松浦亜弥がw-inds橘慶太と結婚。あややコンサートの思い出を振り返る

ayamatsuura_married

本日2013年8月4日に、あややこと松浦亜弥がかねてから交際が噂されていた、w-inds橘慶太と入籍したというニュースが出てきた。

まあ、色々ツッコミどころあるんだけど、とりあえずおめでとうございます!

あややとけいた

この話、あややヲタとw-indsヲタではわりと有名な話だった。
ほんとデビューして間もない時代から噂になっていたし、2005年くらいになってようやく写真週刊誌とかで取り上げられたが、それまで事務所が頑張って押さえてたんでしょうね。出てきても「ふーん」くらいのノリだった。

まあ、みんなのアイドルあややが全盛期の時代から彼氏がいた、なんて話しはある意味ショックな話しではある。が、僕の場合、アイドルに疑似恋愛するような年ではなかったので、そういう意味でのショックはあまりない。

どちらかと言えば、ハロプロヲタとして僕がすごく楽しんでた時代の中心にあややはいたので、近年あの時代を否定するような発言をする事の方がわりとショックだ。今回にしても、

「私の青春には、すべて彼がいます」

という発言があるが、全盛期の自分を否定するような発言ととれなくもない。それが少し悲しいのだ。

僕とあやや

出会い

あややは2001年にデビューして、事務所の猛プッシュを受けてその年のうちにかなり人気が出てきた。で、今でもハロプロヲタの中では有名な名盤「First Kiss」をリリースし、2002年からツアーを始めた。

で、僕どこで見たんだっけと思って昔のチケット帳を紐解いてみると(嫁にどん引きされたのは言うまでもないw)、神戸で1回見ただけのようだ。

あややのライブ(初期)

IMG_2701
このツアーを見て色々驚いたのはよく覚えている。当時のモーニング娘。ってライブもMCも台本通りという感じで、予定調和以上のものは無かった。ところがファーストツアーで当時15歳くらいのあややは、確かアンコール明けのMCで、1人で5分くらい話しをした。

ライブにおけるあややのMCが面白いっていうのは、その後わりと有名になっていくが、ファーストツアーからそんな事出来る人はあまり聞いたことがない。金太郎飴のようなモーニング娘。のライブに飽きてきて、2003年とかはあややのライブを中心に回ったような時期もあった。

その時、その場でしかない楽しみが、当時のあややコンにはあったのだw

あややはソロアイドルだった故に、グループのような卒業的なイベントはなかった。ライブにおける大きなイベントとして思い浮ぶのは、2003年秋ツアー「あややヒットパレード」の千秋楽、名古屋センチュリーホールにおける通称「草原祭り」だろうか。「草原の人」という曲に合わせて、会場が緑のサイリウムで埋まり、そこで歌ったというイベントだ。

あれは圧巻だったし、温かみに溢れたとてもいいファン主導のイベントだったと今でも思う。

あややのライブ(後期)

IMG_2703
その後もライブは見に行っていたが、最後にあややを見たのはいつだろうとチケット帳をめくると、2009年の「ハロ☆プロ アワード’09~エルダークラブ卒業記念スペシャル~」というライブだった。当時川崎市の武蔵小杉の辺りにすんでて、横アリなら近いやんと見に行ったライブだw

そうか、もう4年も見ていないのかと思うと感慨深い。

あややのライブにはこんな感じで色々思い出もあり、そこで出会った人には今でも繋がっている友人がいたりする。一般的には黒歴史と言える期間だが、僕にとっては大切な出会いがあったりと意味のある期間だった。

今後のあやや

数年前に子宮内膜症を患っていることを公表し、芸能活動をセーブしてきているが、結婚したことでさらにセーブする事が予想される。でも、是非とも戻ってきて欲しいんですよね。

本人がどう思おうと、僕はあややのライブが好きだった。あややのライブは歌唱力とパフォーマンスが魅力。結婚して、恐らく近い将来に子供が産まれたりするのだろうが、また歌声を聴かせて欲しいなぁ。

以下、本人のメッセージを転載。

皆様ご無沙汰しております。松浦亜弥です。

私事ではありますが、ご報告があります。本日、8月4日にかねてから交際させていただいている橘慶太さんと入籍させていただきました。

今までにも何度か交際などの報道がありましたが、自分たちが発言する時は、応援してくださるファンの方含め、私に関わるすべての方にご迷惑をかけることのないよう結婚のタイミングでと決めておりましたので、きちんとした報告ができず申し訳ありませんでした。

今年の冬で12年の付き合いになりますが、私の青春には、すべて彼がいます。悲しいこと、辛いこと、嬉しいこと、楽しいこと全部です。

今までもとても幸せだと日々感じながら過ごしてきましたが、これからは、家族になり、家庭をもち、また新たな幸せを作っていけたらと思っております。

まだまだ未熟者ではありますが、とてもストイックで努力家、そして九州男児な彼のサポートが出来るよう、ときに強く、ときに可愛らしいしっかりとした女性になれるよう精進いたします。

今後も、松浦亜弥としてお仕事もより前向きにがんばります。
 
応援して下さる皆様にやっと報告できました。心から感謝いたします。

平成25年8月4日
松浦 亜弥
引用元:公式サイト

↓初期あややコンの集大成は、唯一のアリーナコンサートだった代々木スペシャルだと思います(行ってないけどw)

SPONSORED LINK

ハロプロに関するお勧め記事

SPONSORED LINK