Spigen SGP「iPhone 6用ネオ・ハイブリッド EX」レビュー。実用的なバンパータイプケース

僕がお気に入りのiPhoneアクセサリーメーカーである、Spigen SGPさん。このメーカーとの出会いは、iPhone 4S用のバンパータイプケースを探していた時だった。

その時、まだ現在の渋谷パルコ店のような旗艦店もなく会社に併設されたショールームがあったのだが、そこに足を運んでスタッフさんとAppleトークで盛り上がった事がきっかけで、今でも付き合いがあるのだから驚きだw

で、そのバンパータイプケースというのが、ネオ・ハイブリッドシリーズ。iPhone 4の時代から続く同社の代表格となるケースなのだが、これのiPhone 6版が出たので入手してみた。
※今回はiPhone 6向けだが、iPhone 6 Plus向けも同一製品があります

側面のみ保護するバンパータイプケースの魅力

iPhone 4の時代にはたくさんあったバンパータイプのケースだが、今やすっかり少なくなった。皆無と言ってもいいかもしれない。

ただ、バンパータイプってかなり合理的で僕は好きだ。落とした時一番ぶつかり易いところは保護して、側面限定だから軽いし、デザインを損なわない。

なので、全ての期間とは言わないが、一度は使用している。

とてもスマートなケースだと今も思う。

Spigen SGP「iPhone 6用ネオ・ハイブリッド EX」をチェック

DSCF0154
これがパッケージ。いつものデザインだ。

DSCF0155
同梱品はiPhone 6シリーズ向けからかなり簡素化され、本体と正規品を表すシリアル番号のみ。液晶保護フィルムも無くなってしまった。
DSCF0156
バンパータイプなのでシンプルなビジュアルだ。今回はサテンシルバーを購入した。iPhone 5までと同じく、シリコンとポリカーボネートの組み合わせ。
DSCF0157
DSCF0158
DSCF0159
ボタンはきっちり専用のものが被さる。iPhone 5用まではここがシリコンだったが、iPhone 6用は金属になり、全体的に質感は上がっている。

「ネオ・ハイブリッド EX」装着後

DSCF0160
これが装着後の状態。
ものすごくピッタリなのだが、逆に言えば少しはめにくい。ポイントとしては、まずシリコン部分を本体に装着、ポリカのフレームはその後に付けるのだが、本体裏側から装着するようにするって事だろうか(逆だときつくて入らない)。
DSCF0162
DSCF0163
DSCF0164
ボタン周りは操作含めて全く問題ない。
DSCF0161
Apple純正ケースの弱点となる、本体下部もちゃんと保護される。これなら落としても本体が壊れることはまずないだろう。
DSCF0165
ここは評価が分かれる部分だろうが、裏側にはSpigenロゴが付く。

終わりに

手に持つと流石の質感で、ものすごくしっくり来る。ただ、バンパータイプの宿命として横幅が広がるので、片手操作がさらに難しくなるかもしれない。しかし、全体的には流石と思える品質で、値段は3,000円程度と少々高いが使えば後悔しないと思う。

ちなみに、ネオ・ハイブリッドシリーズは今回かなりバリエーションが多く、バンパータイプでないものや金属を使用したものなどがある。こちらについては別記事で紹介しようと思う。

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK