吉野屋の「牛重」ー羽田空港で国会でしか味わえなかった和牛の高級牛丼を食べられます

吉野屋の「牛重」という商品をご存じだろうか。

数年前に少し話題になった、国会議事堂(国会)にある吉野屋でのみ提供され、政治家の先生方や国会に用事のある人しか味わえないと言われる、和牛を使った高級牛丼 の事だ。

僕は政治関係の知り合いが何名かいて、その人達がFacebookに写真をあげているのを見たりして「いいなぁ」なんて思っていたのだが、先日℃-uteコンサートのために久々に東京に行く前、たまたま吉野屋のサイトを見たら 羽田空港国際線ターミナルではこの牛重が提供されている ってことを知った。

僕はプライベートで東京に行く時は、ほぼANAマイルで特典航空券をゲットし、それで移動する。今回もそうで羽田空港を利用したため、ちょうどよかったのだ。

というわけで、ANAの第2ターミナルから国際線ターミナルに移動して、早速足を運んでみた。

お店の外観

羽田空港国際線ターミナルは何度か観光がてら足を運んだ事があり、そこの飲食店も利用したことがあった。だが、吉野屋がある事は知らなかった。少なくとも見かけた記憶が無かったのだが、それもそのはず、ファストフードエリアということで ものすごく隅っこ にあったw

DSC06048
店舗の外観も普通の吉野家だ。国際線ターミナルだからといって特別な事はない。

敢えて違うとしたら、接客する店員さんが 全員外国人だったこと くらいだろうか。東京のお店だと外国人がバイトしているのも珍しく無いが、全員っていうのはちょっと驚いた。

DSC06049
DSC06051
店外には今回目当てにした牛重の看板と、商品のディスプレイがあるのが特徴。この辺りはやはり空港らしく外国人客を意識しているのだと思う。

だが、それ以外は普通の吉野屋。中に入ったら全く変わらなかった。

政治家しか味わえないという「牛重」を食らう!

DSC06053
というわけで店内に入り、早速オーダー。
牛重は 1.240円 。和牛とはいえ、吉牛に1,000円以上払うという地点で震えてしまうw

ちなみに、玉子が60円で、合わせると1,300円とキリのよい価格 になる。これは、そうしろといわれている感じがしたので、玉子と合わせてオーダーした。

オーダすると「少々時間がかかりますがよろしいですか?」と言われた。勿論問題はない。

なのだが、5分と経たず運ばれてきたw
普通の牛丼とそんなに変わらない気が、、、

DSC06054
そしてやって参りました、牛重!
まず普通の牛丼と佇まいが違いますね。

  • どんぶりではなく重箱に入っている
  • 味噌汁とお新香が付いている

これが普通の牛丼と違うところだ。

DSC06055
そしていよいよ牛重に初お目見え!
見ての通り、普通の牛丼とは明らかに違う。

  • 肉の量が多い
  • 玉ねぎではなく白ネギが添えられている

ただならぬ雰囲気がある、、、

DSC06059
とにかく肉

DSC06060
肉!!
って感じだ。

で、ワクワクしながら食べてみたのだが、、、案外普通w
確かに和牛らしく、普通の牛丼とは明らかに 肉の味が違う 。ただ、もっと違うのは味付け。普通の牛丼は出汁と醤油の味が強いと思うが、牛重は甘辛い感じの味。

はっきりいうと すき焼きの味付け としか思えなかったw
これで玉子と合わせて1,300円とキリの良い価格である理由が分かった。アレルギーとかで食べられない人がいるので玉子はセットに出来ないが、実質的に牛重と玉子はセット ってことだ。

DSC06062
というわけで玉子をかけてみた。明らかに美味しそう!

DSC06063
これは旨い!!
まあ、ほぼすき焼きの感覚なのだがw

DSC06065
というわけでご馳走様でした。

終わりに

普通の牛丼と牛重は何が違うのか。おおざっぱに言えば、

  • 和牛である
  • 味噌汁とお新香が付いている
  • 味付けが違う

という事になると思う。そして、これから食べたいと思う人で玉子が苦手じゃないのなら 玉子も一緒にオーダーすることを強くお勧めする

という事だろうか。玉子があるとの無いのとでは味が全く違う。
とはいえ、話のネタに1度食べたらもういいかなって感じだw

政治家の先生方しか味わえない味を体験してみたい人は、足を運んでみてはいかがだろうか。

店舗情報

店舗名 吉野屋 羽田空港国際線旅客ターミナル店
住所 東京都大田区羽田空港2-6-5国際旅客ターミナルビル内
電話番号 03-5708-7505
営業時間 24時間
定休日 なし

SPONSORED LINK

東日本の飲食店レポート

SPONSORED LINK