ベルメゾンのホットコット(Hotcott)が快適。綿素材でアトピー持ちでも使えるお勧めインナー

本格的に寒くなってきた。
ここ数年冬は自社勤務がほとんどで通勤時間も10分程度だからあまり気にならなかったが、今年は岡山勤務ということで片道40分ほど。通勤時の寒さが身に堪える。

そんな時便利なのはUNIQLOのヒートテックに代表される発熱インナーだ。これ、確かに暖かいのだが、恐らく化学繊維100%であることが原因であまり肌に合わない。実は僕は10年程アトピーとお付き合いをしていて、ヒートテックを着るとすごく痒くなる。なので、どうしてもと言う時以外は着ないようにしていた。

でも、やっぱり今年は寒い!せめて、綿が含まれている発熱インナー無いのかなと思って探したら、あったのです。ベルメゾンのホットコット(Hotcott)というもの。試しに購入してみたらこれが非常に快適だったので紹介してみる。

ベルメゾンのホットコット(Hotcott)とは?

詳しくは以下。

とにかくポイントは 素材が綿45%で、100%化学繊維 ではないこと。

例えばヒートテックの素材と比較すると、こんな感じ。

UNIQLOのヒートテック ベルメゾンのホットコット
34%ポリエステル
34%レーヨン
27%アクリル
5%ポリウレタン
綿45%
アクリル30%
レーヨン20%
ポリウレタン5%(ストレッチ天竺)

アトピー持ちの基本はなるべく綿素材の下着を使う事とされているが、それでも45%と言うことで全面的に信頼しているわけではない。が、淡い期待をいだいて注文してみることにした(とりあえず1週間回せるように3枚購入)。

ベルメゾンって事で女性向けって思う人は特に男性には多いだろうが、ちゃんと男性用もある。

ホットコット(Hotcott)の効果は?

購入したのは綿混あったかVネックインナー(長袖)のオフホワイトとチョコレートブラウン。値段は1枚990円で3枚以上買うと10%割引。
IMG_3552
包装は至って普通。
IMG_3553
オフホワイトは「オフ」というだけあって、真っ白というよりは少し黄色っぽい感じ。
IMG_3554
袖丈は長袖の場合、9分袖くらいだった。ワイシャツの下に着たら、袖からはみ出して残念な感じにはなりませんw

手触りは流石綿45%という感じで、ヒートテックのさらさら感とは明らかに違う。で、早速翌日から1週間ほど毎日着てみたわけなのですが、、、

すごく暖かいし、ほとんど痒くない!

いや、これはなかなか感動ものだった。
アトピー性皮膚炎の症状は人によってかなり違うが、僕の場合はホットコットならほぼ大丈夫なようだ。

ちなみに暖かさも、3年ほど前に買ったヒートテックより上に感じる。

終わりに

アトピー持ちにとって冬は特につらい季節だ。
僕はかなり波があって、10年以上付き合った傾向として、食生活や生活リズムが崩れている時に悪化傾向。さらに言えば、冬が良くない。ところが今年は仕事が忙しいせいか、春頃からずっと調子が悪く悩まされていたが、ホットコットと出会えたのはすごく大きい!

これで、寒い冬が少し快適に過ごせそうだ(^_^)v
特にアトピー持ちでヒートテック系はちょっと、、、という方は、1度試してみてはいかがだろうか。

ホットコットの購入はこちらから!

SPONSORED LINK