鶏がまわる?Kahana’s(カハナズ)でハワイ名物「フリフリチキン」を初体験

DSC02420

「フリフリチキン」という料理をご存じだろうか。

ハワイのローカルフードの1つで、丸鶏を開いて串刺しにして焼くというもの。僕はハワイには行ったことが無いため知らなかったのだが、岡スマの共同主催者であるゆーたすさんはハワイの大学卒。

今や経営者でもある彼が、会社の1事業として立ち上げたのは、このフリフリチキンの販売。
もう2014年辺りから始めていたのだが、ようやく店に足を運ぶことが出来たので紹介しようと思う。

2016年5月3日に東日本地区1号店の鎌倉店がオープンしました!詳しくはこの記事の末尾をご覧ください(当ブログ読者向けの特典有)

「フリフリチキン」ってなに?

DSC02415
まずはそもそも「フリフリチキン」というものの紹介。

フリフリチキン“Huli Huli Chicken”とは、ハワイのローカルフードの1つ。

丸鶏を開いて串刺し、炭火の上で回転させながら焼く、バーベキューチキン。”Huli”「フリ」はハワイ語で回すという意味だそうで、名前の由来はここから来ているそうだ。

フリフリチキンのお店「Kahana’s(カハナズ)」とは

DSC02427
学生時代をハワイで過ごし、ハワイをこよなく愛するゆーたすさんが、ハワイのノースショアで食べたフリフリチキンの旨さに感動。なんとか日本の人にも食べて欲しいと、

鶏を焼く機械を自作

し、できる限り現地のスタイルに違い焼き方を実現した。
ゆーたすさんの会社は、機械系の会社。つまりそれを実現する力のある会社だったのだが、それでもなかなかここまではしないだろう。

さらに素材もこだわっている。
国産の新鮮な若鶏はゆーたすさん自ら卸し業者に足を運び、こだわって選定している。フリフリチキンでは重要なスパイスも、試行錯誤の中で出来上がったんだそうだ。

フリフリチキンのお店を始めた事は知っていたし、話にはよく聞いていたが、その情熱を知ってか知らずが気がついたら岡山では結構有名になっていた。

  • テレビ出演
  • 岡山の大きなお祭りなどに出店
  • 関東進出

など会社の1事業として成長している。

SPONSORED LINK

お店の外観

DSC02411
というわけで前置きが長くなったが、ようやくお店に足を運ぶことが出来た。

といっても実はこのお店移動販売車となっており、常設店舗はない。通常は毎週末に岡山県岡山市南区のインポートショップトレンドで営業している事が多い。

お祭りやイベントなどがある場合はそちらで営業するため(移動販売車は2016年現在1台)、営業場所はその都度確認する事をお勧めする。その情報は公式サイトに掲載されている。

そしてこの車なんの変哲も無い車のように思えるが、実は細部までこだわっている

DSC02412
フロントガラスは目隠し。
「わざわざ隠すんだ」と聞いてみたら、店の雰囲気を壊したくないからと言っていた。

DSC02414
天井には過去にテレビ取材を受けたりした際に訪れた芸能人のサインがあった。

金バク集合写真
ちなみにこれは、岡山の放送局OHKの金バクという番組で紹介された際の写真。

DSC02424
置物もこだわっていて、看板的なものはオリジナル、

DSC02443
フックとかなんか妙におしゃれなものがあるw

DSC02421
さらに細かい話をすると、このように鶏を焼くために使っている

DSC02441
これも上質なものを使っているそうなのだが、炭の処分には結構困る。
置いていくわけには行かないし、かといって移動販売の都合上片付けもいそぐ必要がある。

DSC02442
その為に自作の炭入れを用意していた。さすがだなぁと思った。

ちなみにゆーたすさんは社長でもあるため、お祭りなど忙しい時や、初めての地域に行く場合は店に立つが、普段は店にはいないことの方が多い。

代わりに通常はスタッフの方が常駐しているのだが、この方もハワイに住んでいたことがあるそうで、ハワイに関係のある人が運営するという事にもこだわっているようだ。

メニューについて

DSC02413
その名の通り「フリフリチキン」がメインとなるのだが、サクッと食べたい時のメニューとして、弁当やピタが用意されていた。

フードメニューは以下のような構成。

名前 価格 備考
Whole (1羽) ¥3,100
Half (1/2羽) ¥1,650
BENTO ¥900 チキン + サラダ + ライス + ソース
チキンピタ ¥390〜 ソースは以下から選択
A.オリジナル
B.ホットチリ
C.ハニーマスタード
D.バーベキュー
E. アボガド&チーズ

その他ドリンクメニューとして、

  • ジュース
  • ハワイのライオンコーヒー
  • オリジナルのレモネード

がある。
Whole (1羽) ¥3,100って結構高いように感じるが、鶏1羽丸ごとなのでかなりのボリュームがある。

通常Halfで大人3人前、Wholeだとその倍なので5人くらいが食べられる量。そう考えるとそこまで高いとは思わない。

チキンという事で、クリスマスシーズンは予約販売になるほど売れまくるそうで、その時はやはりWhole (1羽) が圧倒的なんだそうだ(恐らくホームパーティの目的が多い)。

SPONSORED LINK

「フリフリチキン」を食らう!

DSC02420
というわけで、この日は昼食を食べた後だったこともありまずはピタをオーダーしてみた。ソースは「ホットチリ」。

DSC02429
ピタはサラダも含まれるため、フリフリチキンを堪能するって感じではなかったが、生地がちゃんとしていて美味しかった。

DSC02431
サクッと食べるには最適な量。

そして、夕食用ということでHalf (1/2羽)をオーダーした。

DSC02416
ちょうど回っていた鶏が焼き上がった。

写真 2014-11-18 14 25 35

ちなみに当日は閑散期のため1羽しか焼いていなかったが、多いときはこんな感じになる。

DSC02433
DSC02436
1羽をドーンと置いて

DSC02438

こんな感じで詰めてくれた。

写真では中々伝わらないが、かなりの量がある。男でも1人で食べるのは無理だろう。

こちらには2016年に入りようやく完成したという特製ソースが付いていた。
岡山県倉敷市にお住まいの方なら名前くらいは聞いたことがあるであろう、老舗「とら醤油」と協力して開発したという特製ソース。

DSC02437

その後家に帰って家族と夕食として食べたのだが、スパイスが絶妙で癖がないためいくらでも食べられるって感じだった。

DSC02440

DSC02439
また、丸ごとということで、

  • もも肉
  • 胸肉
  • 手羽先

など様々な部位を食べられる事も嬉しい。

そのままでも美味しいものだから、特製ソースを使うのをすっかり忘れていたくらいだw

次の機会に堪能しようと思う。

終わりに

DSC02447
友達が運営しているお店という贔屓目を抜きにしても、面白いし美味しいから特にお祭りやイベントとの相性がよいように思った。

実際今回は3月という閑散期(やはり寒い時期はクリスマス以外売上げが落ちるらしい)に訪れたこともあり、鶏は1羽ずつしか焼いていなかった。

しかしこれが、大きなイベントとかだと常時9羽クルクル回って焼いている状態となる。

thumb_GOPR0508_1024
thumb_GOPR0511_1024

ちなみにこれは2015年に茅ヶ崎アロハマーケットへ出店した際の写真。

これは大変だったそうだが、このインパクトはかなり大きい。見ているだけで楽しくなる。

今度はそういうイベントに出店している際に、足を運んでみたいなとおもった。
岡山在住の方は是非足を運んでみて欲しいと思うが、2016年5月3日に鎌倉店がオープン!

IMG_1246

鎌倉と言えば近くに湘南もある。
関東近郊にお住まいの方も、是非足を運んで見て欲しい。

店舗情報

岡山店

岡山の店舗は移動店舗となるため、特定の住所は決まっていない。
お祭りやイベントへの出店も多い模様。

店舗名 Kahana’s(カハナズ)岡山店
住所 移動店舗の為不定
通常は岡山県岡山市南区古新田808のインポートショップトレンドが多い
電話番号 050-5885-3082
営業時間 11:00~17:00
※出店地域に合わせるスタイル
営業日 基本的に週末(土日)と祝日

鎌倉店

2016年5月3日オープン。
こちらは移動店舗ではなく、常設店となっている。

店舗名 Kahana’s(カハナズ)鎌倉店
住所 鎌倉市梶原360番地
(鎌倉青果地方卸売市場内)
電話番号 080-2936-0182
営業時間(モーニング) 07:00〜10:00
営業時間(ブランチ) 11:00〜18:00
定休日 火曜・水曜※モーニングは日曜・祝日も休み

【当ブログ読者向け特典】
オープンから2016年6月3日までの1ヶ月間、お店にお越しの際、

チーさんの紹介できました

と言うとお好きなソフトドリンクを1本サービスしてくれます!

SPONSORED LINK

東日本の飲食店レポート

SPONSORED LINK