Juice=Juice「FRESH FESTIVAL at アリオ倉敷」レポート。ハロプロの底力を再実感

ここ数ヶ月ずっと仕事が忙しい状態が続いているが、今月はまた酷く連日深夜残業&休日出勤の日々だ。

ストレスたまりますよね

先週の話だが、重い体を引きずりながら会社の近所にあるアリオ倉敷で昼食を食べていたら、見つけたのが上記写真のポスター。これは行くしかない!!

とはいえ

ブログにアイドルネタを書くと嫁に嫌がられる今日この頃。

ハードルは高い

しかし、無料イベントだし定時後に行けば間に合うし、とりあえず打診だ!と嫁にメール。

行ってくれば〜

この言葉にどのような思いが込められているか分からないが、とりあえずゴーサインと判断し行くことに。分かってはいただろうが、握手会があるという話はしていないw

Juice=Juice FRESH FESTIVAL at アリオ倉敷

IMG_2767
定時ダッシュで会場到着。2階からみると平日と言うことも有り、空いてるから下りることにした。
IMG_2768
握手券を持っている人のみブース内に入ることができるため、持っていない僕はゲート前最前をキープw

Juice=Juiceとは

ハロプロのアイドルグループとしてはおそらくスマイレージ以来の新人グループ。まあ、僕も名前と曲をネットでチラ見した程度しか知らないので、完全初見。メンバーは以下の5名となっている。

  • 高木紗友希
  • 宮本佳林
  • 植村あかり
  • 金澤朋子
  • 宮崎由加

一時期は中学生くらいのアイドルって多かったが、最近は一服した間もあってJuice=Juiceも年齢構成は14歳〜19歳とわりと幅がある。ちなみに事務所的な一推し(=センター)は宮本佳林ちゃんのようだ。

ちなみに僕がかわいいと思ったのも宮本佳林ちゃん(14歳)。
そんなことを思った、今年34歳のチー(妻子有り)です。こんばんは。

ジュースという名の通り、メンバーにはイメージカラーと共に担当果物と言うのがあるそうだ。佳林ちゃんはぶどう。岡山にピッタリですねw

イベントセットリスト

1.ロマンスの途中
2.天まで登れ!
3.私が言う前に抱きしめなきゃね
4.ロマンスの途中

トリプルA面とはいえ、メインの「ロマンスの途中」から始まり、「ロマンスの途中」で締めるというリリイベ(リリースイベント)ではありがちなセットリスト。

楽曲は実質初めてだったけど、どの曲も結構いいしハロプロ的に力入ってるなぁと感じた。が、昔の経験からすればハロプロアイドルは1年目は推されるけど、2年目以降楽曲の質低下と共に下降線にという王道があるため、これからが気になるところ。

宮本佳林ちゃんは足を痛めているそうで、着席でのパフォーマンスだったが、何というかハロプロのセンターになる子はやっぱり目が行ってしまうw

MC

歌含めて全体で40分くらいだったが、まあMCが長い。
岡山に初めて来ました的なネタから始まり、ハロプロ身内ネタ嗣永桃子(ももち)の許してにゃんとか、結構楽しかった。デビュー前にインディーズという形で活動していただけに、慣れているというか既に安定感がある感じ。

握手会

密かに狙っていた握手会。
だが、この握手券は当日の15:30くらいから販売していた。いくらダメリーマンの僕でも、さすがに仕事を抜け出して買いに行くほど肝は据わっていない。というか、イベント後もその場で売るでしょくらいに思っていた。ところが、

完売(T-T)

久々にアイドルちゃんと握手しようと思っていたのに、その夢は塵と消えましたw
まっ、後々家庭内で色々な事件が起こらないように戒めてくれたのだとおもっているw

終わりに

近所でやるという幸運で、久々にアイドルのイベントに偶然行くことが出来た。お陰でちょっとだけストレスが発散できた。

しかし、ハロプロの新人アイドルイベントなんて随分久々だなと思って、思い返すと多分最後に行ったのはBerryz工房のデビューシングルイベント at 千里中央セルシー広場。当時のハロプロキッズも随分しっかりしていたのだが、やっぱり今の方が断然レベルが高い。

15年もアイドルを手がけてきて、育成面も含めてシステムがしっかり出来上がっている、ハロプロの底力を見た感じだ。同じ新人アイドルグループでも一歩抜けてる感じがする。だからと言って売れるというものではないが。

しかし、ハロプロのアイドル見るとダメですね。基本10年以上前のモーニング娘。からの流れで見てしまって、子を見守る親の気分になってしまう。こういう事を思うのは、スパガとかでは絶対無くてハロプロにしか持ち得ない感情だ。あっ、キモいですね。

まあ、こうやってイベントに行ったのも何かの縁なので、これからちょくちょく見ていこうかなと思う。

SPONSORED LINK

ハロプロに関するお勧め記事

SPONSORED LINK