凄すぎる掃除機!「Dyson Digital Slim DC62」が超絶気になる件

仕事が忙しすぎる現状で来年から嫁が育休を終えて職場復帰してから家庭が成り立つか、というのが最大の悩みのチーです。こんばんは。

今まで1日かけてやっていた家事が夕方以降、あるいは週末に集中すると嫁の負荷は当然高い。普通なら夫である僕がサポートすれば良いのだろうが、最悪の場合来年一杯今の状況が続きそうな現状では厳しい。衝突する回数が激増するのではないかと、悩んでいて、出来る対策は家事負担を極力低減することくらい。

まず思い浮かんでたのは、ルンバなどのロボット掃除機を導入する事で、最近その手の情報を探っていたのだが、ルンバよりも魅力的な掃除機を発見した。掃除機で有名なダイソンが発売した「Dyson Digital Slim DC62」というものだ。

「Dyson Digital Slim DC62」の魅力

これは本当に凄いと、家電をみて久々に興奮したw

Dyson | ダイソン – DC62 | Dyson.co.jp
と言うか海外メーカーの家電はなぜこんなに格好いいのだろう

ポイントは以下だ。

  • コードレスタイプ
  • コードレスタイプであるにも関わらず吸引力が強い
  • トリガー式で吸引が必要な時のみ使える

とにかくコードレスタイプである事が最大の特徴だが、それ自体は今まで無かったわけじゃない。だが、やはり吸引力が弱かったし、コードレスでなくてもスティックタイプの掃除機というのは普通の掃除機に比べるとどうしても性能が低かった。

ところが「Dyson Digital Slim DC62」はコードレスで、スタイリッシュなスティックタイプの掃除機であるにも関わらず、普通の掃除機と変わらない性能だという。

もう一つのトリガー式というのも個人的には大きなポイント。
大きい会社とかだと、清掃業者が入っている事が多いが、わりとよく見るのが必要な時だけスイッチを入れている掃除機。掃除機ってコンセント差して使うのが当たり前だけど、吸引している時間より案外家具を動かしたりしている時間の方が多いという事は実感としてあって、あれは理にかなってるなと思ってた。

僕と掃除機

今でこそ家で掃除ってほとんどやらないが、元々はわりとこまめにやる方だ。ただ、掃除機かけるのは大嫌い。

コンセントを抜いたり差したりを繰り返して、掃除機をゴロゴロ引っ張るのが面倒でたまらないのだ。結果、クイックルワイパーやコロコロをよく使うのだが、まあどうしても掃除機をかけないといけないシーンはある。なので、学生時代はスティックタイプをずっと使っていて、その掃除機は実家でまだ現役だ(買ったのは15年程前)。

1人暮らしのワンルームはともかく、ファミリー向けのアパート→一戸建てと家が広くなるに連れて、掃除機嫌いはどんどん高まっていった。それでも「Dyson Digital Slim DC62」ならさっと掃除機をかけることが出来る。

1日で家全体を掃除機かけたら大変だが、これなら毎日少しずつ出来る。何より大きいのは、僕も朝少し時間がある時に掃除機かけたり出来そうだ。

ロボット掃除機より魅力的に感じる理由

ただ、家事の負荷軽減を考えたらロボット掃除機の方が便利そうではある。実際リビングなどの広い空間を掃除する、またはマンションならそうだと思う。

ただ、我が家は現在一戸建て。1回で全てを終わらせることは出来ない。また、細かい部分は結局掃除できないという問題もある。自分でやれば細かい部分も掃除できる。

さらにもう一つ大きいのは、車とかに持って行って使う事もできる事だ。コードレスの魅力はそんなところにも現れる。

終わりに

と、いいことづくめの「Dyson Digital Slim DC62」だが、問題もある。

価格だ、、、
大体70,000円程するそうで、、、
掃除機に7万、、、う、うーん、、、

でも、ちょっと真剣に検討してみようと思う。
一番気になるのは音かな。また今度、店頭で触ってみようかと。

【補足】
「Dyson Digital Slim DC62」に絡んで、この記事は面白いのでお勧め。

なぜ日本メーカーは出さないのか:日経ビジネスオンライン
SPONSORED LINK

Twitterでチーをフォローしよう!

この記事のシェアはこちらから!

アナザー通信『ここだけの話』

2016年1月から無料メルマガを開始しました。
詳しい内容が気になる方はこちらをご覧ください。

は必須項目です

お名前(姓名)

2 件のコメント

  • これもってます。かなりいいですが、一点だけ欠点が。

    製品全体を手に持つという関係上、長時間の掃除には向きません。おもたくて筋肉痛になるかも。特に女性は大変だと思います。
    手軽さはすごくいいのですが、部屋全体をこれだけでやろうとするのはちょっと大変かもしれません。

    うちはルンバとこれの組み合わせでうまくやってます。

    • アドバイスありがとうございます。
      早速週末に触りに行ってみたんですが、嫁も含めて思いの他重さは気になりませんでした。やはり価格がネックですね。そして、ルンバと組み合わせたら最強だとは思いますが、やはり価格が、、、w