iPhone 6sで搭載と噂の感圧タッチ(Force Touch)とは。活用の可能性を考察する

kanatu2.jpg

次期iPhone(iPhone 6s/6s Plus)のハード面の新機能として噂になっているのが、感圧タッチ(Force Touch)ディスプレイの搭載。

感圧タッチ(Force Touch)は今年のApple製品のトレンドの1つといえ、既にApple WatchのディスプレイやMacBook・MacBook Proのトラックパッドに搭載されている。

これがiPhoneにも搭載されるという噂なのだが、搭載されたとしてどんなメリットがあるのかを考えてみる。

感圧タッチ(Force Touch)とは

現在スマートフォンなど多くの製品に搭載されているタッチパネルは、指を触れたりなぞったりする動作に対応している。

これに加えて「圧力」も検知可能となるのが、感圧タッチ(Force Touch)という技術だ。
僕は対応製品としてApple Watchを持っていて既に使った事はあるのだが、これはなかなか面白い技術だ。ディスプレイをグッと押し込む事で、あたかも何かを押し込んだような感触があり、通常のタッチとは異なる動きをする。

Apple Watchは時計のデザインを変更する場合など、様々な場面で採用されているが、やはり一番活かされるのはより大きなディスプレイを搭載した、iPhoneやiPadだろう。

iPhone・iPadで感圧タッチ(Force Touch)が搭載されるメリットは

既にいくつかの情報は出回っている。

噂になっているのはアプリ内の特定機能を起動するショートカットとして使う事だ。

ショートカット機能としての活用

例えばメールアプリを強く押したら新規メール作成画面が開くとか、あれば便利そうだ。

iOSはOSやアプリ全体として統一的な操作体系が導入されており、ショートカット系のアプリ独自機能はどうしても弱い。一応URLスキームと呼ばれるアプリ起動のショートカットコードがあり、主にランチャーアプリなどで利用する事が多いが、正直一般的とは言えないし利用のハードルは高い。

また、特に設定画面への導線が弱く、iOS 7から導入されたコントロールセンター(画面下部からスワイプすると起動する画面)で少し改善されたが、カスタマイズが一切できないため(例えばおやすみモードを使わない人には表示させないとかの制御はできない)、無いよりは良いが利便性が高いとは言えなかった。

感圧タッチのショートカットは隠し機能に近いものになるだろうが、それでもヘビーユーザーであればあるほどメリットは大きいので期待大だ。

ただ、誤動作と思う人も増えそうなので、諸刃の剣となる可能性もある。

文字入力が便利になる可能性

もう1つが文字入力で活用される可能性。

これは特にiPadで言える話だが、ソフトウェアキーボードで文字入力する場合、現状はちょっとでもキーに触れてしまうと文字が入力されてしまう。

ちょっと文章を考えたりする時にキーボードに手を置いて思案することは多いと思うが、これが案外邪魔に感じて使いづらい。感圧タッチでキー入力に一定の力が加わった場合のみ文字が入力されたら、ソフトウェアキーボードの利便性が上がる気もする。

ただ、この辺りはどの程度の感度を有効とするかの判定が難しく、人によって求めるものが違いそうなので、案外難しい気もする。

終わりに

この記事を書いていて思ったが、正直感圧タッチ(Force Touch)が導入されることで、「めっちゃ便利!」って感じる事は少ない気もする。個別のアプリで何処まで使えるか次第だが、ゲームはかなり活かすシーンがある気がしますけどね、、、

ただ、マルチタッチディスプレイでできる事はほぼ出尽くした感もあり、「圧力」という操作によって、スマートフォンの新たな魅力が見つかる可能性はある。こういうものを一番に採用するのはAppleが多いため、個人的には期待したいと思っている。

SPONSORED LINK