年賀状って今でも必要?私が出す理由と、たった1つのこだわりは「手書きメッセージ」

年賀状の季節だ。
特に社会人になってからは仕事関係の人に送るのは面倒だなと思いつつ、続けている年賀状だが最近は少し情勢が変わってきた。例え社内でも情報管理が厳しく、住所が以前ほど簡単に分からなくなったw

これが、社外の人となると本人に直接聞く以外にはほとんど不可能なレベルだ。直接聞くってなかなかやりづらいんですよね。「オレは出すからお前も出せよ」って言ってる感じするじゃないですか。

なので、ここ数年はわりと気楽に年賀状を出すことにしている。数も意図的に減らした。その甲斐あって以前から続けている年賀状のこだわりポイントが少し目立つ。

年賀状のこだわりポイント

特別な事ではない。僕が年賀状を作るに当たってこだわっている事はたった1つ。

例え一言でも手書きのメッセージを添える

これだけだ。
宛名と通信面は当然パソコンからプリントアウトする。社会人1年目か2年目くらいは宛名くらいはと手書きしていたが、ここ数年さすがにそれは無理になってきて、手書きメッセージくらしかこだわりが残っていないとも言うがw

年賀状の意義って?

郵便業界の陰謀なんて穿った見方もできるが、年をとればとるほど実感することがある。1年に1回も会えない友人がものすごく多い。

例えば学生時代のように、会おうと思えば毎日会えた時期とは違い、距離的な問題などもあるが、仕事だったり家庭だったりで「親友」と思っている友人ですらそんなに頻繁に会えない。会ったとしても飲みに行ったりする数時間だ。

今は特にFacebookがそういう部分を補完する役割を担っていると僕は思っているが(Facebookユーザーって年齢層が驚く程高いが、人間関係が狭い範囲に集約する事が多い若者には、必要性が低いからだと思っている)、年賀状って普段お世話になっている人へのご挨拶はもちろん、なかなか会えない人に対する近況報告という意味合いが強いかなと思う。

そう考えたら、年賀状ってやはり素敵な文化だと思うのだ。

受け取って微妙に思う年賀状

まあ大体皆さん思う事は同じだと思うが、最近は年賀状もらってもあまり面白くない。年をとればとるほどそういう年賀状は増える。

  • 子供の写真ばかりの年賀状
  • 宛名も通信面も印刷しただけの年賀状

子供は子供の近況として気にならなくもないが、僕に言わせたら本人の近況写真の方が気になるわけで「子供の写真ばかり載せられてもな〜」と思ってしまう。宛名も通信面も印刷しただけなら、「メールでよくね?」って思ってしまう。

すみません、穿った人間で、、、
まあわざわざ面倒くさい思いをして、紙の年賀状を作るのだったら一手間くらいはかけたい。生意気に言っているが、添えるメッセージは「今年は会おうぜ!!」くらいの簡単なものも多いが、まあ無いよりは良いだろうと自己満足している。

とはいえ

今年1月1日に長男が誕生。
僕も遂にベタな家族写真を年賀状に印刷する時が来てしまった。で、なってみて思うのだが、やはり子供の写真載せたくなりますね。ようやく皆さんの気持ちが分かったよw

せめてもの抵抗で家族3人の写真をどかんと掲載。
印刷を12月21日には終えて、後はメッセージを書くだけだと思っていたわけだが、我が家にまさかのロタウイルス来襲。ここで、冒頭のずらりと並ぶ年賀状だ。
IMG_3703
これ、どないしよ、、、

終わりに

1日に配達されるためには、25日までに投函する必要があるとか。以前に比べて減ったとは言え、実質は今日しか無い!

とりあえず、県外の人を優先して書くかな、、、

SPONSORED LINK

印刷サービスや年賀状に関する記事

SPONSORED LINK