「GALAXY S III α SC-03E」2台の売却で、2年間実質無料のMNP弾装填完了

先月末に年度末の携帯祭りでダイレクト割対象となり、安かったから購入した2台の「GALAXY S III α SC-03E」。1台くらい使おうか悩んだが、AndroidはNexus 7の次期モデル狙いという方針を変更しないことに決めて、2台とも売却した。

今年も年度末の携帯祭に乗りました。しかし、消えない携帯キャリアビジネスへの疑問


ヤフオクでの売却価格は2台とも約3万円。よって。新規契約事務手数料などを入れても、1回線2,000円程度の黒字になり、2年間実質無料で来年以降に使えるMNP弾の装填完了だw

以下、詳細を書いてみる。

2年間の運用価格

Xiパケ・ホーダイ ダブルの日割り分金額も出たので、これが2年間の確定運用価格。

明細 費用
端末代 -4,200
新規契約事務手数料 -3,150
通話プラン
タイプXi にねん
-780*24=-18,720
Xiパケ・ホーダイ ダブル(2013年3月で解約) -541
SPモード(2013年3月で解約) -60
端末売却費用 30,510
ヤフオク手数料 -1525
合計:2,314円
※2,314円の黒字

こんな事に一体何の意味があるのかと思う人もいるだろうが、これが来年以降大きな意味を持つ事になる。

どう使うか?

まあ黒字自体は1回線2,000円程度なので、契約手続きやヤフオクでの出品などかけた時間のわりに大した儲けはない。この回線が活躍するのは約1年後からとなる。

1年程度置いておく理由は2つほどあって、

  • ブラックリスト入りを避ける(確定情報ではないが1年程度契約しておけば、問題ないと言われている)
  • 2年縛りの違約金約1万円とMNP手数料を払っても、残り1年で支払う基本使用料とほとんど変わらなくなる

なので、一番のターゲットは来年3月末の新生活商戦となる。この時は嫁のiPhone 4Sが2年契約を終えて、スマートバリューの1,480円引きもなくなるので(980円になる)、docomoかSoftBankにMNPするか、この弾を使って再びau版iPhoneを契約という流れになる予定。嫁はすっかりiPhoneが気に入っているのでAndroidにする気は毛頭ないと思われるので。

で、その次は僕のiPhone 5が2年契約を満了する来年10月くらい。最近docomoからiPhoneが出るという報道が再び盛り上がっているが、docomoから出れば現au回線をdocomoにMNPする可能性が一番高くなりそう。まあ色々役に立つ回線になる。

終わりに

携帯乞食という誹りが聞こえて来そうだが、一応黒字になって来年以降活用できるのだから使わない手はないと思う。今のようなMNP偏重のキャリア施策がいつまで続くかは分からないが、仮に来年なくなったとしてもその時は大人しく2年後に解約すればいいだけだ。損をする要素はもうない。

おかしいおかしいと思いつつも、これが今のルールであるという現実なので、携帯購入する時にはこういう裏技的作戦も使ってなるべく料金を安く抑える努力は必要なんじゃないかなぁと思う。光熱費のように世帯単位ではなく、個人単位で課金される携帯電話って今や家計において大きなウェートを占めるから、生活防衛って意味でも、、、と借金持ちかつ小遣い制になってしまったお父さんは思います、、、

SPONSORED LINK