ドコモプレミアクラブのステージ決定条件が再変更。改悪が大幅改善に!

数ヶ月前、来年度からドコモプレミアクラブのステージ決定条件に、利用期間に加えて特定のオプションサービスが必要になるという大改悪が発表された。

docomoで優れているサービスの1つだと思っていたのに、これが変わってしまうともうdocomoを続ける意味ないよね(期間だけなら新設されるグランプレミアステージになれた)と思っていたが、相当反発が強かったのか、再び変更が発表された。

これは、とても嬉しい改善!!

ドコモプレミアクラブ再々改定の概要

詳しくは以下を参照いただきたい。

一番大きいのは以下の点だ。

  • ステージ決定条件がドコモ継続利用期間のみに(現行のステージポイント、先日発表された特定オプションの必須加入は撤廃)
  • docomoのクレジットカードDCMXを持っていると、ポイントが増える(ステージによって変動)

いや、これは本当に素晴らしい改定だと思う!
自社のクレジットカード(DCMX)に誘導するのは至極真っ当な施策だと思うので、これはこれで反感を持つ人もいるだろうが不要なオプションを強要されるよりはよっぽどマシ。
保証サービスの部分は従来通り改悪されたままなのは残念だが、まあこれはある程度仕方ないと納得するしかなさそうだ、、、

自分の場合どうなるか

現在は通話専用機として使用しているガラケー回線は契約期間が15年を超える。この為、来年度からはグランプレミアステージとなる。

ちなみに今の利用料は来年の今頃まで、Xiカケホーダイ700円のみ(昨年Xi端末のGalaxy noteを購入し、ありがとう10年Xiスマホ割で2年間基本使用料が無料)というふざけた料金。この為、来年度からは利用料が1,000円に満たない場合ポイントがつかないw

ただ、docomoからiPhoneが出た。これで今後の回線計画が変わってきそうだ。

docomoに帰ろう計画

僕は元々docomoが好きだ。
なぜかと聞かれると若干困るが、やはり昔ガラケーの開発に携わっていたことが大きいかもしれない。嫌な思い出もあるが、何となく一番愛着があるのだ。

なので通話専用となって、さらに最近は電話自体の使用頻度が激減しても、docomo回線は維持し続けた。docomoからiPhoneを出ることを待ち焦がれていたわけでもないが(実際SoftBank、auでiPhoneを使って来ているし)、そろそろ2台持ち運用も面倒だし、メリットも薄れてきたなぁと思っていた今日この頃だ。

そんな時にdocomoからiPhoneが発売されその環境が整ってきた。
今はサービス面が微妙だし、特にLTEエリアにおいては後発の他社にも劣っている状態。ただ、それもいずれは平準化すると思われる。まあ来年あたりにはかなり変わってるんじゃないかなぁと勝手に予想。

元々来年から順次docomoに戻そうと考えてはいたが、ドコモプレミアクラブサービスの改悪が一部撤回された事で、この計画を前に進める後押しを受けた感じだ。

とりあえず、DCMXカード作るかなぁ。このステージ決定条件みるとDCMX GOLD(年会費1万円)を作っても、家族の回線を全部docomoにしてしまえば元が取れてしまうのではないかと思えてくる。ただ、現在ANA VISA スーパーフライヤーズゴールドカード持ってるんで、ゴールドカード2枚とかアホすぎるし、与信的にも厳しいかな、、、

docomoユーザー必携!dカードゴールド

docomoユーザーなら利用料金の10%がポイント還元される、「dカードゴールド」の契約をおすすめします。
詳しくは以下の記事をごらんください。

【docomo】dカードゴールドはお得?年会費1万円を超えるメリットを解説

2016.08.22
SPONSORED LINK