iPhone 6sでLTE対応はどう変わる?注目ポイントはバンド21(1.5GHz帯)とdocomoの動き

今年も次期iPhone(恐らくiPhone 6s/6s Plusになると予想)の話題で盛り上がる時期がやってきた。

スペックの向上は当然として、カラーバリエーションの追加(ローズゴールド)、感圧タッチ(Force Touch)の採用などが噂になっているが、iPhone 6sで僕が注目している事を紹介しようと思う。

それは、LTEの対応バンド。特にバンド21(1.5GHz帯)の扱いだ。
これの対応有無で、Appleとdocomoの関係すら見えてくる気がする。

iPhone 6/6 PlusにおけるLTE対応バンド(周波数)

現在日本国内で販売されているiPhoneは、iPhone 5s以降日本向けモデルとなっている。このため、販売するキャリア(docomo・au・SoftBank)は異なっても、製品としては同じものだ(iPadは全世界で共通モデル)。

ちなみにiPhone 6/6 PlusにおけるLTEの対応バンドは以下のようになっている。

| キャリア | FDD-LTE | TD-LTE |
| ——– | ————————- | ———————- |
| docomo | Band 1 (2,100MHz) | |
| docomo | Band 3 (1,800MHz、東名阪) | |
| docomo | Band 19 (800MHz) | |
| docomo | Band 28 (700MHz) | |
| au | Band 1 (2,100MHz) | |
| au | Band 18 (800MHz) | |
| au | Band 26 (800MHz) | |
| au | Band 28 (700MHz) | |
| au | | Band 41 (UQ WiMAX 2+) |
| SoftBank | Band 1 (2,100MHz) | |
| SoftBank | Band 3 (1,800MHz) | |
| SoftBank | Band 8 (900MHz) | |
| SoftBank | Band 28 (700MHz) | |
| SoftBank | | Band 41 (WCP AXGP) |
細かい周波数の話は分からない人も多いと思うが(僕も技術仕様などは詳しくない)、国内の全キャリアにバランス良く対応している事くらいは読み取れるのではないかと思う。

実際、au・SoftBankに関してはほぼフルスペックで対応していると言っても良い状態だ。ただ、docomoだけはちょっと事情が異なる。

主に地方都市を中心に整備している、LTEバンド21(1.5GHz帯)に対応していないのだ。

docomoが整備しているLTEバンド21(1.5GHz帯)とは

LTEバンド21(1.5GHz帯)は、docomoが主に地方都市で高速化の為に整備している周波数。

この帯域は、日本独自かつdocomoしか使っていないため、対応端末はdocomo端末に限られるという、まさにガラパゴスとも言えるもの。

ただ、独自な分帯域は比較的空いていると言われていて、通信速度向上の為には重要な意味を持っている。

キャリアアグリゲーション(LTE-Advanced)との関係

昨年からauが積極的に訴求し始めよく聞くようになった、複数の周波数を束ねて通信し高速化を実現する技術キャリアアグリゲーション(LTE-Advanced)。

恐らくiPhone 6s/6s Plusでは対応されるだろうが、今のままではdocomoはその強みを活かすことが出来ない。

上記サイトをご覧になればわかるが、docomoが言うPREMIUM 4G(キャリアアグリゲーション)は、

  • Band 1 + Band 3
  • Band 21 + Band 1
  • Band 1 + Band 19

の3種類で、Band 3は東名阪のみ、Band 21は非対応となると、組み合わせは実質的に1つしか残らず、しかもユーザーが多いiOS機器がこの帯域に集中する事となる。

これでは高速化の恩恵があまり受けられない。docomoは「PREMIUM 4G」とか「フルLTE」とか色んな表現で速いことをアピールしているが、実はiOSには該当しないのだ。

それだけなら、iOSは積極的に売らず、docomoが本来売りたいAndroidで訴求すればいいじゃないかと思うかもしれない。だが、そうも行かない事情がある。

LTE通信速度の広告表示は実測値の併記が義務化

2015年冬からLTE通信速度の広告表示は理論値だけでなく、実測値の併記が総務省の指導で義務化されるという動きがある。

これで困るのは間違いなくdocomo。
元々ユーザー数が多く、3G(FOMA)でW-CDMAという世界的に主流の技術を使っている関係上、ある程度帯域を残さなければならないdocomoは、実測値はただでさえ遅くなる傾向にある(逆にCDMA2000という世界的にはマイナーな3G技術を使うauは、本音では早くやめたいためどんどん3Gの帯域を少なくしている)。

他社はキャリアアグリゲーションやdocomoにないTD-LTE(WiMAX 2+、AXGP)を活用して、実測値も高速とアピールするのは目に見えている。この時一番比較対象になる端末は、全キャリアで販売されており利用者も多いiPhoneとXperiaになるのは明らかで、今のままではdocomoは明らかに不利。

auやSoftBankと比較して、iOS端末で実測値を比較すると、docomoの1人負けという状況が目に見えている。

10Mbpsと50Mbpsくらい実測値で差があったとして、普通にWEBを見たりする分には感覚的には変わらない。それでも、「遅い」というイメージがつく事態は、docomoとしては何としても避けたいはずだ。

終わりに

docomoがiPhoneを発売して9月で2年になる。
と言うことは、一番最初にdocomo版iPhoneを購入したユーザーが2年契約を満了してくるわけで、不満を持っているユーザーは再び他社に移る可能性がある。

iPhoneという製品を巡って、真の意味での三つどもえの戦いが9月から始まるので、ここできっちり機種変更してもらわなければ、再びdocomoが草刈り場となってしまう。

その為にはバンド21(1.5GHz帯)に何としても対応して欲しいはずで、これの対応有無でAppleと日本のキャリアの関係が見えたりするかもしれない。

対応すればAppleとdocomoはかなり蜜月の関係になっていると言え、ここは注目ポイントだと僕は思う。

SPONSORED LINK