つるとんたん 羽田空港店ー東京で人気のうどん店は関西風の出汁が魅力

僕は岡山県倉敷市在住。
うどんのメッカとも言える香川県はお隣で、その影響も有り讃岐うどんのお店もそれなりに多いため、関東に行ってわざわざうどんを食べようとは思わない。

先日℃-uteコンサートのために久々に東京に行き、終わった後はコンサートで連番した友達と飲んでいた。その時僕が、「昼ご飯は、羽田の国際線ターミナルで吉牛の牛重を食べた」って話をしたら、その人も初めて知ったって話だったのだが、

オレは羽田行ったら大体「つるとんたん」行くわ。ちょっと高いうどん屋さんだけど、美味しいし、3玉までなら無料で増やせるし。

という話を聞いた。
「つるとんたん」というお店は初めて聞いた。その日はもう食べられないが、翌朝の飛行機で岡山に戻る予定だったので、朝食として食べる事はできる。

で、調べたら空港のお店らしく、朝6時から営業していると分かったので行ってきた。

ただのうどん屋?「つるとんたん」とは

岡山在住であり、2013年1月に子供が生まれて以来、ほぼ岡山を離れられなくなった僕にとって、「つるとんたん」というお店は聞いたことがなかった。

調べてみると現在は東京・大阪で展開するうどん屋さんのようだ。

ただ、うどん屋さんと聞くと、丸亀製麺のようにファストフード感覚のセルフうどん店を今は想像するが、つるとんたんは 明らかに高級路線

それは出店している地域をみても明らかで、

  • 丸の内
  • 六本木
  • 新宿
  • 北新地

なんて感じで高級店だ。それは値段にも反映されていて、うどん屋さんなのに値段は ただのきつねうどんが830円 、その他のメニューは軒並み1,000円以上というのを見ても分かる。

だが、高級と言ってもうどんはうどんなのでそこまで高いお店ではない。ローカルネタで申し訳ないが、岡山県在住の方なら最近増えている「うどんおよべ」に近い感じで、実際店舗に行っても「似てるな」と思った。

お店の外観と店内の様子

DSC06113
場所は羽田空港国際線ターミナルで、飲食店やお土産店がずらりと並ぶ江戸小路内。同じような作りのお店が並ぶためちょっと気づきづらかったが、来てみると以前この店見たことあるって思った。

DSC06114
DSC06115
目印にするなら「のれん」だろうか。

DSC06119-Edit
この日は朝9時45分の飛行機で岡山に戻る予定だったので、店に訪れたのは8時前。
それなのに、既に多くのお客さんがいた。聞くところによると都内の店舗は並ぶ事が多く、予約推奨らしいが、羽田空港店は比較的空いているそうで 並ばなくても入り易い穴場 だとか。

それでも朝8時でこの人数。ランチタイム・ディナータイムは混み合いそうだ。

つるとんたんのメニュー。最大の特徴は麺が3玉まで無料

DSC06117
メニューはこんな感じで、平均的な価格帯は 1,000円〜1,500円でうどん屋さんとしてはちょっと高い

だが、最大の特徴は麺が3玉まで無料で増やせること(半玉、1玉、1玉半、2玉、2玉半、3玉と半玉単位)。1玉だと少し割高感があるが、3玉だと安い気もしてくる。

DSC06118
どのうどんも凄く美味しそうだったのだが、当日は朝だったこと、前日は深夜まで飲んでいたため天ぷらなどヘビーなものは食べる気がしなかった。

なので、この店を教えてくれた友人のお勧めでもある 大判きつねのおうどん(830円) を2玉でオーダー。しかし おうどん という名前に笑いそうになった。そこまで丁寧なのかとw

つるとんたんの「大判きつねのおうどん」を食べる

DSC06122
で、やってまいりましたつるとんたんのきつねうどん!

とりあえず見て驚く。ボリュームとかではない、

全てがでかいw

DSC06125
大判の名の通り、おあげが凄く大きい。iPhone 6sとくらべても2倍くらいある。

DSC06123
またうどんが入っているどんぶりやスープを飲むためのレンゲみたいなものも凄く大きい。
※画像では伝わりづらくてすみません

恐らく3玉まで入ってもおなじどんぶりを使うからなのだろうが、色々デカいことに驚いた。

DSC06124
そして肝心のうどん。関東の出汁といえば、醤油の味が強く色も濃いのが特徴だが、出汁は西日本のもので透明感がある。

DSC06126
DSC06129
うどんもツルッとした、讃岐うどんだ。

DSC06128
麺が美味しかった!
前述の通り、あまりお腹が空いていなかったこともあり2玉と控えめにオーダーしたが、3玉でも余裕だったなと思った。

うどんの出汁含めて、とても美味しい。もちろんメインであるおあげも大満足だった。

DSC06132
ご馳走様でした。

終わりに

僕は香川県民ではないので、うどんにそこまで強いこだわりは持っていない。

だが、主に出汁が合わないという理由で、関東でうどんを食べる事はほぼない。食べるなら、蕎麦を食べる。何故なら、関東では蕎麦の方が人気があり、関東のものって思えるため、出汁はそういうものとして受け入れられるからだ。

だが、つるとんたんのうどんは関西風の出汁が好みの僕でも、すんなり食べられたというか、とても美味しかった。

西日本出身で、「東日本のうどんは出汁がなぁ、、、」なんて思っている方には、お勧めのうどん屋さんだ。

店舗情報

店舗名 麺匠の心つくし つるとんたん 羽田空港店
住所 東京都大田区羽田空港2-6-5
東京国際空港線旅客ターミナル4F
電話番号 03-6428-0326
営業時間 6:30~24:00
定休日 無し

SPONSORED LINK

東日本の飲食店レポート

SPONSORED LINK