「Xperia Tablet Z」が注目される中、次期iPadの発売はやはり夏以降なのか

3月になった。
3月と言えば例年はiPadの新型が発表&発売されている。ただ、昨年2度の新製品(現行の第4世代はLightningコネクタの採用などマイナーチェンジだが)が発表されたこともあり、3月に発表することはなさそうな雰囲気だ。

しかし、最近Apple製品の話題が非常に少ないこともあり、やっぱりこの時期に起爆剤があって欲しいよねと言うのが正直なところ。噂では6月くらいに発表と言われているが果たして、、、

例年のiPad発売周期

初代からiPadの発売時期を列挙すると、

2010年03月12日:初代iPad(第1世代)発売
2011年03月11日:iPad2(第2世代)発売(日本では東日本大震災の影響で延期)
2012年03月16日:iPad(第3世代)発売
2012年10月23日:iPad(第4世代)発売

という感じで、昨年まで大体3月10日~20日の間に発売されている(発表はその1週間程前)。ということは、3月10日くらいまでに発表がなければ、3月に次期iPad(第5世代)発売はないということになりそうだ。

iPadが欲しい理由

以下のエントリーでも書いたが、我が家にはタブレット端末がなくなってしまった事と、現在嫁が育児中でほぼ家にいるためタブレットの必要性が高まっている。子供に音楽を聴かせたり、調べ物をするのにやはり大画面&長時間駆動は便利なのだ。

発売は例年通り3月なのか?気になって仕方のない次期iPadの噂


一応次期モデル狙いなので、発表されたら速攻で購入するつもりだった。それは、タブレットはやはりiPadがいいという思いがあったからなのだが、どうも最近その立場が危うくなっている気がしてならない。

iPadの立場が危ういと思う理由

昨年末以来、7インチクラスのタブレットが盛り上がっている。iPad miniやNexus7がそれに該当するが、Androidタブレットが一気に増えてきた。それまで、スマートフォンでは少なくともシェアベースでiPhoneが再び巻き返す要素はほとんどないが、タブレットではまだまだiPadが圧倒的に強いと思っていた。

ところがNexus7は予想以上に売れているし、Nexusシリーズ自体が広まっている。さらに、国内メーカーのSONYが「Xperia Tablet Z」のWi-Fi版を4月に発売する事を先週発表。
Xperia
「Xperia Tablet Z」は前評判が高かったが、docomoの通信契約セットのCellular版(SO-03E)しかなかったこともあり、それほど気にしていなかった。ところが、Wi-Fi版を望む声に押されたか、元々その予定だったのか、Wi-Fi版を発表。

純正アクセサリも同時発売:ソニー、「Xperia Tablet Z」のWi-Fiモデルを4月13日発売 (1/2) – ITmedia Mobile


まだ実物を触ったことがないのだが、これを見たらiPadを買おうかという気持ちが激しく揺らぐと思ってる。日本でも相当売れると予想される。ポイントはNexusシリーズにはなくiPadにも引けを取らない質感の高さ、そして重量と防水機能だ。

重量は軽いに越したことはないし、防水はたとえばお風呂でも使えると考えたらものすごくいい。気になる部分だけのスペックを比較すると、

構成 iPad(第4世代) Xperia Tablet Z
フラッシュメモリ 16GB、32GB、64GB、128GB 16GB(オンラインのみ)、32GB
ディスプレイ 9.7インチ 10.1インチ
解像度 2048×1536 1920×1200
バッテリー 最長10時間 最長10時間
GPS なし あり
サイズ 幅241.2mm×高さ9.4mm×奥行185.7mm 幅266mm×高さ6.9mm(7.2mm)×奥行172mm
重量 652g 495g
価格 42,800~66,800円 52,800~59,800円
特記事項 Retinaディスプレイ 防水、防塵対応(IPX5/7相当)
・DTCP-IP対応

まあ一番目に付くのが、iPadと比べて圧倒的に薄くて軽いこと。なのに、防水、防塵にまで対応しているのだから驚く。その分、価格は高くてストレージ容量が同じだとiPadと比較して1万円ほど高い。

でも、これだけ魅力的な機能を積んでいて1万円差なら、正直「Xperia Tablet Z」の方が欲しい。現行iPad最大の欠点は重くて分厚いこと。最低限ここだけは早急に改善しないと、進化の早いAndroidには最早ついて行けなくなるのではないかと危惧してしまう。

じゃあ、iPadの魅力はなんなのか?といわれて、最初に答えるのはタブレット向けアプリの充実度だが、その次となると「価格」だ、、、

まとめ

昨年末辺りから、スマートフォンもタブレットもAndroid搭載端末の充実ぶりが際立ってきた。iPhone 5はあまり評判が良くないようだが使ってる実感として、今まで以上に魅力的な端末だと思っている。だが、質感など触らないと魅力が伝わらなくなってきているように感じている。

昨年は特に9月以降、新製品ラッシュでApple製品は随分盛り上がったが、夏頃まで何も話題を提供出来なくて大丈夫なんだろうかと思ってしまう。まあ、継続的に話題を提供する必要はないが、夏頃までこんな感じなんだろうか。さて、Appleは今何を考えているんだろう。

SPONSORED LINK

Twitterでチーをフォローしよう!

この記事のシェアはこちらから!

アナザー通信『ここだけの話』

2016年1月から無料メルマガを開始しました。
詳しい内容が気になる方はこちらをご覧ください。

は必須項目です

お名前(姓名)