Spigen SGP「iPhone 6/6s用ケース ラギッドカプセル」レビュー。シンプルな構造で男性にお勧めのケース【PR】

iPhone 6sケースとして、Spigen SGP社から「ラギッドカプセル」のレビュー依頼をいただいたので紹介しようと思う。

今回のレビューはiPhone 6s用だが、iPhone 6にも対応しているし、iPhone 6s Plus用も展開されている。

この記事はメーカーより商品を提供いただいた記事広告です。
当サイトのポリシーはリンク先をご覧ください

Spigen SGP社「ラギッドカプセル」の特徴

Spigen SGP社とは個人的に長年お付き合いさせていただているし、その縁もありケースは今まで沢山レビューしてきた。だが、このケースは初めて聞いたタイプだった。

Spigenのケースはシリコン系素材のケースと、TPU素材のハードカバーを組み合わせたような二重構造のものが多い。だが、今回のは一見二重構造に見えるが、実は普通のシリコンケースとなっている。

耐衝撃性能などはそのままで、とてもシンプルなケースに仕上がっている。
それは値段にも反映されており、2,000円程度とSpigen SGP社のケースとしてはかなり安い。実際僕も使ってみたが、iPhone 6s向けとしていくつかレビューしてきた中で、実は触った感触など使い勝手がよかったのはこのケース。

とても持ちやすいのだ。これは重要なポイントですよね。

開封レポート

DSC00295
簡単に開封レポートを。iPhone 6s世代からSpigen SGP社のケースは簡易梱包となったが、こちらも同様。

DSC00296
中身もケース本体と正規品を表すシリアルナンバーのみ。ケースそのものがとてもシンプルな作りとなっている。

装着してみての感想

DSC00297
iPhone 6(シルバー)に装着してみた。ちなみに、このケースはブラックのみの展開となっている。
この為iPhone 6sに装着する場合、スペースグレイやシルバーはよいが、ゴールドや新色ローズゴールドには余りマッチしないと思う。

DSC00302
裏側はAppleロゴを含めて完全に覆い隠すタイプ。
ものすごく個人的な感想を言えば、ガンダムっぽく無いですかね?w
なのでこういうの僕は好きだ。

DSC00300
左側面より。
ボリュームボタンはケースで覆われる。ミュートスイッチだけはむき出しの状態となる。この辺りはSpigen SGP社製ケースの共通仕様と言えそうだ。

DSC00298
下部より。
イヤフォンジャックやLightningポートは多少余裕があるがそこまで大きなスペースではない。この為、サードパーティー製のLightningケーブルを使用している場合は、刺さるかどうか可能なら事前にチェックしておいた方が良いかと思う。

DSC00301
右側面より。
スリープボタンはケースで覆われるが、押しにくい事は全く無い。

DSC00303
カメラ周り。
個人的にはここがちょっと気に入った。格好いいなと。

終わりに

とてもシンプルな構造のケースなのだが、ちょっと男心をくすぐるようなデザインなのが嬉しい。実際、このケースを女性が持つのはあまり想像できず、恐らく使用者の9割は男性だろう。

だからこそ、このシンプルな構造は結構嬉しい。外しやすい というのは以外と重要なポイントなのだ。特に男性は結構多いんですよね。家ではケースを外して使うなんて言う人が。そういう人にはお勧めできるケースだと思う。

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK