Apple Watchの必須アクセサリは充電スタンド。その必要性とお勧め理由

Apple Watchを使い始めて1週間弱が経過した。
アプリ周りはまだそれほど使っていないのだが、アクセサリのことを考えるようになった。

Apple Watchのアクセサリとしては現状iPhoneと同じように、ケース・フィルムなどが多く発売されている。近い将来の売却を考えるならこれらを使うのも必要だろうが、腕時計である以上これらのアクセサリは「邪魔」以外の何物でも無いため、僕は正直興味がない。

が、どうしても必要と感じたアクセサリがある。それは充電時のスタンド(Dock)だ。

充電が煩雑なApple Watch

DSCF0986
Apple Watchの充電は独自のマグネット式充電ケーブルを使う。
IMG_6945
本体の裏側に、聴診器のような形の充電器を取り付けるわけだが、決して強力な磁石ではないため、動かすと充電が止まったりする。

また、これは僕が使っているバンドであるミラネーゼループ特有かもしれないが、バンドの磁石が強力ですぐに他のとこに引っ付いてしまうため、充電ケーブルの取り付けがちょっと面倒だ。

充電は基本的に毎日必要

Apple Watchは1日半程度なら充電無しでもギリギリ持つが、やはり毎日充電が必要となる。

となると、充電ケーブルを机の上とかに据え置きにしたくなるのだが、案外大きい。寝室ならまあ良いかと思うが、僕は家に帰ったら時計を外してしまうので、充電器の設置場所は理想は玄関、現実的にはリビングとなる。

しかし、僕は子供のいたずら対策でつい最近、充電ケーブルを出しっぱなしにするというのをやめたばかり。

とりあえずしばらくはApple Watchだけ例外にすることとした。

Apple Watchを充電するスタンド(Dock)が欲しい

IMG_6947 IMG_6948

結果、現在はこんな感じでさりげなく充電ケーブルを配備、って状態になっているが、まあ見栄えは良くない。

やはりスタンド(Dock)が欲しくなってくる。
そう思って探すとあるんですね。iPhone向けとしてはすっかり廃れてしまったDockだが、Apple Watch向けは色々あるようだ。というわけで、購入することに。

終わりに

購入したのはiPhoneアクセサリのお気に入りメーカーで、今までケースやフィルムのレビューを散々やってきている、Spigen SGPさんが販売する「Apple Watch アルミニウム製 スタンド S330」というもの。

入手したらまたレビューしようと思う。

SPONSORED LINK