iPhoneの画面サイズが半分になる理由。簡易アクセス機能を無効(オフ)にする方法

母親がiPhone 6 Plusを使い始めて半年程経過するが、よく質問されたのが、

画面が半分になっちゃったんだけど、何で?

ってことだ。この機能画面サイズが大型化したiPhone 6/6 Plusから導入された、簡易アクセス機能(片手操作モード)で ReachAbility と呼ばれるものだ。これ、Appleが考えた親切機能なのだが、ホームボタンをダブルタップ という簡単な方法で起動する。
※ホームボタンを押し込む必要は無く、軽く2回触れるだけでいい

なので、使っている本人が意識せず起動し、前述のように「いきなり画面が半分になった!いきなり下に降りてきた!」みたいな話になる。この手の親切機能は便利と言う人も勿論いるのだが、邪魔・ウザイと思う人も多い。ちなみに僕は後者で全く使用しないどころか、機能そのものをOFFにしている。

というわけで、その方法を紹介しようと思う。

iPhoneの簡易アクセス機能の概要と対象機種

簡易アクセス機能(片手操作モード)はiPhone 6から導入された。つまり2015年11月時点での対象機種は、以下の4つ。

これだけだ。iPhone 5sまでは 手のひらに収まり片手で簡単に操作できる ことが1つの売りで、これが未だに 5sが最強 という人が多い理由なのだが、これに対するAppleの答えがこの機能となる。

機能としては実に単純で、通常状態でこのような画面だとすると、
IMG_7838

簡易アクセス機能を起動するとこんな感じになる。
IMG_7839

大層な機能ではなく、画面サイズが半分 になり、特に片手操作では届きづらい最上段にも楽に指が届くようになるってだけのものだ。

簡易アクセス機能の問題点と必要性

この機能まああれば便利だが、無くても困らない機能。

僕の周りにもiPhone 6以降のユーザーが増えて来たが、使っている人どころか、この機能を認知している人はほとんどいない。逆に親と同じように、「画面サイズが半分になったのどうやったら直せるん?」って聞かれる事すらある。そして、数少ない使っているユーザーは、iPhone 6 Plus/6s Plusを使っている人に集中している

僕は男性にしては手が小さいが、それでもiPhone 6→6sと使ってきてこの機能が便利と思った事がない。何故かと言えば、ホームボタンをダブルタップという一見簡単な操作が面倒だからだ。

だったら、両手で持って操作するか頑張って指を延ばすわって話で(右手で持って一番届きづらい左上のアイコンも、普通は無理だが頑張れば届く)、必要性を感じない。

さらに言うと、簡易アクセス機能の起動方法が簡単すぎて、意図しないで起動して元に戻す方が面倒なのだ。

簡単だけど、1つ操作が増える事には変わりない、というのがこの機能を何とも微妙な位置付けにしてしまっている。

iPhoneの簡易アクセス機能をOFFにする方法

というわけで、僕はこの機能を全く使わないため、設定でOFFにしている。その方法だが実に簡単だ。

「設定」>「一般」>「アクセシビリティ」と進み「簡易アクセス」をオフにする だけだ。
IMG_7840

逆に設定をONにしたい時も同じ手順で可能。

終わりに

というわけで、iPhone 6 Plusユーザーである母については、本人に意向を確認し 要らないからOFFにして欲しい と言われ、OFFにする事とした。

いきなり画面が半分になるんだけど!って方がいたら、是非参考にして欲しい。

SPONSORED LINK

高齢者の母とタブレット・スマホ奮闘・検討の歴史です

高齢者にお勧めのiPhone 6 Plus・iPadをApple Storeで購入する

iPhone 6 Plus

iPhone 6s Plus

iPad mini 2

iPad mini 4

iPad Air 2

SPONSORED LINK