Spigen SGP 「iPhone 6 ケース スリム・アーマーS」レビュー。衝撃性能に優れた頑丈なケース

iPhone 4S以来僕が一番お気に入りの、iPhoneアクセサリーのメーカーさんSpigen SGPがiPhone 6向けのケースを早速発表している。

今回、発売直後のケースをレビューする機会をいただいたため、紹介してみる。
※本日発表されたiPhone 6用です
※Appleからの正式発表前に発売がアナウンスされたケースなので、若干仕様が変わる可能性があります

外観をチェック

IMG_6047
Spigen SGP製ケースとしてはもはや定番と言える、梱包。
しかし、もう完全に製品の体であることに若干驚いた。だって、今日まで正式な情報なんて流れていないはずなのに、、、。今回Appleは特定のケースメーカーに秘密保持契約をした上で、本体情報を事前に公開したのかもしれない(リーク情報の多さはそれに起因しているのかも)。
IMG_6048
IMG_6049
中身は、「スリム・アーマーS」の本体、正規品を表すシリアル番号、そして「スリム・アーマーS」の特徴といえる、カードを差し込むことでスタンドになることを試すことができる、Spigen SGPカードという構成。

ちなみに、iPhone 5までのケースでは大抵付属していた液晶保護フィルムは今回から同梱されなくなったようだ。

4.7インチってAndroidでは一般的というか、最近では小さいくらいのサイズなので、ディスプレイが大きくなったと言ってもそれほどでもないかなぁと思っていた。が、あらためて見るとデカイ!
IMG_6050
背面はAppleロゴが見えるようになっている。
IMG_6054
また、ポリカ製のフレームは取り外しが可能。「スリム・アーマーS」はメタル・スレート・シャンパン・ゴールド・ミント・アザレア・ピンクの4色構成だが、ここだけをとりかえることも可能(フレームのみのオプション販売は現時点でアナウンスされていない)。
IMG_6053
内部は、iPhone 5/5s向けのタフアーマーと同じく、衝撃吸収に優れた「クモの巣状の衝撃吸収パターン加工」という仕組みが導入されているようだ。
IMG_6051
左側面。ボリュームボタンやミュートスイッチがある。
IMG_6052
右側面は今回上部から変更となった、スリープボタンがある。
IMG_6056
IMG_6055
ちなみに目玉機能(?)と言える、カードスタンドを使うとこんな感じ。

「スリム・アーマー」はiPhone 5s時代に存在した、タフアーマーの派生版という位置付けとなるようだ(iPhone 6向けもタフアーマーは存在する)。このタフアーマーは当時レビューもしたが、確かに頑丈そうなのだが、正直ゴツいという印象はぬぐえなかった。

が、今回は「スリム」の名の通り、かなりスタイリッシュになっている。

歴代iPhoneと比べてみる

本日発表されたとはいえ、iPhone 6の実機を触れられるのはまだ限られた人だけなので、このケースでどれくらい大きくなったかを比べてみる。
IMG_6057
iPhone 5はすっぽり収まりますw
IMG_6058
並べてみても、明らかに1まわり以上デカイ。
IMG_6059
iPhone 4Sと比べたらもはや巨大といえるレベル。
IMG_6060
実際手に持ってみても、特に幅が広がり大きくなったことを実感する。画面の視認性はきっと大きく向上するだろうが、このサイズだと男としては手の小さい僕は、片手での操作はかなり難しい。

ホーム画面のアプリ配置も色々見直す必要があるように感じた。

終わりに

「スリム・アーマーS」は予定価格2,590円で、発売は本日予定だ。

また、今回Spigen SGPは既に多くのケースを発表している。iPhone 4時代からの定番シリーズ「ネオハイブリッド」、「タフ・アーマーS 」、「カペラ」、など多種多様だ。価格は大型化した故に、iPhone 5/5s向けより少し高くなってしまい、もともと高級ケースの分類だったためさらに手が届きにくくなったかもしれない。

だが、僕はSpigen SGP製ケースを長年使っているが、機能性とデザインが優れていて、万人にお勧めできるケースメーカーさんだと思っている。今回は「スリム・アーマー」だが、僕の一番お勧めはネオハイブリッドシリーズ。

iPhone 6を購入予定の方は、一度Spigen SGPのケースを購入してみてはいかがだろうか。東京近郊の方は、渋谷にオフィシャルストアがあるし、AppBank Storeなどでも多く取り扱われているので、気になる方は是非!

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK