今年も年度末のMNP一括0円祭に乗りました。それでも消えない携帯キャリアビジネスへの疑問

今は年度末ということで、携帯の契約が一番盛り上がる時期だ。なので、格安機種を買うならこの時期が一番見つけやすいというエントリーを先日書いた。

iPhone 5に関しては現在MNP+学割だとMNP一括0円機種が多くなっていて、こちらは来週辺りまではこの状況が続くと思う。対してdocomoのAndroid端末における格安機種の代表格は、ダイレクト割と呼ばれる月々サポートはないが、端末価格が大きく値下げされる機種だ。3月上旬にこの対象機種がかなり増えたが、どうやらこれは明日3月27日で終了し、28日からは値上げされる(おそらく元の価格に戻る)ようだ。

なので、ダイレクト割機種を狙っている人は、今週末まで待ってもあまり幸せになれない可能性が高そうだ。

docomoのダイレクト割対象機種

3月に始まったダイレクト割機種については、以下のエントリーで紹介した。

やはり注目は発売してまだ数ヶ月の「GALAXY S III α SC-03E」だと思う。
この端末はヤフオク相場でもまだ2万円以上の値段を付けている。昨年Galaxy noteを購入した経験を踏まえるとダイレクト割期間中は購入が集中し、供給が増えることでリセール価格が下がるが、ダイレクト割終了と共に再び値段が上がる傾向にあるようだ。

ダイレクト割期間中は24,000円くらいで売れたが、その後3ヶ月程経過しダイレクト割が終了してから売却したときは30,000円くらいになった。今回も同じようになる保証はないが、ダイレクト割が終わるとキャリアの販売価格が値上げになるため、リセール価格も上がる傾向にありそうだ。

と、いうわけで、、、

IMG_2133
ん?
IMG_2134
どどーん!

来年は僕と嫁のiPhoneが2年契約を満了して、その後を考える必要があるためMNP弾を用意w

docomoからiPhoneが出れば現回線をauからdocomoにMNPすればいいし、価格次第でSoftBankに移る手もあるが、auの方がいいとなった場合に備える。スマートバリューの1,480円割引きは2年間限定(3年目以降は980円引)のため、機種変更でau版iPhoneを購入するメリットは非常に薄いので。

「GALAXY S III α SC-03E」2回線の契約詳細

購入店舗

今年はMNP出来る回線がないため、新規契約でなるべく安く運用出来そうな端末を探していた。それで見つけたのは、カメラのキタムラ倉敷・笹沖店での「GALAXY S III α SC-03E」販売価格。
IMG_2127
新規なら4,200円ポッキリ。他にも「ARROWS X F-10D」や「AQUOS PHONE sv SH-10D」も同一価格だったが、「GALAXY S III α SC-03E」の方が断然魅力的。ただ、4,200円という価格は安いけどめちゃくちゃ魅力的な価格と言うほどのものじゃない。実際他店舗で新規0円というのも見かけたが、ポイントは、

  • オプション縛りがない
  • カメラのキタムラで使えるクーポン(スタジオマリオの無料券とか)がもらえる

という辺りだ。オプション縛りがないため、購入時の契約は通話プラン、SPモード、パケホーダイ・ダブルのみ。で、データ通信系は今月で解約し日割り計算だから余分にかかるのは500円ほど。そして、子供が産まれてそろそろ1度写真でも撮りたいと思っていたから、スタジオマリオのクーポンは地味に魅力的w

購入価格

端末価格は前述の通り4,200円。で、支払いの時に「Tカードありますか?」と聞かれたので、出した。カメラのキタムラだから、なんとTポイントまで貯まる。1台目は普通にクレカ決済したが、2台目の決済でふと貯まるなら使えるのかと思い聞いてみたら、「使えます」と。ちょうど4,600ポイントほどあったから、2台目はポイントで買ったw
IMG_2141
明細を見て疑問が1つ。
購入価格は4,200円なのだから、200円1ポイントとして21ポイントしか付かないはずなのに、なぜか300ポイントも付いている。

