手帳型・ウォレット型iPhoneケースが人気。人気の理由とメリットを考える

case.jpg

iPhone 6sの発表が2015年9月9日(日本時間9月10日)に決まった。

いつものように噂は飛び交っているし、ここ数年の傾向からすれば大半は真実なんだと思っているが、実は本体以外の部分で気になっているのが、Appleが販売するアクセサリ。

特にiPhone 6/6 Plusで画面サイズが大きくなったこともあり、ここ1年でケースのトレンドが随分変わったように思うのだ。

スマートフォンのケースと言えば画面はむき出しが標準形

iPhoneに限らずスマートフォンアクセサリの代表格はケース。
スマートフォンは製品の性質上、四角い板のような形状である事はどのメーカーでも同じなので、形状で差別化する事は非常に難しい。なので、本体保護だけでなく個性を表現する1つの手段としてケースを付ける人は非常に多い。

で、そのケースはほとんどが背面と側面をカバーするタイプ。
画面については使いやすさも重視しカバーしないものが多い。AppleはiPadには「Smart Case」という全体をカバーするケースを発売しているが、

iPhone 5sから登場したApple純正iPhoneケースは画面はカバーしないタイプとなっている。僕は5s時代からこのケースを愛用しているのだが、最近は明らかに画面も保護するいわゆる「手帳型、ウォレット型」と呼ばれるケースを使う人が増えている。

手帳型・ウォレット型のケースが増えた理由

今までもこのタイプのケースを使う人は一定数いた。僕の印象的には女性が非常に多かったと思う。

何故かと言えば恐らくバッグの中に入れて、スマホを持ち歩くからなんだと思う。逆に男性は私服でもスーツでもポケットに入れる人が多いので、少しでも薄いケースを好む傾向があった。

ただ、iPhone 6から画面が大きくなり、ポケットに入れづらくなった。僕はiPhone 6を使っているが、やはりiPhone 5sの頃と比べたら明らかに収まりは悪い。カバンに入れている事も結構ある。さらにiPhone 6 Plusだったらもう無理と割り切るだろう。

要するに男性でもカバンに入れて持ち歩く人が増えたのだと思う。
あと、手帳型・ウォレット型の特徴はSuicaやクレジットカードを入れられる事だと思うが、これって案外理にかなってるんですよね。ランチタイムにコンビニや近くの飲食店に行くって場合、財布と携帯だけ持っていくことは多い。

そういう時、カードが使えるなら携帯だけ持っていけばいい。これってまさにおサイフケータイやApple Walletの目指している世界じゃないかってツッコミが聞こえそうだが、現実にはプラスチックカードの汎用性には全く及ばない。
この利便性は大きいと思うんですよね。

あとは、iPhone 6から側面がラウンド加工となり、液晶保護フィルム・ガラスが非常に使いづらくなった(貼り付けるのも難しいし、貼った後もあまり見栄えが良くない)。

結果、何も付けないって選択をする人も増えているようで、だったら画面も保護してくれるケースがいい、って流れになっているんだと思う。

終わりに

というわけで、iPhone 6sを購入したら次は手帳型・ウォレット型のケースを使おうと思っている。既にサードパーティー製は多く存在するため、その中から選択する事になるとは思うが、今気になってるのはJOGGOというサイトで販売しているケース。



なのだが、今回はAppleもこういうタイプのケースを出すんじゃないかって気がしていて、アクセサリに対するAppleのアプローチがどのようになるかを少し注目している。

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK