iPhone 6sの3D Touch(3Dタッチ)の活用法とは。お勧めの使い方はLaunch Center Proのクイックアクションです

IMG_7706.jpg

iPhone 6sを購入してもう少しで1ヶ月が経過する。

Touch IDの進化、処理速度の高速化など地味な進化の多いiPhone 6s/6s Plusだが、ハードウェア的な目玉はやはりMacでいう感圧タッチ、3D Touch(3Dタッチ)ディスプレイだろう。

この手の機能は最初嬉しくなって使うものの、しばらく経ったら使わなくなるというのがよくある話。僕も正直そうなるかなぁと思いながら使っていた。だが、今や無くてはならない機能となった。

いくつかの使い方があるがLaunch Center ProというアプリでQuick Actionに登録するのが特に便利だと思う。3D Touchに対する感想と、Launch Center Proを使ったお勧めの活用法を紹介しようと思う。

3D Touchの使い方

Apple公式サイトでは3D Touchの使い方を大きく3つに分けて紹介している。Peek という弱いプレスと、Pop という強いプレス、そして クイックアクション だ。

正直文章で説明されても分からないだろうし、イメージを掴みたかったらとりあえずは上記公式サイトを見るのがよいかと思う。だが、一番のお勧めはやはり近くの携帯ショップやAppleストアに置いてある実機を触る事なので、気になる方は触ってみて欲しい。

で、イメージは湧くだろうが「何がいいんだっけ?」って思う人が多い気がする。

3D Touchへの期待と使ってみての感想

主にメールアプリやSafariでの利用が想定されるPeekとPopについては、正直あまり使わない と感じている。軽くだろうが強くだろうがタップすることに変わりないのであれば、わざわざ使い分ける必然性を感じないからだ。敢えて言えば、Safariでリンク先を軽く確認するのに便利ってくらい。

一番便利だと感じたのは、文字入力中のカーソル移動だろうか。

IMG_7711.PNG

こんなやつだ。これは便利ですね。

で、僕が元々期待していたのはクイックアクション。これは対象となるアプリを強く押すことで、ショートカット機能がポップアップ表示される機能。

IMG_7712.PNG

発売当初Apple標準のカメラ、メール、メッセージ、Safariくらいしか対応していなかったクイックアクションだが、iOS 9とiPhone 6sの登場からわずか1ヶ月程度で随分対応アプリが増えた。

僕が使っているアプリだと、Evernote・Yahoo!乗換案内・Facebookなどが該当しており、早速試した。だが、無いよりは良いという程度でメリットは強く感じなかった。

3D Touchのクイックアクション(ショートカット)がイマイチだった理由

クイックアクションがイマイチだった理由、それは 手順がたった1つスキップできる程度 だということ。

IMG_7705

例えば僕がよく使うアプリの1つ「Evernote」だと新規ノートを作る、写真を撮影するなどのメニューが表示される。
これらはアプリを起動後に同様のメニューが表示される。要するに、アプリを起動してからボタンを押すか、3D Touchのクイックアクションで1発起動出来るか程度の違いしか無い。無いよりは良いが、無くても困らない という感じ。

さらにいうと、クイックアクションのメニューにも不満がある。
全く使わない機能もあるだろう。順番を変えたいと思う人もいるかもしれない。僕の場合だと、Evernoteアプリで一番上に配置したかったのは「検索」だった。だが、メニューのカスタマイズは順番含めて一切出来ない

ショートカット機能というのは、PC・Macでもそうだがヘビーユーザーがよく使う機能。つまり、ヘビーユーザー故のこだわりが色々あるわけで、それに対応できない地点で、合う合わないがかなりハッキリ出てしまうと感じた。

で、その不満に対応できる方法が1つある。
Launch Center Pro という有名なランチャーアプリの、Quick Actionsを使う事だ

「Launch Center Pro」にQuick Actionsを登録する方法

「Launch Center Pro」はiPhoneユーザーにはわりと有名なランチャーアプリで、僕も結構昔から購入してインストールしていた。だが、使い方が難しいのだ。