その謎は明細の上の方を見れば分かる。
購入価格は税込63,000円だが、分けの分からない値引き58,800円によって支払いが4,200円となっているだけで、ポイントは税抜60,000円に対して付いている。もう何だか笑えてくるw

2年間の運用価格

で、今回契約したdocomo2回線をどうするかと言えば最低1年は寝かせる(いわゆる新規即解約はブラックリスト入りすると言われている)。1回線辺りの運用価格は、

明細 費用
端末代 4,200
新規契約事務手数料 3,150
通話プラン
タイプXi にねん
780*24=18,720
データ通信日割分 約500
合計:26,570円

という感じだ。仮に「GALAXY S III α SC-03E」を26,000円以上で売却出来たら、2年間寝かせても手出しはほぼ0となる。仮に2万円程度としても2年間数千円で運用して、来年か再来年にMNPしたらどかんとキャッシュバックが来るのでペイ出来る。来年以降今みたいにアホなMNP優遇施策がなくなっていたら、2年後に大人しく解約すればいい。

さらに言えば、docomoのAndroid端末は購入特典として「docomo×EVERNOTEプレミアムキャンペーン」に登録出来る。

Evernoteプレミアム(年額4,000円)が無料になるというもので、今回の場合だとEvernoteユーザーにとって端末代は実質的に無料といえる(ただしキャンペーン登録は年間2台まで)。

まとめ

この記事を最後まで見てくださった方は、大体2種類の感想を持つのではないかと思う。

  • よくこんな面倒くさい事するな~。携帯乞食おつ。
  • 機種変更だとこんな値引きないのに、MNPや新規だけなんで優遇されるのか

前者の方は、まあ携帯ヲタクの娯楽と思って生温かく見守っていただけたらw
ただ、以前に比べてこういう事をする人は本当に増えた。多くの人がMNPや新規契約する方が、真面目に使い続けるより得であることに気づいている証拠だと思うので、こういう人がリアルに増えている事を認識頂けたらと思う。

後者の方は、これが現在の歪んだ携帯キャリアビジネスの現実だということだ、、、。前述のレシート明細で「58,800円」という値引きがあったが、簡単に言えばこれがキャリアからのインセンティブという事になる。MNPならさらにクーポン数万円とかおまけ商品が乗っかるわけだ。こんなのどう考えてもおかしいですよね。製品を購入するに辺り、対価を支払うのは当たり前の事で、ものを買ってそれ以上のキャッシュバックを受けるなんてビジネスモデルは絶対におかしい。

僕みたいにこれを食い物にする人は、今やかなり増えて来た。だけど、そういうのを知らない人も沢山いて、別に悪い事をしたわけでもなく普通に携帯を使い続けているだけなのに、その人達はこういうメリットをキャリアから提供される事はない。

滞納もなく使い続けてくれる顧客は本来優良顧客の筈で、普通の企業はそういう人を優遇する。航空会社なんか典型ですよね。しかし、携帯キャリアはこの優良顧客は金づるとしか見ていないのではないか。そんな事を感じてしまう。なので、ここ数年一番お得な携帯の使い方は、2年毎にMNPする事で機種変更は逆に一番損とすら言える。

地域独占とかの考え方が無い以上、競争になるのはある程度仕方ないと思う。それによって市場が活性化し技術開発や投資が積極的に行われている面はあるだろうが、携帯電話は今や電気・ガス・水道の次に来るくらいのライフライン。競争よりも安心・安定して使えるような投資を携帯キャリアには行って欲しい。それで多少料金が高くなったとしても仕方ないと思うので。

だから、そういうキャリアを僕は使いたいし応援したいのだが、その筆頭格だったdocomoが今やバラマキの最たるキャリアなわけで(それでもインフラ整備や研究に一番投資しているのはdocomoだと思うが)、この歪んだ市場構造はいつまで続くのか、その先に今までのような繁栄があるのか、気になってしまう、、、

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK