倉敷一番街「Hanabi 塩ラーメン」−こだわりの源湯スープが魅力のおしゃれなラーメン店

JR倉敷駅前には「一番街」というちょっと古い商店街がある。
ここは地方でありがちなシャッター街だったのだが、ここ数年アーケードを撤去したりして、新しいお店が増え始めている。
先日そこを通っていたら、気になるお店を見つけたので行ってみることにした。

「Hanabi 塩ラーメン」という、見ての通り塩ラーメンを提供するお店だ。

お店の外観と店内の様子

IMG_7517
倉敷一番街は比較的古い建物が多いため、小洒落た入り口が凄く目を引く。

IMG_7518
2015年7月1日に塩ラーメン店としてリニューアルしたばかりのようだ。
ちなみに、それまでは中華料理を提供していたとか。道理で知らなかったわけだ。

IMG_7521
IMG_7520
店内もおしゃれな作りとなっていた。
5人ほど座れるカウンター席と、テーブルが2つ用意されている。
僕が行ったのは平日のランチタイムで少し遅い時間だったため、店内にお客さんはいなかった。

IMG_7522
※ぶれた写真ですみません、、、
メニューは塩ラーメンのみ。
トッピングには煮卵やチャーシューなどもあり、ご飯もある。
今回は塩ラーメンを単品で注文した(780円)。

源湯スープの塩ラーメンを食らう

注文すると10分ほどでラーメンが運ばれてきた。
ちなみにこの間にチャーシューを焼いている音もして、中々期待をさせてくれた。

IMG_7523
そして、到着した塩ラーメンはこれ。
凄くおしゃれな感じなのだが、ちょっと物足りない雰囲気、、、

IMG_7524
ここの塩ラーメンの売りは源湯スープ。
聞いたことがあるようなないようなスープだが、飲んでみるとあっ、なるほどと思う味。
凄く飲みやすい味。

IMG_7525
そしてこだわりの1つがオーダーを受けてから焼いていた、岡山県産啠多豚チャーシュー。
これが中々美味しかった。

IMG_7526
IMG_7527
麺は北海道産小麦100%の極細麺。塩ラーメンはやっぱり細麺がいい。

塩ラーメンと言うことであっさりした味かと思っていたが、食べていくうちに案外パンチがあるなと感じて来た。
スープが少し脂っこい感じなのだ。ここは好みが分かれるところかもしれない。

終わりに

今回僕は平日のランチタイムに1人で訪れた。
正直、サラリーマンがランチタイムに行くラーメン屋という感じではなく、週末にデートとかでラーメンを食べる時の方が向いているかなと感じた。

倉敷駅周辺はラーメン屋はそれなりの数が存在するが、こだわりの1杯ですって感じのお店は少ない。
このお店はラーメンはもちろん、お店の雰囲気含めてゆっくりと味わう方が向いているように思う。

ちょっと変わったラーメン屋さんを探しているなら、お勧めのお店だと思う。

店舗情報

店舗名 Hanabi 塩ラーメン
住所 岡山県倉敷市阿知3-8-2 リトルグラン 1F
電話番号 086-425-6520
営業時間 11:30~14:00、18:00~23:30 ※スープが無くなり次第終了
定休日 日曜日+不定休

SPONSORED LINK