iPhone 6sの購入準備完了。ドコモポイントを使って安くiPhoneを買います

ここ数年毎年8月から年末にかけて、ドコモが行っている「ドコモポイント25%増量キャンペーン」。

クレジットカードのポイントなど他社からドコモポイントに移行すると、レートが25%アップになるというお得なキャンペーンなのだが昨年申し込みを行い、ドコモポイントが更新される1月10日時点で移行が完了した。

今年の移行ポイントは約44,000ポイント。キャンペーン適用で約55,000ポイントとなり、高額とされるドコモのスマートフォンを購入する準備が整った。何に使うかって、もちろん今年発売されるであろう次期iPhone(iPhone 6s?)だ。

2014年分のポイント移行結果

合計ポイントはこんな感じだ。
おトクな特典が満載の無料会員制サービス(ドコモプレミアクラブ)___お客様サポート___NTTドコモ
元々35,000ポイント程余っていたので、今回55,000ポイント増えて91,000ポイントとなった。

ポイント移行の明細

明細としてはこんな感じ。
201501eb09010133056u_pdf(5_8ページ)
今年は、例年移行しているメインカードであるANAカード(正確にはANA VISA スーパーフライヤーズゴールドカード)のプレミアム・ボーナスポイント、Gポイントに加えて、嫁のメインカードであるJCB EITカードで取得したOki Dokiポイントも移行した。
これだけ移行すると「25%増量」という部分はかなり強烈で、1万ポイントほど違ってくる。

ただ、僕がメインで貯めているポイントはあくまでもANAマイル。ドコモポイントはサブという位置付けだが、それでもこれだけ貯まる(ここ数年は家を建てたり子供が生まれたりで、何かとものを買ったためクレカ利用額が多いせいもある)。僕が実践している事は、以下の記事で紹介しているので、よろしければご覧いただけたら。

また、妻のメインカードであるJCB EITカードについては以下の記事で紹介している。

このカードも事前の設定は必要だが、年会費無料で比較的ポイント還元率が高いカードだ。

ドコモポイントを貯めるメリット

このポイントを使って僕はスマートフォンを購入する。
今のスマートフォンはiPhoneに限らずどれも高額で、10万円近くするものも珍しく無い。しかし、これだけポイントがあれば一括0円で購入するのも夢ではないし、今年も発売するであろうiPhone(iPhone 6s?)の購入で使用する事になりそうだ。

ちなみに、ドコモポイントはau・SoftBankなどのポイントと違い、ポイントは税抜価格へ適用される事が昨年iPhone 6購入時にわかった。他社は税込価格への適用なので(少なくともauは間違いない)、同じポイント数でも消費税分価値が高いことなる。

ドコモポイントからさらに他社への移行は難しいため、ドコモユーザーでなければメリットは少ないが、これは大きなアドバンテージだと思う。

終わりに

というわけで、今年のiPhoneを購入する準備は整った。
来年のiPhoneに向けて、今年もせこせこポイントを貯めて、また8月頃に例年通り「ドコモポイント25%増量キャンペーン」が開始すれば、そのタイミングでドカンと移行しようと思う。

docomoユーザーなら必携!dカードの申込はこちらから

  • 年会費無料でとりあえず持つならdカード
  • dカード
  • ポイントの還元率が10%となり一番お得なdカードゴールド
  • dカード GOLD

dポイント(旧:ドコモポイント)の関連記事

SPONSORED LINK