新型Nexus 7の日本発売が正式発表。注目のLTEモデルは3キャリア対応へ

先週末から情報が流れていたとおり、本日Google日本法人が新型Nexus 7を8月28日0時から販売する事を発表した。

新型Nexus 7の確定情報

詳細は以下のサイトをご覧いただきたい。

Google、「Nexus 7(2013)」を8月28日発売、9月中旬にLTE版も – ケータイ Watch

まあ事前情報の通りの内容だ。価格と発売時期は以下の通り。

16GB Wi-Fiモデル:27,800円(2013年8月28日より発売)
32GB Wi-Fiモデル:33,800円(2013年8月28日より発売)
32GB LTEモデル:39,800円(9月中旬より発売)

で、個人的に注目だったLTEモデルだがSIMフリーで、3キャリア対応という形をとってきた。ただ、実際はなかなか複雑。

新型Nexus 7 LTEモデルの対応周波数

新型Nexus 7 LTEモデルの対応周波数は以下のような感じだ。

【LTE】
700/750/850/1700/1900/2100MHz(バンド1/2/4/5/13/17)
【3G(HSPA+)】
850/900/1900/2100MHz

日本は北米モデルと同じらしい。
専門家ではないので、細かい事は分からないが、日本で対応する周波数はLTEでは2100MHz(バンド1)、3Gでは900MHzと2100MHzが対応となるのだろうか。850MHz(日本ではdocomoのFOMAプラスエリアと言われている)もいけるかもしれない。

ただ3キャリア対応と言っても、その範囲は様々。周波数だけみて対応してそうなのは、ざっくり見た感じだと以下のような感じだ。

【docomo】
2100MHz(LTE/3G)
850MHz(3G)

【au】
2100MHz(LTE)

【SoftBank】
2100MHz(LTE/3G)
900MHz(3G)

これを見ると、au回線で使うメリットは皆無と言える状況だ。3GはauのみCMDA2000という方式のため、周波数関係無しで非対応。しかも、auのLTE対応周波数はiPhone 5向けとして悪名が広まっている2.1GHz帯なので、エリアは非常に狭い。こればかりは通信方式の違いなので、auが圧倒的に不利になるのは致し方ない、、、

LTEモデルを購入して使用するキャリアは、3Gも2.1GHz帯で運用している、docomoかSoftBankが無難と言える。さらに言えば、iPhone 5向けLTEエリアでは頑張っているSoftBankが一番のように思う。

そんな事情もあってか、KDDIはなんとNexus 7の販売パートナーとなり、取り扱いを発表した。が、なんとWi-Fiモデルのみで価格は30,500円から。

au、新型「Nexus 7」Wi-Fi版を8月28日発売 – ケータイ Watch

auポイントが使えることがメリットという事らしいが、わざわざ量販店より高い価格で購入する人なんてあまりいないと思うのだが、、、

ただ、SIMフリーのため端末を購入して、自分が持っているスマホのSIMを差せば使えるというメリットはかなり大きい。スマホの電池が切れても、Nexus 7にSIMを差替えれば最悪データ通信は出来る。

終わりに

と、いうわけで、、、
IMG_2843
予約しました!ドーン!!
一応宣言通りということでw

新型Nexus 7が8月28日からいよいよ発売。Androidデビューします

さて、発売日に受け取ることが出来るだろうか。ジョーシンアリオ倉敷店なんてマイナー店舗で予約したので、若干不安です、、、w

SPONSORED LINK