iOS 9とiPadは期待大!「Split View」などマルチタスク機能の大幅強化でiPadの位置付けは変わるか

昨日行われたWWDC2015基調講演で、次期iOS「iOS 9」が発表された。

ここ数年大規模アップデートが続いていた為か、今回はブラッシュアップに力を入れていると思われ、アップデート内容としては地味なものが多かったが、唯一大規模アップデートと言えるのが「iPad向けの機能強化」。その中でもさらに言えばマルチタスク機能の強化だ。

僕は昨年iPad Air 2(SIMフリー)を購入して使用しており、概ね満足はしているものの、不満もあった。その不満の多くがiOS 9では解消されそうで、個人的には期待大のアップデート。その内容などを紹介してみる。

書籍の閲覧を除いてデカい「iPhone」としてしか使えないiPad

iPad Air 2を購入して8ヶ月程経つが、iPadを使って一番便利なのは何かがハッキリしてきた。それは書籍の閲覧だ。
僕はdマガジンというサービスを利用しているし、書籍も最近はKindlで買うことが多い。何故かと言えば、そもそも場所をとらないし、安いということもあるが、iPadでみると圧倒的に快適だから。

ただ、逆に言えばそれ以外の事はiPhoneの方がやはり早いし、快適と感じる。
特にアプリについては、iPad向けアプリというのが多数存在するが、広い表示領域を持て余している印象が強く、操作性はiPhone版の方が優れていると感じるものが多い。なので、ユニバーサルアプリ(iPhone・iPadの双方に対応したアプリ)であれば、iPhone版を使おうと感じてしまう。

そして、一番致命的なのがマルチウィンドウに非対応である事と、ソフトウェアキーボードにしても、外付けキーボードにしても、「使いにくい」という事。特にブログなんかを書く場合、参考にする記事を見ながらなんて事は多い。iPadではそれが出来ない。

その為、無いよりはいいという程度で、本気で作業するならMacかPCに切り替えざるを得なかった。さらに言えば、単純に文字入力だけであれば、iPhoneでフリック入力した方が早いという逆転現象も発生する。

結果、iPadは「デカいiPhone」として、コンテンツを消費するデバイスとなってしまっている。

それが、iOS 9ではかなり変わる。

iPadとiOS 9でマルチタスク機能が大幅に強化

Apple_-_Live_-_June_2015_Special_Event
iPad向けの機能強化は、複数のアプリケーションを同時に起動するというアプローチがとられている。機能としては大きく分けたら3つ。

「Slide Over」アプリの横にiPhone画面の横幅サイズで他のアプリを表示させる機能

スクリーンショット_061015_060655_PM
まずは「Slide Over」という機能。

これは、iPadで今使っているアプリの横に、iPhone画面の横幅サイズで他のアプリを表示させる機能。実際出来るかどうかまでは分からないが、例えばTwitterクライアントはiPhoneのみ対応しているというものが多いため、Safariの横にiPhoneで使っている、Twitterクライアントを表示なんて事が出来ればかなり便利だなと思う。

これは、iPad Air、Air 2、Mini 2、Mini 3に対応するそうだ。

「Picture in Picture」動画配信アプリの映像を小画面化して任意の場所に配置する機能

スクリーンショット_061015_060739_PM
2つ目は「Picture in Picture」。

動画を画面内の任意の場所に配置出来るというもの。これ、PCでも最近はよく見る機能だ。動画をよく見る人にはとても便利な機能だと思う。気になるのは、アプリ側でどの程度対応が必要かってところだろうか。

「Split View」2つのアプリを同時に使う機能

スクリーンショット_061015_060717_PM
そして最後にして目玉と言えるのが「Split View」。

これこそまさにiPadに今まで足りなかったもので、2つのアプリを同時に立ち上げて操作が可能になるというもの。ブラウザを立ち上げながら、メモアプリでメモを取るみたいな事が実現される。ちなみに「OS X El Capitan」でも同様の機能が提供される。

対応するのはiPad Air 2のみとなるそうだが、これはものすごく期待したい機能だ。
※対応機種が少ないのは、恐らくRAMの問題なんだと思う(iPad Air 2だけ2GB)

終わりに

特に「Split View」については、待望の機能と言え、これの使い勝手次第でiPadは画面がデカいこと以外に、大きな特徴を持つ事になる。本気で作業するなら、タブレットではもの足りなくてMacかPCを使うって流れも変わるかもしれない。

これはiPhoneとの差別化にも繋がるし、iPhoneよりも遙かに製品寿命の長いiPadの買い替えを促進する事にもなるかもしれない。次期iPad(Air 3とmini 4?)を買おうと考える人も増えそうだ。

改めて昨年iPad Air 2買って良かったなぁと思ったが、さらにiPadで作業するためにどうしても欲しくなるのはキーボード。今も使っているのだが、ここまで強化してきたらやはりApple純正品として出してくれないかなと思ってしまう。Surfaceの「Type Cover」のように。

MacBookに搭載した「バタフライ構造のキーボード」。あれを採用した、外付けキーボード出してくれないかなぁ、、、

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK