iPhone 6かiPhone 6 Plusどちらを選ぶべきかのシンプルな基準は「電話」ではないか

iPhone 6を購入して約1ヶ月が経過した。
iPhone 6シリーズでの大きな変化は、画面サイズの拡張とそれに伴う本体サイズの大型化だ。iPhone 6もPlusもどちらにせよ大きくなるので、だったらより大きい方を選択するという人もいるし、iPhone 5シリーズまでのコンパクトさがいいという人もいる。

なので、どちらを選択するべきか悩んでいる人もそれなりにいると思うが、選択基準は「電話」をどう捉えるかに尽きるんじゃないかと感じた。

その辺りの理由を紹介してみる。

iPhone 6を選択した理由

僕は今回iPhone 6 Plusではなく、iPhone 6を購入した。購入時の判断基準は以下の記事で書いたのだが、Plusはでかすぎると思った事が大きい。

で、実際iPhone 6を使ってみると、それでもやっぱりでかいと感じる。ただ、それって最初の1~2週間くらいの話だ。「でかさ」ってそれほど大きな問題じゃないなというのが、1ヶ月使った後の実感だ。

ただ、どうしても慣れない部分がある。それが「電話」だ。

でかい端末を持って長時間の通話は手が疲れる

iPhone 6は片手での操作ができるかどうかギリギリのサイズだが、僕みたいに手の小さい人間だと、落ち着いて操作したい時はiPhone 6でも自然と両手で操作するようになる。Plusはどうあがいてもそうなる。

ただ、それがどうしてもできないのが「電話」なんですね。
電話する場合は、本体を片手で掴み耳に当てるようなイメージになるが、長時間通話になるとiPhone 6でも僕は手が疲れてくる。ガラケーはもちろんiPhone 5シリーズまでは考えもしなかったことだ。

iPhone 6の購入に伴い、docomoでいうカケホーダイなど音声定額を使う人も多いだろうが、そうなれば通話って増える傾向にある。僕もそうだ。

なので、電話重視ならiPhone 6を選ぶ方がよいのではないかと思う。Bluetoothヘッドセットを常に使うなら問題にならないが、多分そういう人は少ないので。

画面の大きさは判断基準になるか

iPhone 6とiPhone 6 Plusの大きな違いは画面サイズ。
なので、両者を選択する場合どうしてもそこに目が行ってしまうが、正直それほど大きな問題じゃないように思う。

何故かと言えば、多くの方が同じことを言っているが、「でかいのは慣れる」。で、使えば使うほど画面がでかい故のメリットが色々目立ってくる。ビューアーとしてとらえた場合の閲覧性とか、バッテリーの持ちが良い事などだ。

そして、これに慣れたらもう4インチディスプレイのiPhone 5シリーズには戻れなくなってしまう。今でもiPhone 5sを触ると掌への収まりのよさに驚くが、画面を見ると「ちっさ!」って思ってしまうんですよね。

終わりに

というわけで、偏った基準かもしれないが電話をよく使う人はiPhone 6、ほとんど使わない人はiPhone 6 Plusを選ぶのがよいのではないかと僕は感じた。

そして、店頭で操作性を試す際は画面だけじゃなくて、是非電話をするみたいに片手で掴んで、その状態をしばらく続けてみてほしい。iPhone 6 Plusでも苦にならないって人もいるだろう。電話を重視する人は、その時手が疲れないと感じる端末がベストチョイスなんじゃないかと思う。

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK