iPad Air 2の不満はカメラ撮影時のシャッター音。SIMフリーを買うなら海外版の方が良いかもしれません

Appleオンラインストアで購入した、iPad Air 2(SIMフリー)でここ1ヶ月程色んな事でタブレットを使ってみている。
とりあえず使い続けてみることで、iPhoneとの使い分けの方向性とかも見えてきたかなぁと思っているのだが、たった1つ少し後悔していることがある。

それは、「国内版」のiPad Air 2(SIMフリー)を購入したことだ。海外版と何が違うのかと言えば。カメラ撮影時のシャッター音が必ず出るという、日本仕様があるため。

iPad Air 2は書籍を読むのが非常に快適

iPadを始めとするタブレットはコンテンツの閲覧に優れている。何故かと言えば、当たり前だが画面が大きいからだ。

ただ、何でもデカければいいというものでもなく、例えばTwitterやFacebookなどSNSの閲覧なんかは、スマートフォンくらいの画面の方が見やすいと僕は感じる。逆にデカさが生きるのは、何と言っても電子書籍の閲覧だ。これはもう圧倒的と言っても良いかもしれない。

僕は昨年7インチ液晶を搭載するNexus 7(2013)を購入したが、あれは16:9のワイドディスプレイとなっている。対してiPadは4:3の昔ながらのサイズ。動画を見るならともかく、書籍だとやはり4:3の方が読みやすいと実感した。

で、最近dマガジンというサービスをお試しで契約して、寝る前の30分くらいで読むようにしているのだが、これが中々いい。

ここ数年余り見なかったファッション誌とか読むのは新鮮なのだ。その時、ちょっと気になった記事があると、クリッピングしたくて(dマガジンのアプリにもクリッピング機能はあるが使い勝手が悪い)スクリーンショットで保存しようとするわけだ。さらに、それをEvernoteに放り込めば、かなりいい感じのライブラリになるなぁという思惑もある。

すると、皆さんご存じの通り「カシャーン」というシャッター音が鳴る、、、結構響くんですよね、、、僕は寝る前に読むことが多く、その時間は隣に嫁と子供が寝ている事が多いので、、、ちょっと困る。

日本国内向けのiPhone・iPadは全てカメラ撮影時に音が鳴る仕様

ご存じの方も多いと思うが、iPhone・iPadなどApple製品に限らず、日本で販売されるスマートフォン・タブレットでカメラ撮影をすると全てシャッター音が鳴る仕様となっている。日本で生まれたカメラ付き携帯が世界に先駆けて普及し、盗撮などが社会問題になった故にこのような仕様となっているのだ。

ちなみに、海外で販売されるiPhone・iPadはシャッター音をOFFにできる機能がある。さらに言えば、マナースイッチでミュート状態にするとシャッター音は鳴らないという。日本国内で使う以上仕方ないとは言え、この機能羨ましいですよね、、、

僕は写真撮影でシャッター音を消したいんじゃなくて、スクリーンショットを撮る時にシャッター音を消したいだけなんですけどね。どうにもならないだろうが、何とかならないものかと思う。カメラ撮影についてはOneCamなど一部のアプリでシャッター音を消すことができるのだが、スクリーンショットだけはどうにもならないようだ。

終わりに

というわけで、特に深い考えもなくSIMフリーだしってことで国内版のiPad Air 2を買ったがちょっとだけ失敗したなぁと思っている。
Expansysなど海外モデルが購入できる店舗で、僕が購入したiPad Air 2 128GB(SIMフリー)は100,470円(11/19時点)。Appleストアで購入したら、96,984円。差額はわずか4,000円くらい。

保証の面とか、故障して交換となった場合日本版(=シャッター音が必ず鳴る)になるとはいえ、一考しても良かったかもしれない。もう遅いし、便利なクリッピング機能があれば解決する話とは言え、これは悩ましい。

昨年から日本でもAppleがSIMフリー版のiPhone・iPadを販売するようになり、海外のSIMフリー版を購入するメリットはほぼなくなっていたが、こういう違いもあると言うことは認識しておいた方が良いかもしれない。

SPONSORED LINK