海外版SIMフリーiPhone・iPadはAppleCare+に加入できるのか→出来ます。その手順を解説します

iPhone 6s Plusスペースグレイ

海外旅行でハワイに行った友人に、アメリカ版のSIMフリーiPhone 6s Plusを購入してもらった。

一番大きなメリットはカメラ撮影時・スクリーンショット撮影時のシャッター音が鳴らないことなのだが、ちょっとした疑問点があった。

それは、

海外版のiPhoneはAppleCare+に入る事が出来るのか?

という事だ。
ネットで検索したりした結果としては、電話で申し込めば可能という感じだったが、どうだったのかを紹介しようと思う。

結論を先に書くと、AppleCare+に加入出来るが色々面倒だったということになる。

たらい回しにされて紆余曲折を経て、ようやく加入出来た感じだったからだ。

AppleCare+に加入するメリット

Google ChromeScreenSnapz129
最初にAppleの延長保証サービスであるAppleCare+と、その加入方法を簡単に紹介しようと思う。

サービス概要としては以下のような感じ。

  • 通常1年のメーカー保証が2年に延長される
  • 電話サポートも2年間に延長される
  • ガラス割れ、水没による自爆系事故の修理も、11,800円払えば(iPhone 6sシリーズの場合、iPhone SEとiPhone 6以前は7,800円)2回まで新品交換される
  • 宅配修理のエクスプレス交換サービスが無料になる

僕は特にiPhoneを購入する人にはAppleCare+の加入を強く勧めている。今はdocomoなど携帯キャリアも独自の保証サービスを用意しているが、AppleCare+がよいと思う。

理由は単純で、不調が発生した時Appleに電話して、エクスプレス交換サービスを使ってサクッと端末を交換してもらえるからだ。

iPhoneユーザーは非常に多い。
Appleストア店頭、カメラのキタムラなど正規サービスプロバイダーの窓口は、週末ともなれば行列または予約で埋まっている。

その為に時間を使うのが面倒なんですよね。
年々料金が値上がりし2016年時点では14,800円とかなり高くなったが、それでもメリットは大きいと僕は思っている。

加入方法

AppleCare+は製品購入後30日以内なら加入可能となっている。

加入方法は、

  • 購入時に申込み
  • 購入後にAppleストア店頭で申込み
  • Appleへ電話して申込み

の3種類に分類される。
意外と知られていないのは電話でも申し込み可能という事で、これはAppleストアが近所にない地方在住者にとって嬉しい対応となっている。

SPONSORED LINK

海外版SIMフリーiPhoneはAppleCare+に加入できるのか?

DSC02613
事前リサーチでは、加入は可能だが電話でのみ受け付けられるというものだった。

それを念頭に入れた上で、先日アイドルとの個別撮影会で東京に行ったため、Appleストア表参道に足を運び聞いてみた。

Appleストア店頭での確認結果

Appleストア表参道のショップ店員に確認した際の、回答は以下の通り。

海外で購入したiPhoneは日本のAppleCare+に加入する事はできません。
保証内容が海外(この場合アメリカ)と日本では微妙に異なっているため、このような対応となっております。

というものだった。
要するに出来ませんと言われた。

事前情報として電話でしかできないと聞いていたので、店頭での案内はそれで統一されているんだなと思い、あっさり引き下がった。

Apple電話サポートでの確認結果

その後、Appleに電話してハワイで購入したSIMフリーiPhoneは、AppleCare+に加入出来るのかを確認した。

スペシャリスト(かつてシニアアドバイザーなんて言われた人だろうか)に担当が替わり確認されるなど、時間はかかったが得られた回答はある意味驚きだった。

AppleCare+には加入出来ます。
ただし、Appleストア店頭でのみの対応となります。

いやいやw
これこそまさにたらい回しw

ちなみにこれは海外版のiPhoneだからなのかを確認すると、「そうです」という事だった。つまり、日本国内版であれば簡単に電話で加入出来る

しかし、僕は岡山在住で購入後30日の期間内で、Appleストアに行くことは出来ないため、ここは食い下がった。

  • 先日Appleストア表参道で聞いたら「出来ないと言われた」
  • ネット上の噂では、電話で加入可能という話を見た
  • 仮に店頭に行けたとしても、この話を理解してもらえる自信が無い

