主にMac版のSugarSync Managerで「アップロードが保留中」が続く場合の対処法

色々悩んだ末に、有料サービスを契約することにしたオンラインストレージサービスの「SugarSync」。

SugarSyncの有料サービスを契約する理由。他のクラウドストレージに無い魅力と機能とは


基本とても便利でサービスに対する不満は無いのだが、おそらくSugarSyncクライアントの「SugarSync Manager」が原因と思われる不具合があって、それが若干ウザイ。それは、主にファイルアップロード中に発生する。「アップロードが保留中」という状態になり、ずっと同期状態になるのだ。

この対処法を備忘録としてまとめておく。

SugarSyncで発生する不具合の症状

同期フォルダに新しいファイルを置いたり、変更するとアップロードが行われるが、一定のタイミングで「アップロードが保留中」という状態になる。これになるとステータスバーのSugarSyncアイコンがずっと同期中状態となる。

これによって何かの害があるわけでは無いのだが、まあ気になりますよね。大容量データだと起こりやすいとか、そういうのも無くいつ起こるかはさっぱり分からない。ただ、1つだけ言えるのはWindows版では発生した事がなく、Mac版でのみ良く発生する。

対処方法

わりと単純で、SugarSyncクライアントの「SugarSync Manager」のリセットするだけだ。

「SugarSync Manager」を起動し、command+Shift+Rを押す(Windows版はCtrl+Shift+R)
ScreenSnapz-Pro-061
初期化されるのでしばらくまたさえるが、上記ログイン画面が出てくる。もちろんアカウントは既に持っているので「ログイン」を選択。
ScreenSnapz-Pro-062
アカウント情報を入力。
ScreenSnapz-Pro-063
初期化したと言っても情報は残っているようなので、ここは「はい」を選択。

これで終わり。
「アップロードが保留中」となっているファイルがなくなっているはずだ。これでスッキリ!
同じ事が起こってもまだこの作業を繰り返せばいい。

終わりに

アプリ面の不具合は若干残っているものの、やはり使い勝手のいいSugarSync。
これですっきりと使う事ができるので安心だ。もし同じ症状で悩んでいる人がいれば、お試しあれ!

h1_friendpromotion

SPONSORED LINK