iPhoneの流出情報が増えたのは何故なのかを考える

いよいよ明日深夜に迫った次期iPhone(iPhone 6)の発表。
昨年もそうだったが、今年も多くの流出情報が流れてきており、いくつかはガセネタだとしても、その多くは真実だと思っている。

Appleの秘密主義は有名な話だが、ここ数年そんな話はどこへやらというくらい、多くの情報が流れる。ジョブズ時代はそうじゃなかった、管理が甘くなっただけではないような気がするんですよね。

年間通じて話題を提供できないiPhone

iPhoneに限らずAppleの製品のモデルチェンジは、基本的に年に1回しか行われない。

現在最も話題になる製品はiPhoneだが、それでも一番盛り上がるのは例年発売される9月から、せいぜい3カ月程度。それ以降は、大きな話題になることは少ない。

逆に競合製品であるAndroidは年間通じてどこかのメーカーが製品を発売するため、話題には事欠かない。一つ一つを見れば小粒だが、それはそれでAndroidの市場拡大に寄与しているのは間違いないと思う。

ある程度意図的に情報を流しているのではないか

そうなると、ある程度意図的に情報を流し、話題を提供するという可能性が出てくる。

もちろんオフィシャルな情報じゃないので確証なんかない。だが、例えば今回噂になっているディスプレイの大型化とかは、ユーザー的には大きな話だが、ものづくり的な部分ではそれほど大きな話じゃない。

そういう表層的な部分の情報が多く流れていることが逆に気になる(伝える側もわかりやすい部分をピックアップしている面はあるだろうが)。

昨年の例でいえば、Touch IDの搭載とかは割とわかりやすいネタだった。今回はディスプレイサイズとかNFCの話に該当しそうだ。逆に、昨年発表会までわからなかったのは「64bit化」と「M7コプロセッサ」の話。昨年一番のサプライズはこれだったと思うんですよね。

終わりに

じゃあ今年は何かといわれてたら、やはりウェアラブルとの絡みのように思える。ウェアラブル端末ってここ数年増えていて、次に流行るのはこれといわれているが、実は管理の仕組みが各社バラバラでとても使いにくい。

僕がこの手の端末に手を出していない理由として、データの引き継ぎがやりづらい事が大きい。iOS 8では統一的な仕組みを用意するといわれていて、それに絡んでiPhone 6には、まだ流れていないサプライズがあるような気がしてならないのだ。

それがiWatchと呼ばれるものなのかはわからないが、いずれにせよ発表まであと1日ちょっと。やはりこの時期になるとソワソワしてしまいますねw

SPONSORED LINK