iPad使いの母(高齢者)が、iPad miniに関心を持った理由は「軽さ」でした

先週母と行った旅行で、スカイツリー帰りに銀座に寄った。その時にApple Store銀座に立ち寄ったのだが、その時母がiPad miniに関心を持っていた。

現在使っているiPad2はやはり思い。iPad miniの軽さは魅力的なようなのだ。高齢者(シニア)がiPad miniに興味を持った理由を紹介しようと思う。

母親がiPadを半年使って出てきた願望

2012年春頃から妻が主に使っていたiPad2を母親に譲った。
パソコン・ガラケーここ10年くらい様々なIT機器が出てきて、僕が使いまくるものだから一応興味を持って触ってみるが、ことごとく撃沈。僕としても最後の砦と導入を進めたのがiPadだった。

これが思った以上の大成功で、今やネットとメッセージは普通に使いこなすようになり、YouTubeで好きな動画を見たりするまでになっている。

最近は特別な手ほどきはしていないのだが、大きく分けると以下のような要望が出てきていた。

  • SNSなどをやってみたい
  • アプリとかで文章を打ったりしたい
  • 外で使いたい

最後の要望は正直ちょっと驚いたが、便利さを知ると外でも使いたいと言うのはわりと自然な欲求。なので、「やっぱりiPhoneに変えた方がいいのかな」と言い出したが、そんなころにiPad miniが発売。母親が外で使うならiPhoneよりiPad miniでしょ~と見せてみることにした。

母のiPad miniファーストインプレッション

まあ、感想は他の人と同様。

  • コンパクト!
  • 軽い!

僕も含めて多くの人が問題視する、RetinaについてはiPad2使いの母にとってはまだ見ぬ世界の為関係なし。これはいい、という話になった。しかし、外で使うとなればWi-Fi + Cellular版になるのだが、やっぱり維持費が高い。月4,000円はかかると言うとやはり難色を示した。

ネックはやはり価格だ。

終わりに

docomoでらくらくスマートフォン向け専用プランなんてものがあるが、やはりデータ通信量を抑えて月の維持費をある程度安くするようなプランがあればなぁとつくづく感じた。

とはいえ、現在早が使っているガラケーは月1,000円程度の維持費に抑えられている。auでiPad miniを買えばスマートバリューを適用し月4,295円で維持できるため、合計5,000円弱。まあそこまで高いって感じではないがちょっと贅沢だろうか。

iPad miniの導入を検討しようと思った。

SPONSORED LINK

高齢者の母とタブレット・スマホ奮闘・検討の歴史です

2017年から母が使うiPhone 6sを購入

iPhone 6s

SPONSORED LINK

Twitterでチーをフォローしよう!

この記事のシェアはこちらから!

アナザー通信『ここだけの話』

ブログ記事の裏話や主催イベントの予定が読める週刊メルマガを発行しています。
メールアドレスの登録だけで購読できる無料メルマガです!
詳しい内容が気になる方はこちらをご覧ください。

は必須項目です

お名前(姓名)