Mac Proを見て改めて感じた、iMacの絶妙のバランス感と完成度の高さ

先日東京に行った時、Appleストア銀座に立ち寄り、初めてMac Proを見てきた(岡山では置いてる店がまだないっぽく、、、)。

わりとワクワクして見にいったのだが、発売から数週間経過し触る人もなし。思う存分(と言っても時間がないので10分程度だが)触ってみた。Mac Proはもちろんすごかった。だが、それ以上に感じたのはiMacって実はすごいなって事だった。

そのあたりを少し紹介してみる。

Mac Proファーストインプレッション

IMG_3857
外観。
まず思うのがすごくコンパクトだと言うことだ。高さは500mlのペットボトルくらい。幅は10センチ程だろうか。驚く程コンパクトで、この筐体に超絶スペックが詰め込まれていると思うと胸アツw
IMG_3858
上から見てみた。
昨年のWWDCで発表以来、ゴミ箱とかお釜とか色々言われているが、改めて「ゴミ箱」そっくりだと思ったw
IMG_3861
背面。
Appleストアではthunderboltディスプレイに接続されていたため、本体とディスプレイとの間にケーブルはthunderboltのみ。電源と合わせても2本しかケーブルがない。ほんとビックリするくらいスマートなデスクトップパソコンだ。

あと、やってもいいのかな?と思いつつ本体を持ち上げてみたのだが、見た目と違ってものすごく重い。やはりサーバー機並の高性能パソコンなんだなと実感した。ただ、持てない程ではないので、車移動とかの人ならわりと簡単に移動は可能かと思う。

いいなぁと思ったが、値段は30万超~。
今どきパソコン1台にそんなお金は払えるまでもなく、高嶺の花だと思うし、そもそもここまでのスペックは必要無い。そう考えると、同じデスクトップであるiMacというのは実にバランスのいいPCだなと改めて実感した。

iMacの魅力

imac
僕が最初に購入したMacはiMacだ。2007年の話。
当時も今もiMacのデザインの大枠は変わっていない。敢えて言えば薄くなったし、付属のマウスとキーボードがワイヤレスになったくらいだ。なので基本的な設計思想は同じだと思うし、さらに言えば初代からも変わっていない。

そのiMacの魅力は、デスクトップパソコンなのに、箱を開けてから電源を入れるまでの操作が驚く程少ないことだ。

基本的には電源を繋いだらそれで終わりなんですね。今はキーボードもマウスもBluetooth接続なので本体から出るケーブルは電源ケーブル1本のみ。最近の一体型のデスクトップPCでは当たり前かもしれないが、当時はそこまでじゃない。そして、これって実はMac Proより少ない。

最近はMacユーザーと言えばAirが中心で、iMacは自宅で作業する事が多いとか大きな画面が欲しいって人以外あまり購入したという話を聞かなくなった。しかし、Mac Proを見ると改めてiMacがいかに先進的なプロダクトだったのかが分かった気がした。

終わりに

Mac Pro見たのにiMacの事を考えるなんておかしな話だが、そんな事を思ってしまった。

テザリングやモバイルWi-Fiルーターが普及し、僕の中でデスクトップパソコンの存在価値はほとんど無いに等しかったが、俄然興味が湧いてきた感じだw

まあよくよく考えたら、今の子供は小学生くらいにはパソコンを普通に触るだろうし、その頃には子供用PCというのを考える時期が来るかもしれない。その時はきっとMacを買うことになると思うが、ノートパソコンで見えないところでコソコソ使われるのもあれなので、iMacを使わせるというのはありだと思う。

僕みたいな人間が子供にデジタルガジェット使わせないなんて選択肢はあり得ない。だが、かといって無制限にするのは流石に危険。適度なペアレンタルコントロールが可能で、子供にもわりと安心して使わせることができるのって、Macの魅力だと思うのだ。

そして、リビングに鎮座できるデスクトップなんて、今でもApple製品以外なかなか認められれないと思うのでw

SPONSORED LINK

Twitterでチーをフォローしよう!

この記事のシェアはこちらから!

アナザー通信『ここだけの話』

2016年1月から無料メルマガを開始しました。
詳しい内容が気になる方はこちらをご覧ください。

は必須項目です

お名前(姓名)

3 件のコメント

  • 私は現在、MacBook AirとiMacを使っていますが、iMacは使っているときの感覚がMacBook Air(ノート型パソコン)と違いがないんですよね。
    もちろん、画面が大きく、ストレージも安心、安定の操作感、なんですが、威圧感がないというか、距離が近いというか。
    個人で2台体制なんて、と思ってたけど快適そのものです。

    • なるほど。確かに言われてみればそうかもしれません。iMacからAirに移ったときも違和感があまり無かったので。
      憧れはあるものの今は2台体制なんて絶対許されませんが、子供がもう少し大きくなったときに検討してみようと思います。