アプリ毎のURLスキームなど細かい事を知らないと本当の意味で活用はできない。なので僕は正直深い部分についてはあまり使いこなせていないので、使い方など詳しい解説は以下の記事あたりをご覧いただくのがよいかと思う。

ここで、「Launch Center Pro」にアクションやアプリは登録済みとして、肝心のQuick Actionsの登録方法を紹介しようと思う。

「Launch Center Pro」側の設定

IMG 7706
「Launch Center Pro」にアクションを登録するとこんな感じになっている。
一例のためにここに配置しているが、場所はどこでも構わない。

IMG 7706 2
左上の「設定」ボタンをタップ。

IMG 7707
設定(Setting)画面で、「Quick Actions」をタップ。

IMG 7708
これは設定済みの画面だが、
Quick Actions画面で右上の「+」ボタンをタップ。

IMG_7709.PNG
すると「Launch Center Pro」に、自分が登録したアクションがズラッと表示される。なので、Quick Actionsに登録したいActionを選択する。

追加が終わると前述のQuick Actions画面に戻るので、さらに追加するなら同じ操作を繰り返して、最後に順番を入れ替えたら完了だ。

Launch Center Proのクイックアクションを使う方法

Launch Center Proのクイックアクション(Quick Actions)は、3D Touchディスプレイを搭載したiPhone 6s/6s Plusでしか使用できない。

参考までに僕のiPhoneホーム画面だと、この機能が便利でLaunch Center ProはDockに配置するようになったので、

IMG 7704
こんな感じで配備している。
で、このアイコンをグッと押し込むと、

IMG 7710
こんな感じでQuick Actionsに設定した機能が表示される。見ての通りだが僕は現時点で4つの機能を割り当てていて、

  • Yahoo!乗換案内の起動(時刻表を見るときによく使う)
  • メインのTwitterクライアントfeatherでツイートする時に使うURLスキーム
  • iMessageで妻にメッセージを送る or 届いたメッセージを見る
  • メールアプリの起動

という感じの設定としている。設定内容は人それぞれだがこれ、滅茶苦茶便利!

Launch Center Proのクイックアクションが便利な理由

僕はLaunch Center Proそのものは正直あまり使っていない。どうもマニアック過ぎて、合わないのだ(お前が言うなと言われそうだがw)。

今回晴れてDock入りしたが、今回設定したクイックアクション以外は実質使用していない。だが、それだけでも十分便利だ。便利だと思う理由は以下と考えている。

  • Launch Center Proに登録可能であれば何でも設定可能(アプリそのものが3D Touchに対応している必要が無い)
  • 任意のアプリの任意の機能が設定可能(ただし対象アプリがURLスキームに対応している必要がある)
  • 起動する場所が1箇所に集約される

といった辺りだ。特に3つ目は大きい。
3D Touchの案外ややこしいところは、対象アプリ毎にそもそも対応しているのか、対応しているとして何が出来るのかを把握しておく必要がある。しかも、アプリの場所はホーム画面上様々。正直迷う。

だが、Launch Center Proのクイックアクションなら数は限られるが、とりあえずここを押せば良い という感じで覚えれば良いので楽だ。

終わりに

正直どうかな〜と思いつつ使った3D Touchディスプレイだが、この使い方でようやく活用法が見えた。

3D Touchディスプレイは現時点ではiPhone 6sシリーズのみだが、来年以降はiPadなど対応機器が増えていくと予想される。つまり、これを使いこなせるようになっておいた方が、色々楽になる気もするので、iPhone 6s/6s Plusユーザーには「使ってない、要らない、そもそも知らない」って人も多いだろうが、1度活用法を模索してみてはいかがだろうか。

この技術の活用はまだまだ過渡期なので、今後もっと面白い使い方が出てくると思うが、Launch Center Proのクイックアクションは2015年10月時点ではお勧めです!

Launch Center Pro – Shortcut launcher and Today widget
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
SPONSORED LINK