iPhone 5s 32GBゴールド(au)が遂に入荷!データ移行準備を開始する

iPhone 5s 32GBゴールドが遂に入荷したとの連絡が昨日届いた!
週末まで店頭に行く暇がないので、ちょっとお預けになってしまうが、新機種へのデータ移行準備を行っておく。

入荷したお店はトヨタのPiPit

実は今回のiPhone 5sについては、2方面作戦をとっていた。
自分でauショップ店頭に行って予約するのと、顔なじみのトヨタディーラーさんに頼んでPiPit経由で予約するというものだ。まあPiPitも結局auショップだし、予約は9/20からじゃないと出来ないという部分は同じなのだが、片方は現iPhone 5の機種変更、もう一方は本命のMNP回線という構成。

で、今回入荷連絡が届いたのはPiPitだった。発売日に朝から並んだりして、無駄に頑張った事は完全に徒労となったww

まあ忙しい時はこっちの方が融通が効いて便利な面はある。

申込書を家に持ってきてくれて、持って行ってくれて、後はiPhoneを受け取るだけという流れで、最悪店頭に足を運ばなくても契約できてしまうからだ。

旧iPhoneから新iPhoneへ最速でデータ移行する方法

たまには新規インストールでスッキリさせるのもありだが、今はここに時間をかけたくないので、最速で旧iPhoneから新iPhoneへのデータ移行を行う。

iPhoneのバックアップは大きく分けるとiCloudとiTunesの2種類がある。
iCloudはクラウド上のバックアップなので、自動的にやってくれるのは便利だがネットワーク経由になる分どうしても時間がかかる。なので、急ぐなら断然iTunes経由がお勧めだ。この為に、1度iTunes経由でバックアップファイルを作成しておく必要がある。
ScreenSnapz118
多くの人はバックアップの設定が「iCloud」になっていると思うので、「このコンピュータ」に変更。
ScreenSnapz120
この時、暗号化するにもチェックを入れよう。これはセキュリティ的な観点でも有効だが、iPhoneに保存しているアカウント情報などもバックアップしてくれるため、復元時に例えばメールアカウントのパスワードを再設定するような作業が不要になる。
復元したら、ほとんど何もしなくても以前のiPhoneと同じように使えるようにするための設定だ。
ScreenSnapz119
この時パスワードを設定するが、これは復元時にも必要になるため、忘れないように注意。

後は、もう使っていないアプリやあまり聞かない音楽を削除する、写真データもMacなどに取込み済みのものは削除するなど、データ量を減らせばバックアップ復元にかかる時間は短くなるので、このタイミングで1度見直しするのがお勧め。

終わりに

いや~、楽しみだなぁぁぁ!

まっ、欲を言えば9月中に来て欲しかったけど。
それなら嫁の4Sは9月一杯でISフラット解約、5s回線のLTEフラットは9月は日割りで安くなり、10月から毎月割&スマートバリュー適用という流れになったのだが、、、。この数日の違いで1万近く変わってしまうので結構でかいが、まあ仕方ないか、、、

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK