iPad+キーボードでの日本語入力(IME)と操作に対する不満。iOS 9で期待したい改善ポイントとは

DSCF2197.jpg

iPadを使っていて不満を感じることがないだろうか。
元々タブレットをあまり使っていなかった僕も、iPad Air 2のSIMフリー版を買ってからはそれなりに使うようになった。

ただ、iPad購入にあたり期待していて、使ってみて一番ガッカリしたことがある。それは、文字入力が不便だということ。これはもう想定と真逆の印象を持つ事になった。

iPadはアウトプット端末としては中途半端

色々意見はあると思うが、もうそろそろ言い切ってもいいんじゃないかと思っている。

iPadはアウトプットには使えない

問題点は3つある。

  • アウトプットを加速するためにキーボードが必要だが、最適なキーボードがない
  • キーボード操作でできることが少ない
  • iOSのIMEがキーボード入力には適さない

大体この辺りに集約されるんじゃないかと思う。

iPadに最適なキーボードがない

iPadとBluetoothキーボードを接続して、PCスタイルでiPadを使う人は結構多い。実際、そのようなケースは多く販売されている。僕もキーボードは使っている。

だが、Appleは未だにiPad用の純正キーボードや一体型ケースは発売していない。これはつまり、Appleとしてはあまり推奨していない使い方だということだ。じゃあ、どうして欲しいのかと言えばソフトウェアキーボードを使って欲しいという事なのだろう。

ただ、このソフトウェアキーボードは非常に使い勝手が悪い。というか、根本的な問題として画面の半分近くを埋め尽くしてしまうし、検索キーワード程度ならともかく、長文を打つには画面の角度的にも非常に使いづらい。

IMG 0031

これが日本語入力となるとさらに面倒に感じる。結果、iPadでも一応使えるフリック入力を使おうとするわけだが、iPhoneでの操作に最適化されているフリック入力はiPadでは使いづらい。

IMG 0032

左右に画面が分かれているのは一見便利そうだが、使ってみると全く便利とは感じなかった。
iPadの文字入力って案外不便なのだ。そのせいか、こういう事を言う人が結構いる。

日本語入力なら、iPad+キーボードより、iPhone+フリック入力の方が早い

いやいや、キーボードの方が断然早いでしょと思っていたが、実際やってみて実感。僕もこの結論に至った。

キーボード操作できることが少ない

以降はiOSの話であり、iPadに限った問題ではないのだが、キーボードとセットで使うシーンがiPadの方が多いためクローズアップされている問題。

キーボードで操作したいのは何も文字入力だけではない。
だが、iOSにおけるキーボードは、あくまでも文字入力しかできないという、極めて限定的な用途となる。基本的に文字入力以外で使えるのはコピー&ペーストのショートカットキー程度。あとはキーボードの機能として、ホームボタンに該当するキーが用意されていたりする。

アプリの切替や、メールアプリであれば送信処理や表示するメールの切換くらいキーボードで操作したくなるが、これが出来ない。いちいち画面を触る必要があるため、「文字を入力する」という本来の作業に集中出来ないのだ。

タブレットなのでPCと全く同じであることまでは求めていないが、せめてもうちょっとできる事が増えないものか、とは思ってしまうのだ。結果、タブレットで作業するのは物足りないという結論に至る。

iOSのIMEがキーボード入力には適さない

これは日本語など「変換」が必要になる言語特有の問題だが、PC向けのIMEとモバイル向けのIMEは思想が随分異なる。

PCは直接変換を、モバイルは予測変換を重視する。iOSは当然モバイル向けのOSなので、予測変換が表示されるのだが、これがキーボード入力では非常にうっとうしく感じる。これが良いという人もいるかもしれないが、違和感の方が強い。

IMG 0030

また、候補の見せ方もタッチを前提としたような表示。PCだとやっぱり候補は縦に展開して欲しいんですよね。

終わりに

iPadを本格的に使い始めて9ヶ月程になるが、現在はアウトプットに使う事はほぼ無くなってしまった。一番期待していたのはブログのドラフト作成だが、これならiPhone+フリック入力の方が利便性が高く、そちらにシフトしてしまった。

それが変わる可能性があるのがiOS 9なのだが、これも正直どこまで期待できるのかなと思っている。注目はやはりキーボードの扱い。

現時点での評価はこんな感じだが、この印象が今年はガラッと変わる可能性がある。特に噂になっているiPad ProがSurafceみたいな位置付けで出たらこれはかなりワクワクする。

そんな期待も込めて、現時点での評価を紹介してみた。

SPONSORED LINK

参考サイトと管理人チーがお勧めする関連記事

SPONSORED LINK