という話を伝えて、

結局海外版のiPhoneはAppleCare+に加入出来るのか、できないのかはっきりして欲しい

という事をお願いした。

そうすると、

契約部門に改めて確認するためしばらくお待ちください

と言われた。

Appleの契約センターに確認した海外版iPhoneとAppleCare+に関する回答

DSC02598
その後、今度は契約部門の担当者に電話が替わり、改めて、

海外で購入したiPhoneはAppleCare+に加入可能です
電話窓口でも加入いただけます

ということを伝えられ、契約手続きを進めた(契約手続きについては後述)。

ただ、何となくスッキリしない。結局僕がゴネた結果そうなったようにも思えるからだ。

その為改めて、公式にはどのような扱いなのかを確認した。

その結果は、

  • 海外で購入したiPhoneでも日本のAppleCare+には加入可能
  • 保証サービスは国によって若干の違いはあるが、日本とアメリカであればほぼ同じサービスが受けられる
  • 例えば、日本で故障して交換できるのはもちろんだが、アメリカ(海外)でも交換などのサービスが受けられる
  • 店頭および電話窓口のオペレーションが統一されていないのは、申込みの少ない事例だからと思われる

というものだった。

つまり、Apple公式回答としても海外で購入したiPhoneは日本のAppleCare+に加入可能という事になる。

AppleCare+のサービスを受ける際の注意点

ただし、海外版iPhone(iPadでも同様)の故障に伴い、日本で新品交換などAppleCare+のサービスを受ける際には、1つ注意点がある。

それは、

交換品は日本で販売されているモデル(=シャッター音が必ず鳴動するモデル)になる

という事だ。
2013年以降日本国内でもApple自身がSIMフリー版を販売している上、2015年からはSIMロック解除も可能となった今、海外版を購入するメリットは、自身で買うなら少し安いことと、カメラのシャッター音が鳴動しないモデルくらいしかない。

なので、絶対に壊さないという断固たる決意が必要となる。

ただ今回確認して抜け道もある事が分かった。

購入した国のAppleストアに持っていって、サービスを受ければ同じモデル(=シャッター音が鳴動しない)が手に入る

ということだ。
僕の場合だと、ハワイで修理を受ければいい。

ハードルは高いが、まあ出来なくもないかなと思った(海外旅行でハワイに行く人は多いし、ハワイの場合比較的移動が少ない人が多く頼みやすい)。

SPONSORED LINK

電話でのAppleCare+申込み時の注意点

以降は実際に電話窓口でAppleCare+を申込み手順となる。
必要なものは、

  • iPhoneのIMEI番号
  • 決済用のクレジットカード

の2つ。IMEI番号は保証を付与する端末を特定する、キー情報として使われるようだ。
※IMEIは「設定→一般→情報」と進むことで確認可能

ちなみにAppleCare+の加入は契約が絡むため通常のサポート窓口とは対応時間が異なっている。

曜日 時間
月曜〜金曜 09:00〜19:00
土曜 09:00〜18:00
日曜 休み

この点は注意が必要。

また、Appleストア店頭で購入すると、購入者と端末が既に紐付けられているようで、途中からいきなり、

○○様(ハワイでiPhoneを購入してくれた友人の名前)

と言われて驚いた。
海外出張や海外旅行に行く友人に購入を頼む人はわりと多いと思うのだが、気になるなら名義変更みたいな手続きをやっておいた方がよいかもしれない(僕はこのタイミングで変えてもらった)。

その後、サービス内容の説明などを受けた後、決済方法について案内され、WEB決済をお願いした。

そうすると伝えたメールアドレスに手続き用のメールが届き、以後WEB画面上で決済手続きが可能となる。

電話で申し込んだAppleCare+のWEB決済手順

Google_ChromeScreenSnapz127
まずこのようなメールが届く。

「支払う」ボタンを押すと、

Google_ChromeScreenSnapz123

金額などが案内される。
iPhone 6s/6s PlusのAppleCare+は税込15,984円

Google_ChromeScreenSnapz124
請求先や支払い情報を入力する。

Google_ChromeScreenSnapz125
これで支払い完了。

Google_ChromeScreenSnapz126
そうすると完了した旨のメールが届いた。

Google_ChromeScreenSnapz128
さらにそれから数時間後には、AppleCare+の登録証が届いた。

こちらは郵送かメールが選択可能だったのだが、今回はメールでお願いした。

実際サポートを受ける際は、製品のシリアル番号で特定されるため、登録書を使う事はほぼないので。

終わりに

というわけで紆余曲折を経て、ハワイで購入した海外版SIMフリーiPhone 6s PlusでAppleCare+に加入する事が出来た。

この事からExpansysなど個人輸入扱いで購入する、SIMフリーiPhone・iPadでも原理上は加入できることになる。ただし、購入から30日以内という制限があるため、在庫品とかだと厳しい可能性もあるため事前に確認することをお勧めする。

とりあえず、これから同じような事をする方がおられたら、

  • 1度ダメと言われても、本当にそうなのか確認して欲しいと食い下がる
  • スペシャリストに取り次ぎ易いため、Appleストア店頭より電話の方が話が早い
  • 加入手続きも電話上で可能

ということを念頭に置いて、交渉するとよいかと思う。

SPONSORED LINK

iPhone・iPadの保証サービスAppleCare+に関する記事

SPONSORED LINK