというもの。IDは電話番号になるそうだ。これって、以前話題になった「スマ得パック」に該当するものなんだろう。

「スマ得パック」でキャリア発のiPhone向けコンテンツビジネスは成り立つか


SoftBank回線でしか使えないなんて言う、docomoのdメニューみたいな事はしないと信じたいが、さて今後どのような展開になるかが注目。

まとめ

ここ数年はiPhoneだけ特別に安く扱っていたSoftBankだが、auがiPhoneを発売したこともあり、いつまでも特別扱いは出来なくなった。多分今までSoftBankにおけるスマートフォンの販売比率は、8割以上がiPhoneだったと思う。

これが、4G時代になりiPhoneとAndroidが初めて同じ条件になった。iPhoneの方が売れるのは間違いないだろうが、今後Androidの比率をどの程度上げられるかがSoftBankの課題だと思う。iPhoneは確かに人気端末でファンも多いが、Androidユーザももはや無視できないほど多くなっているので。

ほっといても売れるiPhoneと手のかかるAndroidという位置付けにSoftBank的にはなるだろうが、日本においてiPhoneをここまで育て上げたように、Androidも頑張るのか。はたまたWindows Phoneなど他社端末に手を出すのか、SoftBankの出方はやはり気になる。

SPONSORED LINK

Twitterでチーをフォローしよう!

この記事のシェアはこちらから!

アナザー通信『ここだけの話』

ブログ記事の裏話や主催イベントの予定が読める週刊メルマガを発行しています。
メールアドレスの登録だけで購読できる無料メルマガです!
詳しい内容が気になる方はこちらをご覧ください。

は必須項目です

お名前(姓名)