次期iPadは何が変わる?Appleが2014年10月16日にスペシャルイベント開催

前々から噂になっていたが、10月16日(現地時間)にAppleがスペシャルイベントを開催することが決定したそうだ。

といっても、ニュースのネタとしては既に古く、イベント開催は今週の話なのだが、注目ポイントをピックアップしてみる。

個人的には買おうと思っている事もあり、何といっても次期iPadが注目だ。

スペシャルイベントで発表されると思われるもの

現在噂になっている内容は以下ぐらいだと思う。

  • iPad Air 2の発表
  • iPad mini Retinaディスプレイモデル 2の発表
  • OS X「Yosemite」のリリース日発表
  • Retina版iMacの発表

最後のRetina版iMacについてはかなり眉唾ものだが、MacシリーズがRetina対応を進めているのは間違いなく、ノートブックタイプは一区切り付いているので、次はデスクトップタイプになると予想される。

そうなると、まずはiMacから発売されるというのが順当な予想だと思う。Mac Proはディスプレイ付属ではないので。

問題は「It’s been way too long(長く待たせた)」製品って何かって事。Retina版iMacというかRetina版Thunderbolt Displayはある意味待っている人は多いと思うが、ちょっとニッチ過ぎる気も。

新型Mac mini?w

気になるネタ

ここ数年10月に発表されているので、新しいiPadが発表される事自体は間違いないと思う。なので、注目ポイントはiPadシリーズがどう変わるかだ。

Touch IDの搭載やゴールドモデルは既定路線と思っているが、僕が注目しているのはメモリ(RAM)が2GBになっているかどうか。さらに言えば、現行モデルで言うiPad Airとminiの内部スペックは同じで、「miniなのはサイズだけ」が今年も継続するかだ(RAMが2GBになるのはAirだけという噂が多い)。

iPhone 6/6Plusでは画面が高解像度化したわりに、メモリは従来通り1GBのままだった。体感的に大きく変わるものではないが、メモリの大小は画像など大きなデータを表示する場合のレスポンスに影響するので、かなり気になる。

今やAndroidは最低2GB、ハイスペックモデルは3GBのメモリを搭載している。だからAndroidが優れていて、iPhone/iPadはダメだという気はないが、ちょっと見劣りしているのは間違いない。iPadはPC的な使い方にも耐えられるくらい、ある程度スペックは追及して欲しい。

終わりに

というわけで、今回は特にiPadに注目して発表を待とうと思う。

OS X「Yosemite」もかなり魅力的ではあるが、現行バージョンのMavericksには色々困らされたので、リリース直後のアップデートは絶対やらない。去年は「タダより高いものはない」って思い知らされた、、、

今回は最低3カ月、多分半年くらいは様子を見ることになると思うので、どんな感じか眺めるくらいかなぁ、、、Macの使い勝手が悪くなるのは致命的すぎるので、、、

SPONSORED LINK