docomo版iPadが遂に発売!au/SoftBank版と比べて高いのか安いのかを検証する

先日docomoから遂にiPadの発売が発表された!

昨年iPhoneを発売していたので、出るのは時間の問題だったが、新料金プラン「カケホーダイ&パケあえる」の開始に合わせた感じで発売が決定。待っていた人も多いだろうし、これで日本の大手キャリア3社が全て同じ条件になった。

だが、気になるのは料金面。docomoといえば未だに高いというイメージを持っている人も多いが、先行しているau/SoftBankと比べてどうなのか検証してみる。

docomo版iPadの料金と他社との比較

docomo版iPadの値段は以下のような感じとなっている。例として、iPad Airの場合を紹介。

docomo

16GB 32GB 64GB 128GB
総額 68,040 77,760 88,560 98,280
実質負担 6,480 16,200 27,000 36,720
Wi-Fi版 52,704 63,504 74,304 85,104
Wi-Fi版との差額 15,336 14,256 14,256 13,176

対して、既に発売済みのau/SoftBankはこんな感じだ。

au/SoftBank

16GB 32GB 64GB 128GB
総額 66,720 77,520 88,320 99,120
実質負担 6,240 16,560 26,400 36,240
Wi-Fi版 52,704 63,504 74,304 85,104
Wi-Fi版との差額 14,016 14,016 14,016 14,016

比較結果

3キャリアの端末価格は、docomoだけがわずかに高いレベル。
だが、Wi-Fi + Cellular版は端末代に加えて通信費がかかる。これを踏まえると様相が変る。docomoが6月から開始するシェアプランは結構強烈なのだ。

iPadの通信費用比較

タブレットだけ購入するという人はあまりいない。大体がスマートフォンまたはフィーチャーフォンを別に持っていて、2台目として購入する。そうなると、docomoの場合タブレットユーザーの大半が、2代目プラスまたはファミリーシェアとして購入して、シェアオプションを適用する。

au/SoftBankはこれまで2台分のパケット料金が丸ごと発生するイメージだったが、auが昨年データシェアプランを発表した影響で、現在は2台目として購入すると維持費が安くなる。

通信費だけに絞ると、以下のような感じになる。

キャリア 基本使用料 ISP オプション 合計
docomo 1,700 300 500 2,500
au/SoftBank 2,850 300 3,150

月額の通信費用はdocomoが約600円安い。
だが、現在au/SoftBankはキャンペーンで2年間合計14,040円(税込)割引かれるため、2年間の運用価格だと実はほとんど差がなくなる。こうしてみるとau/SoftBankがdocomoのiPad発表前に、何故このキャンペーンを発表したのかが分かりますねw

docomoだけに絞るとiPadの月々サポート金額2,520円と、通信費がほとんど同じであることに気づく。つまり、端末を一括で購入すれば月々の維持費は0円になるイメージ。この辺りau/SoftBankというより、Wi-Fi版を購入する人を狙っているようにも見える。

2年間の維持費はWi-Fi版の差額15,000円程度で、Wi-Fiルーターやテザリング無しですぐ使えて、GPSがあるから地図アプリも使いやすい。だったら、Wi-Fi版よりWi-Fi + Cellular版の方がよいと思いますよ!

なんて、ドコモショップ店員が言ってそうだw

docomoのiPadを購入するメリットは?

通信環境とかはとりあえず置いておいて、料金的な部分ではほとんど差がないことが分かる。

が、細かい条件は実は結構違う。例えばau/SoftBankのデータシェアプランは同社のスマートフォンを所有しパケット定額も契約している事が条件となり、対象はスマホ1台に付きタブレット1台。

docomoは2台目プラスだと考え方は同じだが、新料金プラン「カケホーダイ&パケあえる」を申し込めば、1台目がスマートフォンではなくフィーチャーフォンでも可能。また、パケあえる家族(シェアパック)になれば何台でも増やすことが可能になる。

逆に、データ通信料はau/SoftBankが合計9GB通信できるのに対して(2014年5月時点)、docomoは2台目プラスの場合5GBくらい。データ通信をゴリゴリ使う人には余り向かないかもしれない。

現docomoユーザー以外で、docomo版iPadを購入するメリットがある人は、

  • キャンペーン価格などではなく、長い目で見て料金が一律である事を好む人
  • フィーチャーフォンとタブレットという組み合わせでお得に使いたい人
  • 既に所有済みのタブレット以外に、家族向けなどで買い足したい人
  • 通信量が比較的少ない人
  • 将来的にMVNOのSIMを刺して使いたい人

って感じだろうか。
スマホとタブレットを1台ずつ自分用に所有するってだけであれば、docomo・au・SoftBankの3社では2年間にかかる費用にそれほど差はないため、好みやキャンペーンの手厚さで選べば良いかと思う。

終わりに

docomoがiPadを発売したことで、おそらくAppleがSIMフリー版iPadを発売すると思われる。

もはや日本国内でしか使わないような人にSIMフリーを購入するメリットはないが、選択の自由が生まれるのは嬉しいことだ。個人的には色々使ってみたけど、結局それほど価値を見いだせなかったタブレットなのだが、その理由の1つとしてWi-Fi版ばかり買っていることがある。

スマホにしてもタブレットにしても、やはり使いたい時すぐ使えないでは意味がない。docomoの新料金プランでWi-Fi + Cellular版が売れるようになったら面白いが、さてどうなるだろうか。とりあえず今年はdocomoのiPhone+iPadを購入かな、、、

SPONSORED LINK