倉敷駅北口の隠れ家ラーメン店「月のうつわ」ー住宅街の一角に佇む、民家の座敷でいただく中華そば

JR倉敷駅北口と言えば、古くはチボリ公園、今はアリオ倉敷と三井アウトレットがあるように、大きな箱物はあるものの、基本的には幹線道路と住宅街が並ぶ郊外のような地域。
なので、美観地区などがある南口と比べたら随分雰囲気が違う。

僕はこのエリアに住んでいるわけだが、1年ほど前から、気になるラーメン屋さんがあった。
見た目は民家にしか見えないのに、「中華そば」さんの看板が立ち、営業時間も週2日程度、しかも日中のみというお店。
気になりつつ、何となくハードルも高くて足を運ぶに至らなかったのだが、少し前に行ってみたので紹介してみる。

なかなか珍しいラーメン屋さんだ。

お店の外観

IMG_6735
JR倉敷駅北口を出て徒歩10分程度。
住宅街の一角に突如として「中華そば」の看板が現れる。これが目を引くのだ。

どうみても普通の民家にしか見えないw

お店は駐車場も用意されているが、ちょっと分かりづらいので、徒歩で行く方が無難かもしれない。

IMG_6736
これが門。これも民家っぽいですよね。

IMG_6737
門をくぐると、玄関がある。
ちなみに営業日数は徐々に延長されて、現在(2015年7月時点)では、

営業時間:11時~17時
定休日:火曜、水曜

となっている。なので、週末のランチタイムとかで行くことは可能。

民家にしか見えない「月のうつわ」に入ってみた

IMG_6754
玄関をくぐり、靴を脱ぐといかにもな置物。
ここは、民宿とかですかって思わずにはいられないw

IMG_6747
恐らく本当に民家を改装したのだろう。店内も思いっきり、座敷って感じ。
大体20畳くらいの座敷が客席となっており、通常は15人くらいが入れるようだ。

IMG_6739
机も思いっきり、和の佇まい。
ここがラーメン屋さんとはとても思えない。

IMG_6738
しかしメニューは思いっきりラーメン。
黄金そば、香味そば、中華そば、塩そば、洒落そばと大きく分けたら、醤油系3種、塩系2種という構成となっている。
ちなみに、今回は注文していないが唐揚げみたいなベタなサイドメニューもあった。

値段は750円~という感じで、このエリアのラーメンとしてはちょっと高い。
が、普通とはちょっと違った雰囲気を楽しめるという意味では、それほど高いとは感じない。

「月のうつわ」の黄金そばを食らう

今回僕と妻と僕の母親3名で行ったので、とりあえずバラバラに頼んでみた。
IMG_6742
これが一番ベーシックなメニューと思われる、黄金そば。
かまぼこがある、昔ながらのラーメンって感じだ。

IMG_6744
これは香味そば。パッと見た感じでは黄金そばと区別が付かない。

IMG_6743
これは塩そば。具はどれも基本的に同じのようだ。

IMG_6745
麺は普通の太さ。
僕が食べたのは黄金そばで、他の2種類も1口くらい食べたのだが、どれも非常に上品な味。
好みでは「香味そば」が一番美味しかったかも。

メンマやチャーシューも手がかかっている感じで、丁寧に作られている印象は強い。
だが、逆に言えば特筆するほどの特徴は感じなかった。

座敷に座っていただくラーメンというのが非常に変わっているため、雰囲気込みでいただくラーメンという感じだ。
実際、この雰囲気が珍しいのか写真を撮っているお客さんが非常に多かったのが特徴だ。

IMG_6749
ちょっと驚いたのが、食後のデザートが出てきたこと。

IMG_6750
IMG_6751
冷やした杏だった。
美味しかったし、ちょっと粋な心遣いって感じですね。
750円というのは普通のラーメンとしてはちょっと高いが、こういうの込みで考えたら決して高くはないと思う。

終わりに

最近古民家を改装したようなお店が多いが、「月のうつわ」もその一種と言えるかもしれない。とにかく「座敷で食べるラーメン」というのが新鮮。あるようであまり無かったお店だと思う。

岡山倉敷エリアにお住まいの方は、1度足を運んでみてはどうだろうか。
ちなみに、営業時間が短いのはお店側の問題のようで、徐々に拡大していく方向のようだ。
また、メニューを見る限り、場所借りをしたり、宴会とかも出来るとか。

なお、美味しく料理を食べて欲しいため、敷地内完全禁煙らしい。
愛煙家の方はご注意を。

店舗情報

店舗名 月のうつわ
住所 岡山県倉敷市日ノ出町2-2-46
電話番号 086-424-2929
営業時間 11:00~17:00
定休日 火曜日、水曜日

SPONSORED LINK