iPhone 5cの投げ売り戦線拡大中。むしろ狙い通りでは?と思えるAppleのしたたかさ

iPhone 5s/5cが発売されて1ヶ月弱経過した。
相変わらずiPhone 5sのゴールドモデルは品薄。当初在庫が潤沢だったスペースグレイも今は在庫がない店もあるようで、どう考えても5sが中心となっている。

で、今は影に隠れてしまったiPhone 5cだが最近話題になり始めている。なぜかと言えば、安さだ。

MNP一括0円のiPhone 5c

発売直後の週末に家電量販店に行った時、MNPで3万円引きなんて張り紙を見かけた。

で、これを見た時例年なら年度末までは登場しない、MNP一括0円のiPhoneが年内には登場するだろうなぁと思った。まあ年末商戦で5cはMNP一括0円、年度末は5sはMNP一括0円、5cは新規でも0円くらいに予想していたのだが、まさか1ヶ月で登場するとはw

Apple製品が発売後一ヶ月程度で投げ売りされるなんて異例だと思う。だが、考えようによってはAppleの狙い通りかもしれないと思える。

iPhone 5cが投げ売りされても痛くない理由

iPhone 5cは5sとは違った価値を持つiPhoneで、ある意味本命だと思っていた。

で、この本命というのは今までiPhoneを買ったことがない人に向けてのもの。Apple製品は高級というイメージは今でも根強いから、iPhone 5cを安く売ることのインパクトは大きい。MNPの高額キャッシュバックは僕のようなガジェットヲタクのお遊びになっているが、新規・機種変更で安く売ってユーザーにしてしまえばAppleの勝ちだ。

今頃スマートフォンを初めて買うような人達は(特にdocomoユーザー)、変化を嫌うので高い確率で次も同じもの(=iPhone)を購入する。1度ユーザーとして掴んでしまえば、次は高価格帯のiPhoneを買ってくれるかもしれないし、iPhoneがきっかけでiPadやMacを買ってくれるかもしれない。

そう考えたらiPhone 5cという生産コスト低そうで(いくら質感が高いと言ってもプラスチックだし)、歩留まりも高そうで(ホワイトモデルがないのはそういうことだと思ってる)、多少投げ売りされてもApple的には気にならない気がする(さらに言えば、投げ売りしてるのはキャリアだし)。

しかし、この自体を予測していなかったとは思えないんですよね。MNPの過剰優遇は日本特有としても。5cは失敗と早くも言われているが、発売から半年も経たず投げ売りされるというのは、他メーカーにとって驚異だと思うのだ。

終わりに

最近改めて思うのは、ソフトとハードを両方手がけるメーカーはものすごく強いという事だ。
先日の「OS X Mavericks」の無料化を発表された時にも思ったが、Appleはやはりハードウェアのメーカーだ。そういう会社って普通はソフトを軽視する。凄いスペックの製品なのに、ソフトウェアがダメでこけた端末なんて特に日本メーカーでは山ほどある。

Appleの凄いところはソフトにも本気で取り組んで、それをハード購入やAppleのサービス(iTunesなど)利用に結びつける。だから、ある時はソフトを安く売ったり、ハードを安く売ったりしても、最後は結局自社サービスに行きつく。

ジョブズ亡き後のAppleはダメになったという話はよく聞くが、そういうビジネス的な部分のしたたかさはティム・クックCEO時代の今の方が凄いし、怖いと思うんですよね、、、

投げ売りしても売れなかったらやばいと思うが、まだそうはならないと思うので。

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK