Spigen SGP「iPhone 6/6s用ケース シン・フィット」レビュー。iPhone 6sのデザインを損なわないスリムさが魅力のケース【PR】

iPhone 6sケースとして、Spigen SGP社から「シン・フィット」のレビュー依頼をいただいたので紹介しようと思う。

今回のレビューはiPhone 6s用だが、iPhone 6にも対応しているし、iPhone 6s Plus用も展開されている。

この記事はメーカーより商品を提供いただいた記事広告です。
当サイトのポリシーはリンク先をご覧ください

Spigen SGP社「シン・フィット」の特徴

Spigen SGP社のシン・フィットシリーズは、その名の通りスリムで本体の形状を損なわないことが魅力だ。

iPhone 6s用としてはクリアタイプと、ハイブリッドと名の付く色付きのケースが展開されているようで、後者の方は同社が販売する車載ホルダー「エアー ヴェント」用のプレートを配置する場所が用意されていたりする。

耐衝撃性能もこの手のケースとしては高い方だが、やはり薄くて軽い事が最大の魅力であり、その代償として防御力という意味ではどうしても弱くなる。

開封レポート

DSC00749
簡単に開封レポートを。iPhone 6s世代からSpigen SGP社のケースは簡易梱包となったが、こちらも同様。

DSC00750
DSC00751
中身もケース本体と正規品を表すシリアルナンバーのみ。
下の画像がブラックのシン・フィットだが、こちらのみくぼみがあるのが大きな特徴。これが前述の車載ホルダー「エアー ヴェント」用のプレートを配置する場所だ。

DSC00752
DSC00753
見た目としてはシンプルケース。

DSC00754
DSC00755
ちなみに車載ホルダー「エアー ヴェント」用のプレートはこんな感じで設置する。

装着してみての感想

手持ちのiPhone 6s(ローズゴールド)に装着してみた。今回はクリスタル・クリアとブラックの2種類があるため、それぞれの状態を紹介しようと思う。

シン・フィット クリスタルクリア

DSC00756
正面から見るとケースを付けたことが分からないレベルの薄さ。

DSC00758
裏側から見るとようやくケースが付いているのだなと分かるレベルだ。

DSC00760
DSC00761
右側面と左側面。
ボタン類は全てケース側がくり貫かれた状態となっており、本体のボタンを直接操作できる。

DSC00757
下部より。
Lightningコネクタやイヤフォンジャックはむき出しの状態だ。サードパーティー製のLightningケーブルでも確実に使えるが、その分落とした時は弱そうだ。

シン・フィット ブラック

DSC00763
こちらはブラック。濃い色なのでケースを付けたことは分かるが、本当に薄い。

DSC00767
裏側はAppleロゴ含めて全て隠れてしまう。

DSC00765
DSC00766
DSC00764
ボタンやポート類に対する対応は、クリスタルクリアと同様となっている。

終わりに

シン・フィットは本当にスリムで、iPhone 6/6sの 薄さを損なわないケース である事が最大の特徴だ。

ケースというのはどちらかと言えばゴツくなる傾向が強いが、なるべく着けた感覚が薄くて、本来の質感を重視したいような人にお勧めのケースだと思う。

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK