Spigen SGP「iPhone 6/6s用ケース タフ・アーマー」レビュー。2重構造で耐衝撃性能の高い定番ケース【PR】

DSC00286.jpg

iPhone 6sケースとして、Spigen SGP社から「タフ・アーマー」のレビュー依頼をいただいたので紹介しようと思う。

今回のレビューはiPhone 6s用だが、iPhone 6にも対応しているし、iPhone 6s Plus用も展開されている。

この記事はメーカーより商品を提供いただいた記事広告です。
当サイトのポリシーはリンク先をご覧ください

Spigen SGP社「タフ・アーマー」の特徴

iPhone 5の頃から登場した、アーマーシリーズ の定番モデルと言えるモノで、2年ほどの歴史があるケースだ。

最大の特徴は落下など耐衝撃性能の高さ。コーナー箇所(内側)のSpigen独自技術によるエアクッション(空気の層)とケース内側の網状パターンにより、落下時の衝撃を吸収する。さらに、TPU素材のハードカバーを併用した二層構造(デュアルレイヤー構造)となっている。

iPhone 6s向けとしてはさらにMIL-STD 810G-516.6規格に則り、米軍軍事規格を取得している模様。要するにさらに防御力は高まったようだ。

ただ、この事には代償もある。その分しっかりした作りとなり、若干分厚いため ゴツい という印象が強い。

開封レポート

DSC00286
簡単に開封レポートを。iPhone 6s世代からSpigen SGP社のケースは簡易梱包となったが、こちらも同様。

DSC00287
中身もケース本体と正規品を表すシリアルナンバーのみ。

DSC00288
このようにシリコンのような手触りのケースと、TPU素材のハードカバーがセットとなっている。

装着してみての感想

DSC00289
手持ちのiPhone 6(シルバー)に装着してみた。ちなみに、ケースのからーはガンメタルなので、どちらかと言えばスペースグレイにマッチするケースになる。

DSC00294
裏側からみるとAppleロゴがばっちり切り抜かれた感じとなる。ロゴが見えるというのは、Appleファンにとっては重要なポイントだ。これも歴代タフ・アーマーシリーズ共通の仕様。

DSC00291
左側面より。
ボリュームボタンはケースで覆われる。ミュートスイッチだけはむき出しの状態となる。

DSC00290
下部より。
イヤフォンジャックやLightningポートはわりとピッタリという感じ。この為、サード-パーティー製のLightningケーブルを使用している場合は、刺さるかどうか可能なら事前にチェックしておいた方が良いかと思う。

DSC00293
右側面より。
スリープボタンはケースで覆われるが、押しにくい事は全く無いし、ちょっと角張ったデザインが綺麗にマッチしている。

終わりに

タフ・アーマーシリーズはiPhone 5s時代からレビューをきっかけに使用したことがあるのだが、正直あまり好きなタイプのケースではなかった。何故かと言えば、やはり ゴツい というのが僕の好みではなかったからだ。

だが、iPhone 6以降はこの印象がちょっと変わった。iPhone 6はiPhone 5sと比較すると薄く・軽くなった事、側面などが全体的に丸みを帯びたデザインになった事が特徴だが、その分恐ろしく滑りやすくなった。

とても裸で持とうという気にならない。で、タフ・アーマーを付けると、グリップ製が大きく増し、とても持ちやすく安心して使えるようになる。もちろん、落としても安心な 防御力の高さ も魅力だが、それ以上に使い勝手が良くなることがこのケースの魅力だと思う。

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK