iPhone導入報道再び。docomo巻き返しの切り札にiPhoneはなれるか

docomoの契約数が5年ぶりに純減になるそうだ。
その事実を踏まえて、docomoがiPhoneを発売するという報道が再び盛り上がってきた。

ドコモ、契約数5年ぶり純減 iPhone導入検討も  :日本経済新聞


日経のdocomoとiPhone報道ほど当てにならないものはないが、気になるのは「docomoがiPhoneを導入したら契約数減少の切り札になる」という論調。何らかの圧力でもかかってるのかというくらい、今も昔もこれなんだがなんなんでしょうね。

docomoのiPhoneは魅力的か?

契約数が改善するという話であれば、「魅力的」という話になるのだが僕はそう思わない。3年ほど前なら違っただろうが、今はdocomoでiPhoneを使わないといけない理由なんて、ほとんどの人にはないと思う。

特にdocomoが他社と比べて2年ほど先行していたLTEサービス(Xi)が、メリットに繋がっていないという事実は大きい。昔はiモードの魅力でdocomoを選んでいた人が多いだろうが、今はインフラ力で選んでいる人が多いと思う。それが揺らいでいる。災害復旧時のスピード感などは今でも他社と比べて断トツで高いだろうが、通常利用時のインフラ力が落ちているように感じる人が多いというのは、大きなデメリット。

iPhoneなんて所詮1つの端末に過ぎない。これを導入したからと言ってdocomoに対する認識が変わるなんて考えは甘いと思う。iPhone発売というのは仮に実現しても、戦術であって戦略ではない。

今のdocomoの問題点

これに関しては僕の考えは以下のエントリーにまとめている。

docomoの転出超過はiPhoneだけが理由なのか


docomo最後の砦。ドコモメールは起死回生の策になるか?


ざっくり言えば問題点は以下の2点に集約される。

  • 特に初期のAndroidユーザーが端末に対して抱えている不満
  • SPモードメールなどキャリアサービスの使いにくさ

これの改善のためにiPhoneというのはある意味有効な手段になるかもしれない。別にiPhoneだから良いというわけじゃない。iPhoneという選択肢があるかないかの違いが大きい。

総合サービス企業を目指すdocomo

docomoはiモードが始まって以来、サービスと端末をセットで売り出してきたが、スマートフォンというオープンなサービスを利用する端末が普及して以来「モバイルを核とする総合サービス企業」への転身を図っている。

ドコモの中期戦略 | 企業情報 | NTTドコモ


その結果として、有機野菜を販売する「らでぃっしゅぼーや」を買収するなどしているのだが、正直迷走している感は否めない。

キャリア統合のサービスを求めている人も多いと思う。そういう人達にとってiモードの延長線上としてのdメニューとかはアプローチとして間違っているとまでは言わない。ただ、僕なんかもそうだがサービスは自分で選ぶので、回線だけ提供してくれればいいという人も多い。

通信回線だけを提供する土管屋化を避けるべく、docomoは前者にばかり力を入れているが、後者にも選択肢を与えればいいと思う。その上で、ユーザーに選択させれば良いのだ。

それは1つの戦略になるかもしれない。であればiPhone導入にも意味がある。「選択肢」を用意しているというのが重要で、片方にだけ注力するからそれに該当しない人には押しつけに映ってしまう。

今でも5000万人以上のユーザーを抱え、携帯ユーザーの半分はdocomoなのだからそれくらいの懐の深さはあって良いのではなかろうか。そして、それこそが「総合サービス企業」だと思うし、docomoの強みになると思う。

まとめ

真の総合サービス企業になるために、iPhoneを発売するという選択肢はやはりdocomoにとってメリットがあると思う。ただ、SoftBankが以前やっていたように、iPhoneユーザーのみ特別安くするような施策は必要無い。Appleとの契約部分で販売数の壁はかなり大きいかもしれないが、Appleにとっても日本国内で最大のユーザーを抱えるdocomoとの契約はデメリットなんてないはずだ。

個人的にもauとSoftBankはiPhoneという強力な武器を手にしたが、一番重要な通信プランの発表を予約または販売開始ギリギリまで公表せず企業戦略に注力。ユーザー無視の施策を続けているので、良い意味でも悪い意味でも親方日の丸の真面目な企業であるdocomoにiPhoneを販売して欲しい。

docomoはiPhoneを発売して、自社サービスの本分を見直して欲しい


また、何処まで行っても通信キャリアの基幹サービスは通信回線。今のAndroidは良くなっているし、iPhoneだから良いというものでもない。回線品質の良さを最大限に強化し、魅力あるdocomoになって欲しい!

あと、個人的にはdocomoからiPhoneが出れば、FeliCaなのかNFCなのかという問題はおいといて、iPhoneでのおサイフケータイサービスが一気に前進するんじゃないかと思ってる。この辺りのノウハウを一番持っているのは世界中見渡してもdocomoだと思うわけで、そういうノウハウ含めてAppleが欲しい情報をdocomoは山ほど持ってるはず。安売りされても困るが、価値のあるうちに世界中に広めて欲しいと思うわけで、その辺りを期待したいなぁ、、、

SPONSORED LINK

Twitterでチーをフォローしよう!

この記事のシェアはこちらから!

アナザー通信『ここだけの話』

ブログ記事の裏話や主催イベントの予定が読める週刊メルマガを発行しています。
メールアドレスの登録だけで購読できる無料メルマガです!
詳しい内容が気になる方はこちらをご覧ください。

は必須項目です

お名前(姓名)